So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ワンダー 君は太陽」

サッカーファンならすでにご存知の通り、2018 ワールドカップ1次リーグ ニッポン第3戦(対ポーランド戦)は1-0で敗れてしまいました。しかし、これは生き残りを優先したニッポンの選択(賭け)。観戦者からのブーイングはありましたけど、私はこの選択(賭け)を支持します。生き残ってさえいればまだチャンスは巡って参りますし、何よりも応援する楽しみがあります。負けたけど嬉しいという試合を観たのは初めてですが、仮にこのドラマを映画化したとするならば、すっきりはしないけれど切り口としては面白い作品になると思います(笑)


ワンダー君は太陽.jpg


個人的で恐縮ですが、試写会というアシスト(サッカーにちなんで)を受けながら、みごとに外して(見逃して)しまった作品「ワンダー 君は太陽(字幕スーパー版)」をようやく鑑賞しました。劇場は、イオンシネマ海老名さんです。この劇場の前身は、ワーナーマイカル海老名さんだったところで、日本のシネマコンプレックス第一号の映画館でした。イオンリテールさんが、映画に参入するなんて思いもしませんでしたが、ドラッグストアのクリエイトさんが食品も売っている時代ですからね、劇場側も知恵を絞って「映写室から観る映画」なんて企画して招待してくださいませんでしょうか(水族館でも「バックヤードツアー」やっていますし)。企画作品はもちろん「ニューシネマパラダイス」です(笑)


話を基にもどしまして「ワンダー」ですが、期待通りの内容で安心しました(詳しく書けないもどかしさ)。出生時に不運を背負った少年を社会(学校)に送り出した母親の決断。これを観て思い出したのですが、昔テレビの番組で両手が利かない娘の前に幾重にも結ばれた紐を置いて「これをほどきなさい」と突き放した母子のドキュメンタリーだったように記憶しています。これは虐待ではなく、それが出来なければ娘は社会で生きて行けないという思いがあったからです。娘は時間はかかったけど口で紐をみごとにほどき、やがて母親になったんです。なぜこのドキュメンタリーを観たのかは自分でもわかりませんが、妙に感動したことだけは覚えています。優しく甘やかすことは、本当の愛情ではない。社会に出て一人で生きて行けることを願った母親の愛、そして家族の支えと少年の勇気ある行動が人の心を変えて行く感動作でした。


監督:スティーヴン・チョボスキー
脚本:スティーヴン・チョボスキー&スティーヴン・コンラッド&ジャック・ソーン
原作:R・J・パラシオ


キャスト
イザベル(ジュリア・ロバーツ)、ネート(オーウェン・ウィルソン)、オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)、ヴィア(イザベラ・ヴィドヴィッチ)、ブラウン先生(ダヴィード・ディグス)、トゥシュマン校長(マンディ・パティンキン)、おばあちゃん(ソニア・ブラガ)、ミランダ(ダニエル・ローズ・ダッセル)他


2017年アメリカ映画
上映時間:1時間53分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


6月最終日となりました。つい先日関東地方の梅雨明けが報じられ、暑さも本格的になって参りました。体調を崩しやすい季節になりましたので皆さま、どうぞご自愛ください。

nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「オンリー・ザ・ブレイブ」

2018 ワールドカップのニッポン第二戦セネガル戦は、2-2の引き分け。取られて取っての試合内容でしたけど、体格、フィジカル面で不利な相手によく食い下がりました。サッカーを観ていて思ったのですが、「しぶとく、図太く、したたかに!そしてしなやかに!」こういう精神力もないと勝てませんね(笑) まだ、敗けていません!次のポーランド戦期待しています!


オンリー・ザ・ブレイブ.jpg


「オンリー・ザ・ブレイブ(字幕スーパー版)」は、山火事を専門とする森林消防隊のドラマです。消防士のドラマって医療ドラマ同様、人命に関わる職業だけに感動必死で、この作品も例外ではありません。これまで「バックドラフト」や「炎のメモリアル」といった直接炎と闘い人命を救助するドラマに心を熱くさせられましたけど森林消防隊がどのように炎と向き合い、活躍するのかを、この作品で初めて知りました。


”実話に基づくドラマ”の謳い文句どおり、2013年6月28日に実際に起きたヤーネヒル火災が題材。この災害の消火活動に参加したグラニット・マウンテン・ホットショット隊の活躍が描かれています。自治体消防団が、初めてホットショット(精鋭部隊)として認められた名誉ある部隊の隊員同士の信頼と絆、家族の愛といった日常までが、深く丁寧…。この流れ、これまでの鑑賞経験からすると冒頭に現れる炎に包まれたクマの映像といい、何かいやな予感が…。


隊長を演じているジョシュ・ブローリンが、まずカッコイイ!最近「デッドプール2」でも活躍している好印象も重なって◎二重丸(笑)奥さんに仕事中毒だと罵られても心の底ではしっかりと愛しているし、裏表のないストレートさが難点ではあるものの、信念を持ったナイスガイです(べた褒め) そしてドラッグ中毒で人生のどん底を隊長に救われた隊員マクドナウ。成り行きで彼女の妊娠を知り、人生再起動!この印象深い二人は要チェックです。


監督:ジョセフ・コシンスキー
脚本:ケン・ノーラン


キャスト
エリック・マーシュ(ジョシュ・ブローリン)、ブレンダン・マクドナウ(マイルズ・テラー)、ジェシー・スティード(ジェームズ・バッジ・テール)、テイラー・キッチュ(クリストファー・マッケンジー)、アンドリュー・アシュクラフト(アレックス・ラッセル)他


2017年アメリカ映画
上映時間:2時間14分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


奄美大島の梅雨明けも報じられいよいよ始まる夏映画。今週末からは、スター・ウォーズのスピンオフ作品「ハン・ソロ」、7月13日(金)「ジュラシック・ワールド/炎の王国」、7月20日(金)「未来のミライ」、7月27日(金)「劇場版 コード・ブルー」、8月1日(水)「インクレディブル・ファミリー」、8月3日(金)「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」などなど、ここは抑えておきたいと考えております(笑)

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ニンジャバットマン」

2018 ワールドカップのニッポン初戦(対コロンビア戦)は金星スタート!先日20日の朝刊記事も期待以上の一面トップでした!前半香川選手のいきなりPK先制点に大興奮!そして後半大迫選手のヘディングシュート!初戦の勝利を弾みに25日のセネガル戦の結果も一面トップで飾られるようにお願いします(笑)


ニンジャバットマン.jpg


マーベルシリーズのフラッグシップ作品「アベンジャーズ」がいよいよ大詰めを迎えているタイミングでその後継を担えるか?注目のDC作品最新作はなんと「ニンジャバットマン」です。DCの中でも昔日本で放送されていたお馴染みの「バットマン」が日本のクリエイターの手によって製作されたコラボ作品であることの驚きも然ることながら黒船ヒーローと日本のニンジャがどのように融合するのか?興味津々!


現代のゴッサムシティで悪名高いヴィランたちとバットマンの死闘が繰り広げられる中、突如起動した、タイムマシン。居合わせた者たち一同はそっくり日本の戦国時代にタイムスリップ。悪党ではあるけれど、頭は切れるし、行動力も野望もあるヴィランたちは蓋を開けてみれば、各々が諸国大名の座について虎視眈々と天下統一を狙っている。そんな時代背景から2年遅れてバットマンが日本に、現れる。


ハイテクなど存在しない日本の戦国時代でヴィランたちが、如何にして大名になったのかは明らかではありませんが、闘うにしても数で圧倒的に不利なバットマン。ところが、バットマンが忍者衆の伝説のヒーローであったことのご縁で忍者衆の加勢を得て反撃に転じるというアクションストーリー。


戦国時代の日本がヴィラン主権の国家に変貌しているという発想、和のテイスト感、ヴィランたちのビジュアルデザインと日本人アーティストならではの工夫が、全編にみなぎっています。温泉の湯につかり、日本酒を飲みながらバットマンと密談するゴリラ・グロッドのシーンは印象的でした。


日本で「バットマン(モノクロ)」が放送されていたのは、70年代くらいだったと思うのですが、今思えば派手なナレーションや戦うシーンのバックに擬音の文字が飛び出すなど早すぎた斬新さもあったように記憶しています。


監督:水崎 淳平
脚本:中島 かずき


キャスト(ヴォイスキャスト)
バットマン(山寺 宏一)、ジョーカー(高木 渉)、キャットウーマン(加隈 亜衣)、ハーレイ・クイン(釘宮 理恵)、ゴリラ・グロッド(子安 武人)、ベイン(三宅 健太)、ポイズン・アイビー(田中 敦子)、デスストローク(諏訪部 順一)、ペンギン(チョー)、トゥーフェイス(森川 智之)、アルフレッド(大塚 芳忠)他


2018年日本映画
上映時間:1時間25分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


ワールドカップでニッポンの勢いを継続して欲しいという願いも込めて、話題の作品の続編ニュースです。今年前半の邦画の中で、強烈なインパクトを放った作品「孤狼の血」の続編が決定したとネットで紹介されています。楽しみです!

nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「空飛ぶタイヤ」

2018 ワールドカップ ロシア大会が開幕し、明日19日はいよいよニッポン対コロンビア戦です。20日の朝刊記事には、カラーで大きく(強調)紙面を飾ってくれることを期待しています(笑)


空飛ぶタイヤ.jpg


ワールドカップも熱いけど、この映画も熱く戦う男のドラマ!池井戸 潤さん原作の「空飛ぶタイヤ」です。自社トレーラーの脱輪事故で整備不良を疑われた赤松運送社長 赤松 徳郎(長瀬 智也)は、整備担当者の記録から整備に落ち度はないと判断し、部品調査に携わった製造元のホープ自動車に再調査を依頼するが、梨のつぶて。他で起きた同じトレーラーの事故情報を足掛かりに、独自調査で見えて来た部品の欠陥。経営危機に追い込まれ、苦しい状況の中赤松は整備不良を指摘したホープ自動車に戦いを挑む!


見応えのある作品でした。よく新聞の記事で大手自動車会社が自動車部品のリコールを申請したと見かけますが、これは社会的責任として真摯に対応した大人の企業です(大人とは責任を果たすという意味です)。ドラマに登場するホープ自動車は、リコールに掛かる莫大な利益損失を免れるために部品の欠陥を隠蔽し、中小運送会社の整備不良だと責任転嫁するんです(これは怒るでしょ)。しかも事故で死傷者が出てしまった以上、マスコミにも取り上げられ経営危機の窮地に立たされた赤松が、どう逆転するのか?立場の弱い中小のリアル、巨大組織の闇体質など臨場感増し増しです(笑)


池井戸 潤さん原作のドラマで、個人的に入口となったのは「半沢直樹」ですが、今見直してみても面白いですねぇ~。働く者の目線にあって、仕事に掛ける情熱やマニアックさ、仲間の助けや家族の応援、そして思わぬ展開に大逆転!「半沢直樹」では奥さん(上戸 彩)の活躍がポイント高くて、ほっこりしました(笑)長瀬さんは、「フラジャイル」という医療ドラマの病理医 岸京一郎役がとても印象に残っています。これもハマりました。


作品のテーマ曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」は、サザンが乗りよく仕上げて下さいました。リズムが作品にピッタリで、予告編では鑑賞者も闘いに駆り立てられるよな気持ちになりました(笑)


監督:本木 克秀
脚本:林 民夫
原作:池井戸 潤


キャスト
赤松 徳郎(長瀬 智也)、沢田 悠太(ディーン・フジオカ)、井崎 一亮(高橋 一生)、狩野 威(岸辺 一徳)、小牧 重道(ムロツヨシ)、高幡 真治(寺脇 康文)、赤松 史絵(深田 恭子)、榎本 優子(小池 栄子)、宮代 直吉(笹野 高史)他


2018年日本映画
上映時間:2時間


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


作品に関連した新聞記事がありました。本作「空飛ぶタイヤ」や「万引き家族」のロケ地となった神奈川県綾瀬市で制作者側の感謝の意味で「空飛ぶタイヤ」は、ロケ地に看板が実現。市役所には「万引き家族」の台本や是枝監督のサインが展示されているそうです。

nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「万引き家族」&「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」

関東も梅雨入りして、プロ野球も交流戦真っ最中。14日からは、サッカー「ワールドカップ1次リーグ」が始まります(ニッポン大丈夫かな)? 今回は、家族がテーマの邦画2本です。


万引き家族.jpg


オリジナルの作品に「万引き家族」というタイトルを是枝監督は、つけました。監督は、社会派の監督というイメージが定着していますのでコメディでないことは、解っています。世界からは、恵まれた裕福な国家、貢献する国家として見られている?ニッポンで起きているリアル。国民が悪いのか?政治が悪いのか?答えは難しい、訳あり家族の物語。色々な問題が、凝縮された家族という構成。産みの親より、育ての親といいますけど、万引きは生活する為の暗黙の了解、家族という単位内でのお約束。人には言えない過去や辛い現状に置かれた者どうしの心のセイフティネット、そんな中で彼らなりの理想(家族の)を装っていたのかも知れません。


「社会に一石を投じる!」この言葉を監督は、意識されたかされないか?立場のない弱者への愛も数滴仕込まれているようにも思えます。


ばあちゃんの年金と万引きで生計を立てていること以外は、一見何の変哲もない家族。ある晩、同じ町内の団地で虐待を受けている少女を連れてきてしまったことで、従来の”家族”の営みに異変が生じます。連れてこられた少女は、暖かく迎え入れてくれた”家族”に馴染もうと、万引きも厭いませんが、コンビを組んでいた翔太が駄菓子屋のじいちゃんに呼び止められ、言われた一言で、心境に変化が…。


第71回カンヌ映画祭最高賞「パルムドール賞」を21年ぶりに受賞した本作、どこの国でも抱えている問題として共感が得られたのか?それは解りません。私が是枝監督のことを初めて印象深く心に抱いたのは、「誰も知らない」です。当時子役だった柳楽 優弥さんのデビュー作でもあり、第57回カンヌ映画祭 最優秀男優賞を受賞しています。「誰も知らない」もやはり家族の物語だったのですが、自立出来ていない弱い立場の子どもの問題が絡むという点では、同じ匂い、空気を感じました。


原案・監督・脚本・編集:是枝 裕和


キャスト
治(リリー・フランキー)、信代(安藤 サクラ)、翔太(城桧吏)、初枝(樹木 希林)、亜紀(松岡 茉優)、じゅり(佐々木 みゆ)他


2018年日本映画
上映時間:2時間


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


家に帰ると.jpg


「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」このタイトルもかなりインパクトありますが、客寄せパンダ的なところは良しとして、これが実話というから気になって仕方がありませんでした(世の中にこんな奇特な奥様が存在するなんて…でも、なぜ!?)。


本作はYahoo!知恵袋に投稿された質問が、映画化されたそうです。サラリーマン夫婦の結婚生活について、映画の中で語られる赤裸々な日常。好きどおしでくっついたんだから気楽に過ごせば~っと独身の身分(一個人)からすれば言いたいところですが、旦那は前妻と3年で離婚経験のあるバツイチで夫婦生活にトラウマを抱えているんです。そんな結婚3年目にして奥様が、始めた死んだふり!旦那にとっては不安の火に油を注ぐかのような行為に戸惑っています。会社の後輩に相談したり、奥さんに真相を訪ねたり…。でも奥さんは、こう答えるんです「月が綺麗ですね~」。


旦那を演じた安田 顕さんと奥さん演じた榮倉 奈々さんが、またハマっているんですよ。特に奥さんの榮倉 奈々さん(い~わぁ~)。お話を知っての感想ですけど、この奥さん、なんて心根の優しい人なんだろう!この人だったら絶対幸せにしてあげたいって思わされちゃいましたよ~(笑)


奥さんが答えた「月が綺麗ですね~」ですが、実はこの逸話を私今まで知らなかったんです(勉強になりました:笑)。
では、早速使わせていただきます。皆さん、「月が綺麗ですね~」!


監督:李闘士男
脚本:坪田 文
原作:「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」PHP研究所刊/作:K.Kajunsky


キャスト
ちえ(榮倉 奈々)、旦那(安田 顕)、旦那の後輩(大谷 亮平)、後輩の嫁(野々すみ花)、旦那の上司(浅野 和之)、クリーニング店主(品川 徹)、ちえの父(蛍雪 次朗)他


2018年日本映画
上映時間:1時間55分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「デッドプール2」

6月6日です。映画に登場するキャラの誕生日で唯一出てくるのが「オーメン」のダミアン(6月6日6時)。今日は誕生日だからサプライズは?とおねだりする人が時々おりますが、主張しないで人に誕生日を強烈に印象づけたキャラという意味では、表彰ものですよね(笑)


DP2.jpg


多くのヒーローの中でも「芸人ヒーロー」と言えば、デッドプールが筆頭です。撃たれても刺されても死なない不死身の肉体、しかも高い戦闘能力を併せ持ち、ほおっておくとダークサイドにも落ちかねない危なっかしい存在。これではX-MENも勧誘に走ります(笑) X-MENのメンバーに忽那 汐里さんがユキオ役で登場していますのでこちらもご注目!


ジョーク飛ばしながら敵と戦うって、とても疲れると思うんですが、戦う相手だけでなく鑑賞者の空気も読んでそれをやってのけるから人気者なんでしょう(笑) 興行面でトップを走っていた「コナン」から初登場で1位のバトンを受け取り、ウィキペディアにはネタバレ含めて全部ストーリーを掲載(現在は修正されたみたいです)されて大ヒンシュクをかったなんてネットでも話題になりました。


続編の本作「デッドプール2(字幕スーパー版)」は、特殊能力を持った少年を狙って未来からやってきた最強の敵 ”ケーブル” との闘いが見どころ。この敵、あんまりにも強いんでデッドプールもXフォースなんて適当なチームを結成して対抗しちゃいます(適当な寄せ集めなんで、笑っていいんだか、悪いんだか…何人生き残るんでしょうか?)。少年を狙って未来からやって来た敵ってなんだか「ターミネーター」みたいだけど、パクリも芸の内。憎めませんね(笑) あれはダメ!これもダメ!を平然とやってのけるヒーローは、不死身だからこそ試せる自殺ごっこ?(禁句)こんな心境に彼を追い詰めた出来事も宿命で、あの世とこの世を行ったり来たりと何でもあり!映画の世界は「オアシス」ですから、これからも存分に暴れて欲しいと思いました。


X-MENに勧誘された彼は、「見習い」から始まり、お約束のようにはく奪されてしまうんですけど、最後の不死身のからだを張った行動は、「見習い」から「助手」に昇格かもしれません(笑)


監督:デヴィッド・リーチ
脚本:レット・リース&ポール・ワーニック&ライアン・レイノルズ


キャスト
デッドプール(ライアン・レイノルズ)、ケーブル(ジョシュ・ブローリン)、ヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)、ドーピンダー(カラン・ソーニ)、ユキオ(忽那 汐里)ほか


2018年アメリカ映画
上映時間:2時間
原題「DEADPOOL2」


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:映画