So-net無料ブログ作成

「貞子」&「賭けグルイ」

22日より「白い巨塔」がテレ朝で5夜連続放送されています。2003年財前教授唐沢バージョンを12~21話までの後半イッキ見して、超大作であることを実感し、本作は完全鑑賞の予定です。実は、まだ本編未鑑賞で全録後再びイッキ見しようと考えています。録画視聴でも視聴率の対象になりますかね?(笑)


今回は、現在上映中で池田 エライザさんが、出演している2作品です。


貞子.jpg


ジャパニーズ ホラーの金字塔「リング」から20年、ハリウッドでも3作品リメイクされ、ご本家日本では、これまで7作品制作されました。そしてついに「貞子」の名でアイルビーバック!(笑)


原作者の鈴木 光司さんは、「リング」のアイデアを平成の改元当時、TVでも有名な小渕恵三官房長官の「新しい元号は、平成であります」を見て思いついたといいます。ですから5月の改元「令和」になって上映されるということは意義深いものがあるでしょうし、本作も原点回帰という展開です。この20年で、ジャパニーズ ホラーといったら「貞子」と出てくるくらい有名になりました。貞子は、鈴木 光司さんの知人の名前をつけたのだそうです。


作品は、原点回帰ですから当初のように貞子の恐怖再び!という点にこだわっています。「リング」で主演をつとめた松嶋 菜々子さんと真田 広之さんに相当するのが、心理カウンセラーの秋川 茉優(池田 エライザ)とユーチューバーである茉優の弟 和真(清水 尋也)のアドバイス的存在である石田 祐介(塚本 高史)です。二人は、弟(和真)が心霊スポットのライブ配信以降行方不明となり、削除された配信映像を入手、それを手掛かりに伊豆大島へ向かいます。


「リング」では”呪いのビデオ”から感染する貞子の恐怖が描かれましたが、時代も変わり今やSNSから感染と貞子も進化!こうなるともう貞子の恐怖からどう逃れたらよいのか、救いようのない作品ともいえます。


個人的で恐縮ですが、この作品には大きな弱点があります。それは、貞子があまりにも有名になり過ぎたことです。原点回帰の恐ろしさは、もちろん伝わりますが、それと同時に「プロ野球で始球式をつとめた貞子」が浮かんでしまうんです。この複雑な心境も救いようがありません(笑)


監督:中田 秀夫
脚本:杉原 憲明
原作:鈴木 光司「タイド」


キャスト
池田 エライザ、塚本 高史、清水 尋也、姫嶋 ひめか、桐山 漣、ともさかりえ、佐藤 仁美他


2019年日本映画
上映時間:1時間39分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


賭けグルイ.jpg


TV放送も第二シーズンに突入した人気シリーズのオリジナル劇場版「賭けグルイ」は、名門 私立百花王学園を舞台に繰り広げられるギャンブルバトル作品です。この学園は、ギャンブルの強さによって生徒の階級が決まるという独特の風土があり、それを仕切るのが生徒会です。生徒会のトップである生徒会長 桃喰 綺羅莉(ももばみ きらり)役が池田 エライザさん。主役はもちろん、謎の転校生 蛇喰 夢子(じゃばみ ゆめこ)を演じる浜辺 美波さんです。


生徒会に反旗を翻すアンチ生徒会集団 ”ヴィレッジ” と生徒会の摩擦が本格化し、生徒会は、ギャンブルでの鎮静化を画策。強制的に「生徒会代表指名選挙」を開催します。いわば敗者復活戦のようでもあり、ギャンブルに反対する ”ヴィレッジ” にとって不本意ではあるものの、生徒代表に選ばれた報酬として「活動資金3億円」、「人生計画表・白」が与えられる条件もあり、覇権と復活の闘いに挑むことに。


一方、蛇喰 夢子は、中立の立場で覇権争いにはまったく興味がなく、むしろ沈着冷静に状況を見極め、ギャンブルに挑みます。そこで見せるハイテンションぶりは、まさに「賭けグルイ」を体現しています。蛇喰 夢子のすごいところは、様々なギャンブル戦において、傾向と対策を心得ていて、その場の勝利に固執することなく、敗けることも計算のうちにあり、最終的に優位に状況を変えてしまうという離れ業を楽しんでいるところです。生徒会長こそギャンブルでつかみ取ったであろう桃喰 綺羅莉との直接対決は、お預けとなりましたが、次回作では十分に考えられます。二人の謎の解明も含めて期待したいです。


浜辺 美波さんの蛇喰 夢子役、みごとハマっています。ギャンブルについての優しい解説は、鑑賞者もギャンブルに巻き込み興奮させる作戦ですね!nice!です(笑) 気になったのは、ドラマに先生が登場しないこと、勉強しているシーンがないところです。そこが面白くもありますが…(笑)


監督:英 勉
脚本:高野 水登
原作:河本 ほむら「賭けグルイ」


キャスト

浜辺 美波、高杉 真宙、森川 葵、宮沢 氷魚、福原 遥、伊藤 万理華、松田 るか、柳 美稀、岡本 夏美、中村 ゆりか、矢本 悠馬ほか


2019年日本映画
上映時間:1時間59分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 32

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。