So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「アベンジャーズ/インフィニティウォー」

四月最終日の今日、ある用件でご無沙汰の友人に電話をしたら、脳梗塞でリハビリ中と告げられビックリ仰天!友人の病気、明日は我が身と肝に銘じ、心と体の " バランス " も考えなくっちゃ。「人生楽しく!」これが、私の生きる道(笑)


アベンジャーズインフィニティウォー.jpg


これだけは絶対に外せない作品「アベンジャーズ/インフィニティウォー(日本語吹替え版)」を観て参りました。偶然にも私のブログも制作のマーベルスタジオも10周年記念!映画を趣味と定めた日から今日まで、マーベル作品に親しんで共に10年の歩み。マーベル作品は、アイアンマンから始まり、本作まで19本の劇場鑑賞!あっという間でした(笑)


これまで18作品鑑賞した割には、うろ覚えの記憶が頼りでしたけど、何とかなるものですね、150分(147分に短縮と言う情報も…)の長尺作品が短いと感じられるほどのハイテンション!これなら5時間作品であっても大丈夫(笑) 大勢の主役キャラが一同に登場すると聞いては、初鑑賞者も迷子になると心配しがちですが、そこはちゃんと交通整理が出来ていて、舞台が変わってもちゃんとガイドしてくれていますのでご安心!それぞれの場所でヒーローの見せ場が用意されています。本作鑑賞を皮切りに過去の作品に戻って鑑賞する楽しみもあります。


作品の良かったところは、ラスボスの " サノス " が強過ぎることだけでなく、主役として描かれていることです。「ハリー・ポッター」シリーズのラスボス " ヴォルデモート " と違い、情報の少なかった " サノス " が何を考え、行動して来たのかが明確に描かれていることで、これまでの謎が払拭されます。しかも単なる脳みそ筋肉なボスではなく、戦略家であり、頭脳派であり、思想家でもあるという一面は、只者ではないことを表しています。


日本の特撮番組(仮面ライダー、キカイダー、ゴレンジャー、ライオン丸)やアニメ(北斗の拳、ドラゴンボール他)でも様々なラスボスが登場したクライマックスは、一番盛り上がる場面でお約束です。いま、正に「アベンジャーズ/インフィニティウォー」はそこにあります。何度も体験したあの熱い興奮が、こんな大スケールのスーパー映像で味わえる至福の時間です(笑)


しかし、ここまで " サノス " の独壇場になってしまっては、「アベンジャーズ」の沽券にかかわります。何とか一矢報いて欲しいと思いつつ、この結末が来年までおあずけとなりました。このシリーズは、来年で終了ということですけど「アベンジャーズ」ロスになるんじゃないか、今から心配です(笑)


作品のキャラでグルートの声を字幕スーパー版では、ヴィン・ディーゼルさんと贅沢な起用をしていますが、日本語吹替え版では、遠藤 憲一さんです(判りませんでした)。吹き替え版も手を抜いていませんよ~。


監督:アンソニー&ジョー・ルッソ
脚本:クリストファー・マルクス、スティーヴン・マクフィーリー


キャスト(声の出演)
トニー・スターク(藤原 啓治)、スティーブ・ロジャース(中村 悠一)、ブルース・バナー(宮内 敦士)、ソー(三宅 健太)、ロキ(平川 大輔)、ナターシャ・ロマノフ(米倉 涼子)、ワンダ・マキシモフ(行成 とあ)、ヴィジョン(加瀬 康之)、サム・ウィルソン(溝端 淳平)、ジェームズ・バッキー・バーンズ(白石 充)、ティチャラ(田村 真)、ピーター・パーカー(榎木 淳弥)、ピーター・クイル(山寺 宏一)、グルート(遠藤 憲一)、ロケット(加藤 浩次)、サノス(銀河 万丈)他


2018年アメリカ映画
上映時間:2時間30分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


映画のチラシを整理していて気になった邦画があります。榮倉 奈々さん、安田 顕さん主演の「家に帰ると妻が死んだふりをしています。」という作品です。普通ならそのままファイルに入れるところですが、これが実話と印刷されてあったものですからその理由が知りたくなりました。

死んだふり.jpg

nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 34

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。