So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ユダヤ人を救った動物園」&「フラットライナーズ」

皆さま、今年も一年間ありがとうございました。世の中も私も色々なことがありましたけど、取りあえず新しい年を迎えられそうです(笑)2018年が皆様にとって素晴らしい一年でありますことを祈念いたします。よい年をお迎えください。


ユダヤ人を救った動物園.jpg


2017年の締めくくりは、洋画2本です。


「8年越しの花嫁」に続き、実話繋がりの「ユダヤ人を救った動物園(字幕スーパー版)」は、タイトルそのままの作品です。1939年ポーランドのワルシャワへドイツ軍が侵攻し、第二次世界大戦が勃発。ヤンとアントニーナ夫妻が経営するワルシャワ動物園も爆撃によって多くの動物たちを失い、ドイツ軍の駐留地となります。親交のあったユダヤ系の友人たちは、ゲットー(ユダヤ人強制居住区)へ連行されてしまいました。そこで迫害を受けている人々を助けたい、この思いから夫妻は、ある提案をドイツ軍将校に進言します。


戦争映画は、たくさん鑑賞しましたけどその度に " 平和 " がいいなと近年切に思います。この作品は、人は勿論ですが、犠牲になった動物たちが可哀想で可哀想で・・・。猛獣だからという理由で銃殺される描写は妙に生々しくて、強く印象に残りました。ナチスの目を掻い潜り、ユダヤ人を匿うことは、死を意味しますので危うい場面のドキドキ感と言ったらもうサスペンスです。


ここ2年間で鑑賞した「杉原 千畝」、「黄金のアデーレ」、「ダンケルク」は、すべて背景にナチスドイツの姿が浮かびます。中でも「杉原 千畝」はユダヤ人を救った日本人の映画ですから、本作に「シンドラーのリスト」を加えるとユダヤ人救出三部作ということになります。


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


フラットライナーズ.jpg


ホラーのようでホラーじゃない?「フラットライナーズ(字幕スーパー版)」です。医師を目指す5人の医大生が、内緒で行う臨死実験。医療器具の揃った大学病院の地下室で医大生のコートニーは、死後の世界を体験し、その時の脳の状態をCTスキャンデータとして残し研究しようと友人に持ち掛けます。心臓が停止した状態から蘇生するには、協力者がいなければ不可能だからです。友人の了解を取り付け、心停止から数分後コートニーは、無事蘇生に成功。するとコートニーにこれまで観られなかった才能が開花。これを目撃した友人たちは、自ら臨死実験を希望し、喜びを分かち合うが・・・。


この作品は、1990年の同名映画のリメイクだそうです。あれから27年後近代医学の進歩に伴うリアル感を再現した本作ですが、臨死体験後に現れたのは、才能だけでなく幻覚症状のおまけ付き。本人たちが過去に犯した過ちが、ダークなイメージとして現れます。人間の死後についての研究一番乗りを夢見た医学生たちは、一転して悪夢に苛まれます。


医学生を苛む現象は、ビジュアル的には、ホラーなんですが、邪悪な何かではなく、あくまでも学生たちの罪悪感が、イメージとして現れます。そこが科学的でよろしいかと・・(笑)


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


作品データ

「ユダヤ人を救った動物園(字幕スーパー版)」

監督:ニキ・カーロ
脚本:アンジェラ・ワークマン

キャスト
アントニーナ(ジェシカ・チャスティン)、ヘック(ダニエル・ブリュール)、ヤン(ヨハン・ヘルデンブルク)他

2017年アメリカ映画
上映時間:2時間7分


「フラットライナーズ(字幕スーパー版)」

監督:ニールス・アルデン・オプレヴ
脚本:ベン・リプリー

キャスト
コートニー(エレン・ペイジ)、レイ(ディエゴ・ルナ)、マーロー(ニーナ・ドブレフ)、ジェイミー(ジェームズ・ノートン)、ソフィア(カーシー・クレモンズ)他

2017年アメリカ映画
上映時間:1時間50分


nice!(35)  コメント(14) 

「8年越しの花嫁」

今年も晦日を迎えました。2017年もあと1日。映画で始まり、映画で終わる。これでいいのか自問自答、でも楽しいからまっ、いいか(笑)


8年越しの花嫁.jpg


本作「8年越しの花嫁」は、You Tube の動画がきっかけで日本に広まったそうです。まだ、その動画は拝見しておりませんが、これが実話だというからすごいですね。プロポーズを受けて、二人で式場を予約したタイミングでフィアンセ(麻衣)を襲う病魔(抗MNDA受容体脳炎)。意識もなく、いつ回復するかもわからない闘病生活が始まります。そんな境遇に見舞われた麻衣を見捨てずに結婚の約束を守り、ひたすら回復を信じ待ち続ける尚志のいじらしさと愛に敬服してしまいます。


病魔は、麻衣の記憶をも蝕んでしまい、二人が歩んだ軌跡すら失われてしまいます。意識が戻り再び関係を構築するまでのプロセスも感動です(記録を残しておいてよかった)。8年越しの結婚式。結婚はゴールではなく通過点ですが、修羅場を乗り越え、信頼関係で結ばれたお二人を心から祝福したい気持ちになりました。実話だけに説得力のある作品でした。


抗MNDA受容体脳炎は、日本国内では300万人にひとりの割合で罹患する難病らしく、映画「エクソシスト(1973年)」の主人公リーガンは、この病気の患者だったとされるそうです。昔だったら悪魔祓い師に依頼するしか術のない病気だったわけですね。土屋 太鳳さんの熱演に拍手です。


監督:瀬々 敬久
脚本:岡田 惠和


キャスト
西澤 尚志(佐藤 健)、中原 麻衣(土屋 太鳳)、中原 浩二(杉本 哲太)、中原 初美(薬師丸 ひろ子)、柴田(北村 一輝)、室田 浩輔(浜野 謙太)、島尾 真美子(中村 ゆり)他


2017年日本映画
上映時間:1時間59分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


「8年越しの花嫁」の舞台は、岡山県でした。年明けには、神奈川県の相模原オールロケ作品「ホペイロの憂鬱」が上映されます。ホペイロとは、ポルトガル語で「用具係」を意味するそうでありまして、存続の危機を迎えたJ3サッカーチーム「ビッグカイト相模原」を陰で支えるホペイロが主人公の作品です。野球でホペイロって聞いたことがありませんので、サッカーで使われる用語なのでしょうか?色々な仕事があるものです。


ホペイロの憂鬱.jpg

nice!(21)  コメント(6) 

「DESTINY ~鎌倉ものがたり~」

昨日ラジオで岡田 准一さんと宮崎 あおいさんが結婚するというニュースを聴きました。現実なのか映画のお話なのか?適当に聴いていると勘違いするようなニュースですが、聴き間違いでなければおめでとうございます!


DESTINY鎌倉物語.jpg


こちらは、映画の中の夫婦、一色 正和と亜紀子(堺 雅人さんと高畑 充希さん)の愛のファンタジー「DESTINY ~鎌倉ものがたり~」です。神奈川県民ですから鎌倉が舞台というところがまず、うれしいです(笑) 江ノ電、江ノ島に長谷の大仏と近隣のお馴染み風景は、様々な作品のロケ地になっている観光名所です(PR笑) ちなみに長谷の大仏は、道路からは見えません。これは監督のサービス精神ではないかと思います(笑)


当初、チラシや劇場CMでの印象は、ゆるキャラみたいな魔物たちと人間の共存世界に違和感を抱きましたが、鑑賞してみますとこれが一気に解消!ストーリーの流れ的には、逆にゆるキャラで親しくなければ、お話が成立しません。ファンタジーと夫婦愛が融合した本作、DESTINY(運命) のタイトルも伊達では、ありませんでした。


ミステリー作家の一色 正和は、10歳以上年の離れた亜妃子と結ばれ、鎌倉での新婚生活をスタートさせます。亜紀子が魔物たちと関わる鎌倉での不思議な生活に慣れ始めたころ事件は起こります。亜紀子が、悪い魔物に捕まり黄泉の国へと連れ去られてしまったのです。異変に気付いた正和は、鎌倉署の心霊捜査課にも協力を要請されるほど知識が豊富で、ある手段を使い亜紀子を取り戻しに黄泉の国へ・・・。


山崎監督が想像した黄泉の国は、こんな観光地があったら行ってみたいと思わせる世界です。中国のどこかの観光地を加工したような風景に組み合わされた建物は、台湾の " きゅう分 " (字が出て来ません)みたいなところです(笑)黄泉の世界も人や魔物が共存していて、亜紀子をさらったのは天頭鬼という魔物なのですが、この魔物の話を聴いていると人間を超越した一途さが見えて来て可愛いところも(笑)


本作は「三丁目の夕日(お気に入り作品です)」と同様にほのぼの感もあって、笑えて泣ける作品です。お気に入り作品が、また一本増えました(笑)


監督・脚本・VFX:山崎 貴

原作:西岸 良平


キャスト
一色 正和(堺 雅人)、亜紀子(高畑 充希)、本田(堤 真一)、キン(中村 玉緒)、女将(薬師丸 ひろ子)、甲滝 五四朗(三浦 友和)、死神(安藤 サクラ)、貧乏神(田中 泯)他


2017年日本映画
上映時間:2時間9分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


冒頭からロケ地に触れてみましたが、実は実写映画化して欲しい作品が東川 篤哉さんの " 平塚おんな探偵の事件簿シリーズ " です。この小説は、そのまんま平塚を舞台にした美しき名探偵が活躍するものです。私の地元なのでどこで起きた事件なのかが、すぐに浮かんできて読む楽しさもスペシャルです(笑) 平塚は現在ツインシティ計画が進行中で、JR平塚駅から一直線に伸びる駅前道路から129号線とクロスする東海道新幹線の北側(厚木寄り)にイオンモールが建設予定になっております(現在は広大な更地)。事件は、小説だけにしてもらいたいものですが、ドラマは派手に!どなたかよろしくお願いします(笑)

ライオン1.jpg


ライオン2.jpg


ライオン3.jpg

nice!(32)  コメント(2) 

「スターウォーズ~最後のジェダイ~」

今年の流行語大賞に「インスタ映え」と「忖度」が選ばれました。スマホで利用するアプリ「インスタグラム」は、ダウンロードしたもののそこから先に進んでいないのでどんな世界なのか解りませんが、流行語に選ばれるほど世の中の人は、インスタグラムを利用しているということなのでしょうか?例えですが、スターウォーズの制作者が上映前に撮影風景をインスタグラムにアップしたらそれもインスタ映え?ですかね(笑)


SW最後のジェダイ.jpg


ネット上では、賛否両論と伝えられているシリーズのエピソード8「スターウォーズ~最後のジェダイ(字幕スーパー版)」ですが、興行的には好スタート。IMAXシアターもチケット売り切れ状態(初日)と聴きました。私も初日に、普通の上映をレイトショーで鑑賞しましたけど、帰りの駐車場ではスターウォーズ客の帰省渋滞という体験をさせていただきました(笑)


伝説のジェダイマスター " ルーク・スカイウォーカー " との出会いを果たしたレイが、強力なフォースを覚醒!その能力は、カイロ・レンとリンクし、遠く離れた場所でもお互いの姿を確認することが出来て、トークもOK! これじゃ、迂闊にお風呂も入れない(笑)


エピソード6以後30年が経過し、ファースト・オーダーが銀河を席巻しつつある中で対抗勢力はレジスタンスのみ。ファースト・オーダーに追い詰められたレジスタンスの危機が大きな柱となっています。覚醒したジェダイ レイは、カイロ・レンにダーク・サイドへと誘われますが・・・(習近平国家主席が、トランプ大統領にアメリカと中国で世界を二分しようと言ったとか言わないとか。そんなニュアンスです:笑)。強力なフォースを身に着けたものの定めなのでしょうか?フォースと血縁が渦巻く、勧善懲悪の物語は、スピンオフ作品「ハン・ソロ」も控えるなどエピソード4~6を基盤とした裾野も広がっています。


ジェダイマスターの " ルーク・スカイウォーカー " が、カイロ・レンにとってどれほど恐い存在であったのかが、示されるシーンは、気持ちよかったですね~。これだけでも見る価値があります。


このシリーズは、三部一括りの流れですので次回は最終章だと思うのですが、どう締めくくるのか先が読めません。と言うのはレイは覚醒したばかりですし、レジスタンスは虫の息。それに対し、ファースト・オーダーはあまりにも強大過ぎます(決め手がありません)。レイア将軍だって、キャリー・フィッシャーさんにとっては遺作になってしてしまいましたのでどうなるのか?次の三部作に備えた貯めのドラマになるのか?予測不能なだけに楽しみも増えると解釈しましょう(笑)


監督・脚本:ライアン・ジョンソン


キャスト
ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)、レイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)、カイロ・レン(アダム・ドライバー)、レイ(デイジー・リドリー)、フィン(ジョン・ボイエガ)、ポー・ダメロン(オスカー・アイザック)、スノーク最高指導者(アンディ・サーキス)、マズ・カナタ(ルピタ・ニョンゴ)他


2017年アメリカ映画
上映時間:2時間32分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


世代を超えて愛される「スターウォーズ」シリーズの原点は、エピソード4~6です。再度チラシで振り返ってみたいと思います。


SW-EP4-1.jpg

エピソード4


SW-EP4-2.jpg エピソード4


SW-EP4-3.jpg エピソード4


上記の日本語版は、ジョージ・ルーカスプロデュースでオリジナルのイメージを損なわないために、出演者の声を綿密に検討し、それに最も近い声優が選ばれ、作業のすべてがハリウッドで行われるという本格的な日本語版です。


SW-EP5-1.jpg エピソード5


SW-EP5-2.jpg エピソード5


SW-EP6-1.jpg エピソード6

nice!(29)  コメント(4) 

「FOR REAL ~必ず戻ると誓った、あの舞台へ。~」

2017年を表す漢字一文字は「北」が選ばれました。12月もあと二週間弱、今年一年を振り返り、反省すべきところは反省し、考え方や身の振り方を改めるなどして迎える年をよりハッピーにすごしたいと誰しもが思い浮かべる時期になりました。月並みではありますが、これも前向きに考えれば進歩だと思います(笑)


FOR REAL.jpg


世の中には大勢の映画ファンがいて、ブログを書いている方がいらっしゃいますが、その中でも横浜DeNAベイスターズに特化したDeNAファンのための映画をブログに書くのは、私くらいなのかな?なんて思ってしまいますが、自称DeNAファンといたしましては、やはり記録しておきたいと思うのが人情であります(笑)


今年のベイスターズは、最後の最後まで夢を見させてくれました。そんなベイスターズの一年を振り返ったドキュメンタリー作品が「FOR REAL ~必ず戻ると誓った、あの舞台へ~」です。


19年ぶりの日本シリーズに至った今シーズンの闘い!テレビ、ラジオを視聴している限りでは知ることの出来ない選手たちの裏舞台を余すことなく、カメラが追って行きます。ラミレス監督率いるベイスターズ選手たちの努力や苦悩。個々に課せられた任務(期待に応え、結果を出すこと)やチームの目標(優勝)を達成するための責任感は大きなプレッシャーとなりますが、そんな場の空気を和らげようとするムードメーカーがいたり、スランプや怪我に喘ぐ選手に声をかけたりと舞台裏でも勝つための闘いは続いています。そんな選手たちを見ているだけでもチームワークがどれほど重要であるかが伝わって参ります。


日本シリーズで三連敗し、後の無いベイスターズが第四戦で突破口を開いたのは、濱口投手の力投でした。日本シリーズは、ビギナー選手ばかりなので最初はダメかと思いましたが、第四戦以降は、本来のベイスターズが返って来て、第六戦は負けてしまいましたが、熱い思いを滾らせてくれました。負けてもこの経験は、値千金!必ず来シーズンに活かしてくれると信じています。がんばれ!ベイスターズ!


監督:金澤 佑太


2017年日本映画
上映時間:1時間48分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


ベイスターズファンの著名人で私の知っている人と言えば、佐藤 藍子さん、ラジオ ニッポン放送の垣花アナ、やくみつるさん、森永 卓郎さん、そしてツイッターで知ったのですがひし美 ゆり子さん(ウルトラセブンのアンヌ隊員)くらいですが、佐藤 藍子さんを最近見かけないのですがお元気でしょうか?ツイッターやってるのかな?いずれにしましても皆さんのベイスターズ談義(来シーズン)を楽しみにしております。

nice!(21)  コメント(2) 

「オリエント急行殺人事件」

12月に入って寒さも本番になりました。寒いのは苦手ですが、温かいものがより美味しく頂けることと、心地よく眠れることが冬の良いところ(笑)インフルエンザの予防接種も受けましたので、その効力に期待し健康に過ごしたいものです。アガサ・クリスティーも晩年は風邪をこじらせて亡くなったようですので皆様、どうぞご自愛ください。


オリエント急行殺人事件.jpg


イギリスには女王が二人います。エリザベス女王とミステリーの女王アガサ・クリスティーです。私は、ミステリーフリークでもなければアガサ・クリスティーの小説すら読んでいませんが、1978年12月9日に上映された「ナイル殺人事件」の影響でその名が心に刻まれました。当時テレビCMで流れた作品のテーマ曲「ミステリー・ナイル」が、大ヒット(勿論作品も)!ミステリーという冠作品が、「こんなに面白いんだ」と感じさせてくれました。しかも、今と違って入れ替え制ではなかったので一日に2回観ましたからね(そりゃあ、忘れませんよ)。


ミステリー・ナイルジャケット.jpg

ミステリー・ナイルレコード.jpg


ただ、お目当ては「ナイル・・・」ではなくて併映された「ルパン三世~カリオストロの城~」だったのでお粗末ですが、意外な発見だけに強く印象に残ったわけです。しかも名探偵ポワロを名優ピーター・ユスチノフさんが演じていることも感動でした。ピーター・ユスチノフさんは子供の頃にテレビで観た主演の「黒ひげ大旋風」という作品が大好きだったので、このような繋がりも無意識に覚えていたのだと振り返ります。


ナイル殺人事件DVD.jpg 未開封のままの所蔵DVD


黒ひげ大旋風DVD.jpg 未開封のままの所蔵DVD


前置きが長くなってしまいましたが、「オリエント急行殺人事件(字幕スーパー版)」です。本作も名探偵ポワロが、事件を解決する推理ドラマです。昔見たテレビCMでは、アガサ・クリスティーの得意分野は毒殺だそうで、調べてみますと薬剤師の助手を経験した時代があり、そこで知識を習得した模様。列車で起きた殺人事件の謎解きの中で、聞いたこともない薬品名をポアロが指摘。しかし、決定的手段は、複数の刺し傷、果たして犯人は・・・。


アガサ・クリスティーの映画化作品で私が記憶しているのは、「オリエント急行殺人事件」、「ナイル殺人事件」、「クリスタル殺人事件」ですが、同じ原作者であっても結末が、まったく異なるところもお楽しみの一つではないかと思います。そういう意味では、他に類を見ない結末であり、本作が映像化に選ばれた理由ではないでしょうか。1974年制作、1975年5月に日本で上映された「オリエント急行殺人事件」はイギリス映画でしたが本作はアメリカが制作していることも大きな特徴です。


ナイル殺人事件.jpg

クリスタル殺人事件.jpg


監督:ケネス・プラナー
脚本:マイケル・グリーン
原作:アガサ・クリスティー「オリエント急行の殺人」


キャスト
エルキュール・ポアロ(ケネス・プラナー)、ブーク(トム・ベイトマン)、ピラール・エストラバドス(ペネロペ・クルス)、ゲアハルト・ハードマン(ウィレム・デフォー)、ドラゴミロフ侯爵夫人(ジュディ・デンチ)、エドワード・ラチェット(ジョニー・デップ)、ヘクター・マックィーン(ジョシュ・ギャッド)、エドワード・ヘンリー・マスターマン(デレク・ジャコビ)、ドクター・アーバスノット(レスリー・オドム・ジュニア)、キャロライン・ハバード(ミシェル・ファイファー)他


2017年アメリカ映画
上映時間:1時間54分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


「オリエント急行殺人事件」の1974年制作バージョンは、DVDを所蔵しておきながら未だに未開封のままで結果、最新映画で初めて鑑賞することになりました(笑)


オリエント急行殺人事件DVD.jpg

nice!(31)  コメント(0)