So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「アイ、トーニャ」&「君の名前で僕を呼んで」

5月3日の朝刊記事22面の文化・文芸欄に「アメコミ映画 無敵のパワー」と題した記事でマーベルが取り上げられていました。マーベル10周年 世界興収1.6兆円!日本映画の弱いところ「世界興収」、コンテンツは、あるけれど世界のマーケットでは、まだ途上です。ガンバレ!ニッポン。私が、気になったのは、記事の締めの部分で「来年には、日本が登場する " アベンジャーズ " の続編も控える。」とありました。 " アベンジャーズ " の続編って、今やっている「インフィニティウォー」の続編ですよね?どういう展開になるのか?予想もつきませんが、ワクワクします(笑)


今回は、第90回 アカデミー賞ノミネート作品関連作2本を鑑賞しました。


アイ、トーニャ.jpg


「アイ、トーニャ~史上最大のスキャンダル~(字幕スーパー版)」は、3部門にノミネートされ、助演女優賞をアリソン・ジャネイが受賞しました。1994年のリレハンメル五輪の出場権を巡る、ライバル襲撃事件(ナンシー・ケリガン襲撃事件)の真相に迫る本作。本人が、襲撃に関わったかの疑惑については当時知りませんでしたが、靴紐のことでぐずっていたトーニャ・ハーディングの映像は、今でもよく覚えています。


フィギュアスケートでアメリカ女性初、史上二人目のトリプルアクセル成功者トーニャ・ハーディング。とかく、メディアでは余所行きの一面しか見ることは出来ませんが、作品は彼女の人生暴露話です(あれから24年が経過してとうとう映画になってしまいました)。アスリートというとストイックで心身ともに気を遣うイメージがありますけど、彼女の場合は独自の経験と才能と努力で突っ走ってきたので、手段よりも勝つための執念とハングリー精神が最優先!もちろん鬼母の教育が大きく影響しているのですが、この人がまた映画を面白くしてくれるんです。主演を喰って助演女優賞をかっさらうだけの強烈キャラ!それに加えて元夫との関係は、映画になることを想定していたのではないでしょうか?(なっ訳ないか…笑)


どこか滑稽でペーソスな笑い!彼女に日本のTV番組「しくじり先生」にご登場いただくのも悪くはないかと…(笑)


監督:クレイグ・ギレスピー
脚本:スティーヴン・ロジャース


キャスト
トーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)、ジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)、ラヴォナ(アリソン・ジャネイ)、ダイアン・ローリンソン(ジュリアンヌ・ニコルソン)、ショーン・エッカート(ポール・ウォルター・ハウザー)他


2017年アメリカ映画
上映時間:2時間


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

君の名前で僕を呼んで.jpg


「君の名前で僕を呼んで(字幕スーパー版)」は、主要4部門(作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞)にノミネートされ、脚色賞を受賞した作品です。これまで色々な作品を鑑賞したつもりでしたが、こんな作品は初めてです(アカデミー賞を追っかけていなければ、お目に掛かれなかった作品)。映画のすそ野の広さ、懐の深さ、選考委員の感性、選択眼にリスペクト!鑑賞者は、女性とカップルがほぼ9割で、子連れファミリーの姿は、さすがにありませんでした。


1983年夏、北イタリアの避暑地が舞台。大学教授を訪ねてアメリカからやって来た助手のオリヴァー(24歳)と教授の息子エリオ(17歳)のひと夏の恋?物語。今でこそ同性愛は認められる時代になりましたが、当時はバレたら密やかな噂話となって駆け巡る風潮ではなかったでしょうか?


秘めたまま伝えることの出来ない心に苦しみ、お互いの気持ちを知って間もない関係に戸惑い、そして気持ちが一つになった時の幸福感。このプロセスが、とてもデリケートに描かれています。この関係が、もし自分の息子だと考えたら否定はしないけど、複雑な気持ちになるというのが正直な感想ですが、その点大学教授のお言葉は、父親としてお手本のセリフでした。


この作品の主演男優二人の演技は、もう…ひれ伏すしかないでしょう(笑)


監督:ルカ・グァダニーノ
脚色:ジェームズ・アイヴォリー


キャスト
ティモシー・シャラメ、アーミー・ハマー、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサール他


2017年アメリカ、フランス、イタリア、ブラジル合作映画
上映時間:2時間12分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

nice!(34)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 34

コメント 2

U3

そういえばそんな事件がありましたね。
by U3 (2018-05-12 14:40) 

einstein

U3 さま
コメントをありがとうございました。オリンピック大会で観たこともない出来事だったので、インパクトありました(笑)
by einstein (2018-05-16 00:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。