So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「バリー・シール(字幕スーパー版)」

本日は、台風一過で良いお天気になりました。野球ネタは、お休み。一息入れましょう(笑)


バリー・シール.jpg


実話に基づいた作品「バリー・シール」は、破天荒な職歴を持つ男の顛末が描かれたドラマです。天才パイロットの腕を買われ、CIAと拘わってからは、一線を越えてしまい麻薬の密輸に手を出してしまいます。お金をしまう場所に困ってしまうほど巨万の富を得ますが、所詮は、麻薬の密輸ですから終いには足がつき、終身刑かと思いきやホワイトハウスからお呼びが掛かり・・・という途切れることのない波乱に満ちた成り行きから目が離せません!アメリカは、懐が深い!


まっとうに大手航空会社に勤めていれば、何不自由のない人生が約束されていたでしょうにこの人は、衝動的に意を決して行動してしまうところが玉に瑕。しかし、家族を愛しているし、自分の行動をビデオで記録して二人称の目線で語り掛けてくるところなど何処か憎めないところも。1976~1986年のお話ですからSNSの今の時代だったら間違いなくyouTubeに投稿するタイプの人です(笑)


この人物の映画化制作に当たっては、トム・クルーズさん自らが熱望したといいますが、そこは「トップ・ガン」で名を馳せただけに必然だったのではないでしょうか(実際に飛行機のパイロット免許もお持ちのようですから天は二物以上のものを与えたもうた・・・笑)。自分には、決してマネの出来ないバリー・シールの人生が刺さったのかも知れません。字幕スーパーの巨匠戸田 奈津子さん一押し!ハリウッドで最高にいい男のハマり役と言っても過言ではないでしょう。


監督:ダグ・リーマン
脚本:ゲイリースピネッリ


キャスト
バリー・シール(トム・クルーズ)、モンティ・ " シェイファー " (ドーナル・グリーソン)、ルーシー・シール(サラ・ライト・オルセン)、ダウニング保安官(ジェシー・プレモンス)、JB(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)、ジュディ・ダウニング(ローラ・カーク)他


2017年アメリカ映画
上映時間:1時間55分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


11月からは、楽しみにしているアニメ版「GOOZILLA 怪獣惑星」が公開されますが、同じ怪獣作品でも異彩を放つこの作品「シンクロナイズド モンスター」は、食指が動きました。アン・ハサウェイさんが、このようなおとぼけと申しますか、お遊びのような作品に出演してくれることがとても嬉しいんです(笑)


シンクロナイズドモンスター.jpg

nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ブレードランナー2049(日本語吹き替え版)」

10月も残すところあと二日。色々あってブログもケツカッチンになってしまいました(笑)


ブレードランナー2049.jpg


「ブレードランナー2049」は、前作が2019年の設定です。続編である本作は、その30年後が描かれています。個人的には、前作で完結したと思っていましたのでどのような展開になるのか興味津々でした。


人間では、こなせない過酷な現場での労働を担って来たレプリカント(人造人間)の中に反乱を起こすモデルが出現、それを取り締まるブレードランナーの活躍を描いたのが、前作でした。30年の時間経過の中でレプリカントを製造して来たタイレル社は、破綻。ウォレス社がその負債を買い取り新型モデルを量産します。ウォレル無双のレプリカント社会となり、旧型のレプリカントから改良型のレプリカントへと更新が進む中、ブレードランナーが旧型レプリカントを取り締まっている世界です。


レプリカントの進化は、社会のルールを変えるほどの影響力があり、社会を支えている一員という存在になりますが、その進化の過程で生じた異変こそが本作の柱です。それをここで書いてしまっては、これから鑑賞する方に申し訳ないので割愛しますが、冒頭から活躍するブレードランナーのジョー(ライアン・ゴズリング)が、捜査を通じてたどり着いた相手こそ前作の主役デッカード(ハリソン・フォード)です。デッカードという名前は、すっかり忘れておりましたので、その名を聴いた時には、もどかしさも解消され、しかも一緒に逃亡したレプリカントの名前もレイチェルと出て来たものですから「あっ~、そうだった!」と記憶が蘇り、心の中で盛り上がっておりました。


この内容だったらハリソン・フォードが来日してPRしたくなるのも無理はないと納得です。作品自体は長尺ですが、長過ぎるということはありません。むしろ佳境に入ってからは、もう一度気を付けて鑑賞し直したいと思ったぐらいです。


デッカードの隠れ家にジョーが潜入した際、ホログラムで登場するエルビス・プレスリーが歌う楽曲「好きにならずにいられない」は、デッカードが好きだと言っていましたが、私も大好きな曲です。この楽曲も何処かドラマのヒントになっているように思えてしまいます。今回は、日本語吹き替え版を鑑賞したのですが、前作の記憶を思い起こしながらという側面では、助けになりました。


監督:ドゥニ・ルヌーヴ
脚本:ハンプトン・ファンチャー、マイケル・グリーン
原案:ハンプトン・ファンチャー


キャスト
ジョー(ライアン・ゴズリング)、デッカード(ハリソン・フォード)、ジョイ(アナ・デ・アルマス)、ラヴ(シルヴィア・フークス)、ジョシ(ロビン・ライト)、マリエッティ(マッケンジー・デイヴィス)、アナ・ステライン(カーラ・ジュリ)他


2017年アメリカ映画
上映時間:2時間43分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


日本シリーズ第二戦は、先発が踏ん張ってくれて、二本のアーチも飛び出すなど逆転に成功。6回までリードというところで映画鑑賞に出掛けました。鑑賞後結果が気になってネットで調べましたらなんと4-3で逆転負け!やはりソフトバンクは、強いですね。横浜スタジアム戦では、この二連敗を取り返したいです。

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ナラタージュ」

まさかまさかの日本シリーズ第1戦。日本シリーズ慣れしているソフトバンクと、19年ぶりの大舞台であるDeNA。初戦はその差が、出てしまいました。明日から仕切り直しです(笑)


ナラタージュ.jpg


清純派イメージが印象的な有村 架純さんが、体を張った濡れ場を演じているという雑誌の記事を以前紹介しましたので「ナラタージュ」を鑑賞して参りました。


作品が上映される以前、劇場の映画チラシ配布コーナーで女性二人が「ナラタージュ」について語り合っていました。ブログで紹介記事を書いた後だっただけに耳がダンボになってしまい、原作ファンか?松潤ファンか?と耳を傾けておりましたら、熱心な映画ファンでした(笑)


気になる濡れ場の件ですが、有村 架純さんの演技に圧倒されちゃって、ムラムラするような作品じゃありませんでしたね(笑)教師と生徒の恋愛と言えば1993年のテレビドラマ「高校教師」の真田 広之さんと桜井 幸子さんが思い浮かび(正確には、これしか浮かんでこない)、森田 童子さんの「僕たちの失敗」が流れてくるんです(好きなドラマでした)。それくらいドラマとテーマ曲の相性がよかったわけですが、本作は、雨がよく似合います。濡れ場を演じるからというのではなく、出かけたいのにその気が萎えるような憂鬱な気持ちとか後ろめたさのような心の機微を感じさせるからだと思います。禁断の愛とは言っても男と女、スイッチ入っちゃうことだってあるでしょうし(肯定はしませんが)、スイッチ入れたいけど入れられない事情が・・・。その辺りの表現的な部分を教師役の松本 潤さんが、うまく演じているんですよ。


途中から絡んで来た大学生と彼女の付き合いは、逆に彼女の先生を思う気持ちに火をつけてしまうところなど、晴れやかな作品ではありませんが、そこまで人を好きになれたら結果はどうであれ、悔いはないでしょう(あるのかな?)


映画の中に映画が出てくる作品って意外とたくさんあるのですが、本作もその一つ。松本 潤さん演じる葉山先生と有村 架純さん演じる泉も映画好きなんですが、私のような俗物とは違う映画の観方をしていて印象に残りました。


監督:行定 勲
原作:島本 理生


キャスト
葉山 貴司(松本 潤)、工藤 泉(有村 架純)、小野 怜二(坂口 健太郎)、宮沢 慶太(瀬戸 康史)、葉山 美雪(市川 実日子)他


2017年日本映画
上映時間:2時間20分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


先日は、東京出張で溜池山王から東京メトロ 南北線を利用したのですが、この路線のホームは立派なゲートで仕切られていて、これなら転落事故もなく安心して乗れるなぁ~と感心していたら写真撮るの忘れました。

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ミックス」

台風一過で迎えたクライマックスシリーズ広島VSDeNAベイスターズ。ここまで来るとは、夢のまた夢。6回は、冷や冷やしましたけど継投策がハマって日本シリーズへ王手。出来過ぎです(笑)


ミックス.jpg


人気者ガッキー主演の「ミックス」は、 " 卓球 " と " 人生(自動車教習所のような) " をミックスしたような作品。作品タイトルのミックスは、卓球の男女混合「ミックスダブルス」のことで、出会いも引っ掛けられています。人生を自動車教習所に例えたのは、限られた敷地の中に登り坂あり、下り坂あり、広い車線、狭い車線、交差点、S字にクランク、踏切といった道路状況のほぼすべてが凝縮されているからです。作品は、卓球の呪縛から逃れた主人公が卓球に戻って来てからの夢とラブロマンスが描かれたコメディ物語。


地元の卓球教室 " フラワー卓球クラブ " を営む母は、多満子(ガッキー)にとっては、スパルタの鬼。将来を嘱望される呪縛から逃れた多満子は普通のOLとなり、会社卓球部のイケメンスターと恋仲に。ところがイケメンの裏切りによって失意のまま、地元に帰ると他界した母親の後を幼馴染が引き継ぎ、卓球クラブをぎりぎり繋いでいました。クラブ存続を目的に全国大会出場の夢を掲げて始まる特訓!選手層の薄いミックスダブルスを狙いに定め、神奈川大会へ。そこに現れたのは、元会社の裏切りイケメンペアでした。


瑛太さんが演じる多満子のパートナー萩原と元会社のイケメンとの関係に揺れる多満子の恋心や個性溢れるクラブメンバーが通う中華料理店の怪しい中国人二人の秘密など隠し玉があったり、現役の卓球スター選手が出演していたり、ガッキーの江ノ島ロケもうれしかったりと楽しい作品です。この作品の鑑賞後には、麻婆豆腐を食べました(笑)


監督:石川 淳一
脚本:古沢 良太


キャスト
富田 多満子(新垣 結衣)、萩原 久(瑛太)、吉岡 弥生(広末 涼子)、江島 晃彦(瀬戸 康史)、小笠原 愛莉(永野 芽郁)、楊(蒼井 優)、張(森崎 博之)、富田 華子(真木 よう子)、落合 美佳(田中 美佐子)、落合 元信(遠藤 憲一)、富田 達郎(小日向 文世)他


2017年日本映画
上映時間:1時間59分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


先週一週間は、仕事が缶詰状態。日曜日は台風も近づいておりましたので、どこにも出掛けず憂さ晴らしで、日頃なかなか出来ないことをやりました。6時間ぶっ通し音楽鑑賞です。iTunes の入っているPC(Mac)を、オーディオに繋いでの鑑賞ですから聴きたい曲だけ選曲していればいいのでらくちんですが、PCは床に直置きなので腰が・・・。弟に貰った「宇宙戦艦ヤマト」5分1秒のロングバージョン(歌詞が4番まであって、しかもちゃんと " ささき いさお " さんが歌っています)は、3回も聴いちゃいました。

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち 第三章 純愛篇」

セ・リーグ クライマックスシリーズ第二戦は、DeNAベイスターズが一矢報いることが出来ました。どろんこになっての試合お疲れ様でした。今日の結果は、お天気が気がかりでどうなるかは分かりませんが、試合があるならば全力で戦ってくれたらそれで満足です。出来たら勝ってください(笑)


宇宙戦艦ヤマト第三章.jpg


今回は、以前ここで書いた「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」と同様途中から劇場鑑賞した「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち 第三章 純愛篇」です。こちらは、第一章をレンタルで鑑賞したものの第二章がずぅ~っと貸し出し中で、三週間限定の劇場公開ということもあり、第二章のレンタルはワープしました(笑)


作品は、1978年に劇場公開された「さらば宇宙戦艦ヤマト~愛の戦士たち~」をテレビシリーズ風に拡大し、全七章で描かれるとか・・。そうなるとトータル1クール(26話分)くらいとなりますのでキャラにまつわるエピソードや地球とガミラス同盟の関係や行方、ガトランティスの詳細がよ~く理解出来るというしくみです。このスタイルは、嫌いじゃありません。気長に劇場鑑賞してドラマを咀嚼しながら楽しみたいと思います。


これまでの流れが説明され本編に入るといきなりヤマトがピンチ!第二章がすっぽり抜け落ちてはいるものの、「さらば・・・」の鑑賞がありますのでまあ、そこは良しとして入って行けるところが、往年ファン<自称>の強み(笑) 1978年に公開の劇場版と大きく異なる点は、地球とガミラスが同盟を結んでいて、ヤマト乗員の中にはキーマン中尉というガミラスの軍人も同乗していることです。テレザート星のテレサからのメッセージを受け、ヤマトの元クルーたちが一堂に集まり出航したという想像も働かせながら鑑賞していると土方艦長の救出、合流が結びついて来ますし、森 雪が古代に内緒で乗艦していたことなどは「さらば・・・」鑑賞者ならばニヤリ、しかも古代と森の出会うシーンのBGMも同じでしたよ~(笑)


第三章のタイトルである「純愛篇」は、古代と森の愛が試されるのですが、これを仕掛けるガトランティスの大帝ズォーダーのことも興味深いです。ズォーダーの口から " 愛 " という言葉が出てくることにとても違和感を感じるのですが、ガトランティス人はそもそも " 造られた命 " ということなので地球人と根本的に異なる愛という価値観の溝を埋めることは出来るのか?また、ガミラスの軍人キーマン中尉も何だか、きな臭くて信頼関係を裏切るじゃないか?名前が " キーマン " だけに今後の展開が気になります。


監督:羽原 信義
脚本:岡 秀樹


キャスト
古代 進(小野 大輔)、森 雪(桑島 法子)、島 大介(鈴村 健一)、真田 志郎(大塚 芳忠)、山本 玲(田中 理恵)、佐渡 酒造(千葉 繁)、斎藤 始(東地 宏樹)、土方 竜(石塚 運昇)、クラウス・キーマン(神谷 浩史)、桂木 透子(甲斐田 裕子)、ズォーダー(手塚 秀彰)他


2017年日本映画
上映時間:1時間37分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


宇宙ものの作品は、現在まで何作品作られたのか?調べてみようとは思いませんが、たくさんあることは事実です。その中でもジェームズ・キャメロン監督のアバター続編についてのニュースが、ネットで最近よく流れるようになりました。最初の公開が2020年、オリンピックの年です。楽しみです!

nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ドリーム(字幕スーパー版)」

横浜DeNAベイスターズが、クライマックスシリーズに進出?夢のようです。なんだ、かんだ言っても後半底力のあるジャイアンツにやられると思っておりましたので・・・。ここまで来たら優勝!なんて頭に浮かんでしまいますが、そんなに甘くはありませんよね(笑)とにかくガンバレ!


ドリーム.jpg


ブログをお休みしている間も何本か鑑賞しましたが、その中でも「ドリーム(字幕スーパー版)」には、たくさんの元気をもらいました(「映画ってホントにいいですねぇ~」というセリフを私も使ってみたくなりました)。ラジオ ニッポン放送の「金曜ブラボー」で望月 理恵さんが「ラ・ラ・ランド」の20倍良かったと超絶賛していたのを覚えていて、絶対に観たいと思っていました。いや、本当に良かったです!まだ鑑賞していない方には、お薦め作品!特に女性は必見!爽快感は男性以上に味わえますよ(だって頑張る女性たちが主役ですから)。


1960年代(米ソ冷戦の時代)は、まだ人種差別が露骨な風潮で白人優位に黒人が甘んじている社会です。アメリカ航空宇宙局(NASA)においても例外ではありません。黒人専用のトイレは職場から800mも離れているし、頑張っても認めて貰えないし、何よりもどこの部署に行くにも数奇の目で見られます。この環境に知恵と勇気と行動で立ち向い、NASAを支え、変えていった黒人女性たちのドラマは、まるで池井戸 潤さん張りで心が過熱して肉体を沸騰させるんです(ちょっと大袈裟・・笑)


監督:セオドア・メルフィ
脚本:アリソン・シュローダー、セオドア・メルフィ
原作:マーゴット・リー・シェタリー


キャスト
キャサリン・G・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォーン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)、アル・ハリソン(ケヴィン・コスナー)、ヴィヴィアン・ミッチェル(キルスティン・ダンスト)、ポール・スタフォード(ジム・パーソンズ)他


2016年アメリカ映画
上映時間:2時間7分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


作品紹介で池井戸 潤さんを引き合いに出しましたが、いよいよ代表作と言われる「空飛ぶタイヤ」が初の映画化作品として2018年に上映されます。また「半沢 直樹」や「下町ロケット」のような興奮が味わえますね!


空飛ぶタイヤ.jpg



nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:映画