So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

「インクレディブルファミリー」

世界女子ソフトボール決勝戦(日本×アメリカ)は、延長の末アメリカのサヨナラ勝ちで日本は惜しくも銀メダルとなりました。ピッチャーの上野選手は昼間のカナダ戦に続く連投(ダブルヘッダー)でアメリカ戦も最後まで投げ切りました。勝負ですから当然勝敗のこだわりはありますが、この決勝戦はどちらも総力戦の白熱するゲーム展開で結果よりも試合のプロセスに胸を打たれました。上野選手お疲れさまでした。


インクレディブルファミリー.jpg


ソフトボールは、チームプレイですが、こちらはファミリーのチームプレイ作品「インクレディブルファミリー(日本語吹き替え版)」です。2004年制作の作品が長い時間を経て、再び続編として上映されることに懐かしさを覚えますが、一作目で赤ちゃんだったジャック・ジャックが本作でも赤ちゃんのままですからドラマ上では、当時の時間軸のままの続編という設定です。


ピクサースタジオ20作品目にあたる記念作として帰って来たスーパー・ヒーロー一家の日常と活躍は、映像もストーリーも幅広い年齢層に対応する楽しい作品。お母さんが外で働き、お父さんが家事と子供の世話をする。普通の家族の日常と変わらないところに共感させられたり、活動を法律で制限されているファミリーの本心は、世の為、人の為に活躍したいというスーパー・ヒーローならではの悩みも同居します。しかし、スーパーパワーに対する需要は、あるようで一件の依頼がファミリーの未来を変えるきっかけとなります。


スーパー・ヒーロー制度が廃止され一般市民として暮らすことを法律で定められているインクレディブルファミリーは、そのパワーが時に市民にダメージを与えてしまうことが問題で、このことは、私の記憶が正しければ「バットマンvsスーパーマン」でも同じ問題として取り上げられていたので実は、ヒーロー問題についての先駆けであったことを改めて知りました(スーパー・ヒーロー制度の問題は、1作目で既に論じられていることから)。


アメリカでは、アニメから3DCGへと変わり、主流となって久しくなりました。映像も進化していますが、ストーリーだって、経験を重ねないと理解出来ないことや法律のことなど大人をないがしろにしていないストーリーも進化しています。万人向け作品は、時に何を言いたいのか分からなくなる作品もありますが、ピクサー作品は、その点抜かりありません(笑)


監督・脚本:ブラッド・バード


キャスト(日本語吹き替え版:声の出演)
Mr.インクレディブル(三浦 友和)、イラスティガール(黒木 瞳)、ヴァイオレット(綾瀬 はるか)、ダッシュ(山崎 智史)、フロゾン(斎藤 志郎)、エドナ・モード(後藤 哲夫)、アンダー・マイナー(高田 延彦)、ヴォイド(小島 瑠璃子)、ヘレクトリクス(サンシャイン池崎)他


2018年アメリカ映画
上映時間:1時間58分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


本作の日本語吹替え版でイラスティガールの声を演じている黒木 瞳さんは、ラジオ ニッポン放送で6:43から始まる「あさナビ」という番組を担当されています。この番組は、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話を伺うというものです。先週は、雅楽師の東儀 英樹さんだったのですが、最近アルバムをリリースされたことの話の流れでバックに収録曲が流れるかたちで紹介されていたのですが、その中で映画「タイタニック」の「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」を聴いてCD即買いしました。ヒチリキで奏でる「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」に心を鷲づかみにされたからです。ヒチリキとの相性がこんなにいいなんて!CDのタイトルは「ヒチリキ・シネマ/東儀 秀樹」です。お薦めです(笑)


ヒチリキ・シネマ.jpg


収録曲
「2001年宇宙の旅」~メイン・テーマ
「ミッション:インポッシブル」~メイン・テーマ
「バクダッド・カフェ」~コーリング・ユー
「マンマ・ミーア」~ダンシング・クイーン
「レ・ミゼラブル」~オン・マイ・オウン
「ゴッドファーザー」~愛のテーマ
「生きる」~ゴンドラの唄
「天空の城ラピュタ」~君をのせて
「ルパン三世のテーマ’78」
「ノッティングヒルの恋人」~She
「タイタニック」~マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン
「ニュー・シネマ・パラダイス」~メイン・テーマ
「風のかたみ」~風のかたみ
「モダン・タイムス」~スマイル

nice!(32)  コメント(2) 

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」

8月です。台風(13号)が、また関東に近づいて参りました。皆様どうぞご安全に!


ミッションインポッシブル  フォールアウト.jpg


安全と言えば、撮影時は万全の態勢で臨んでいることと思いますが、「ミッション:インポッシブル」シリーズは、観客目線で常にチャレンジし続けるトム・クルーズさん自身のスタント(体当り演技)が大きな見所です。最新作「フォールアウト」もその期待を裏切らず、体が硬直しそうなデンジャラスシーンのてんこ盛りです。007ならばそろそろジェームズ・ボンド役も交代時期にあたる頃だと思いますが、イーサン・ハントは本作で6本目!ここまで来たら肖像権を売ってデジタル イーサン・ハントとして永遠に出演し続けて伝説になってください(笑)


三つのプルトニウムコアカプセル(一つでも原爆の製造が可能)を回収間際で謎の組織に奪われてしまったイーサンとIMFの仲間たち。同時核爆発テロを防ぐ新たなミッションを受け、手掛かりを追って潜入作戦が始まる(イーサンの行動に不信感を抱くCIA長官の命で監視役としてウォーカーも同行…)。謎の女、ホワイト・ウィドウとの接触に成功するが、プルトニウムを手に入れるため本意ではない犯行にイーサンは、行動を移す。


打合せた予定が想定外の事態になっても、動じず別プランで本能的に対応するイーサンの凄さ。敵を欺くための味方への裏切り行為といった心理戦、騙し合いは序の口で、やっぱりアクションは凄かった!パリ警察をバイクでかわすシーンなんて合成でなかったら死んじゃいますよ!ミッションなのに後先のことを考えていないようなギリギリのスタントに、もう釘付けです。


トム・クルーズさんは、本作の撮影時足首を複雑骨折しながらも、撮影に臨んだといいますからその責任感、サービス精神、役者魂を感じずにはいられません。正にミスター「ミッション:インポッシブル」です(笑)


監督・脚本・制作:クリストファー・マッカリー


キャスト
イーサン・ハント(トム・クルーズ)、オーガスト・ウォーカー(ヘンリー・カヴィル)、ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)、ベンジー・ダン(サイモン・ペッグ)、イルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)、ソロモン・レーン(ショーン・ハリス)、エリカ・スローン(アンジェラ・バセット)、ホワイト・ウィドウ(ヴァネッサ・カービー)、ジュリア(ミシェル・モナハン)他


2018年アメリカ映画
上映時間:2時間27分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


ケーブルテレビの放送局 チャンネルNECOで久しぶりに「リング」が放送されていましたのでその流れで「快楽交差点」、「懺悔~松岡 真知子の秘密」を私事をしながら鑑賞していました。「快楽交差点」は、ストーカーが、ストーカーされている女性に翻弄される作品、「懺悔…」は、姉に負い目を背負う女教師のドラマだったのですが、意外に面白くて最後まで観てしまいました。で、驚いたのが女教師 松岡 真知子を演じた松浦ひろみという役者さん、音楽教師の役だったのですがピアノがすごく上手で「相当練習をしたんだろうなぁ~」と思っていたらエンディングの曲も松岡 ひろみの名前で歌っているではないですか!この女優さん誰?気になってしまいネットで調べましたらマルチシンガーソングライターで衝撃の1作限定アダルト女優デビューを果たしたのだとか。現在は大和 姫呂未と改名して2018年ニューヨークにレッスンに行くとありました。ピアノが上手な訳ですよね、でも女優さんとしてもいいと思いますよ。

nice!(27)  コメント(0) 

「ハン・ソロ」&「ファントム・スレッド」

7月最終日です。本日の朝刊に興味深い記事がありました。タイトルは、「aiboと犬 芽生えた親愛」で、ロボット犬のアイボとリアル犬は仲良くなれるのかという実験の記事です。実験の第一段階は「初対面」 13種の犬と飼い主がいる部屋にアイボを投入してその反応を観る。第二段階「共同生活」 犬を飼う3家庭にアイボを持ち込み2週間一緒に暮らして変化を観るというものでした。第一段階では、13匹中9匹がアイボに近づき匂いを嗅ぐなどの行為を確認し、第二段階ではアイボに対して仲間意識や気遣うそぶりを見せたことは犬がアイボを「生き物」として認識、犬の成長につながる可能性を感じることが出来たと総括されていました。年々進化するロボットですが、究極は人間とパートナーになれるのか?まだまだSF世界のお話です(笑)


ハンソロ.jpg


SFと言えばこちら、スターウォーズのスピンオフ作品「ハン・ソロ(字幕スーパー版)」です。シリーズのキャラの中でも高い人気を誇るハン・ソロの若き時代が描かれた本作は、相棒チューバッカとの出会いやエピソード5(帝国の逆襲)に登場したランド・カルリジアンとの因縁が明らかに。出生については謎のままですが、アウトローとしての素養は、育った環境で培われたようです。


帝国軍支配下の惑星コレリアの劣悪な環境下で身柄の保護と引き換えに犯罪行為を強要されていたハン(後にハン・ソロと命名)は、恋人?のキーラと逃亡を企て空港からの脱出を図ります。しかし、既の事にキーラは拘束され二人での逃亡は失敗。とっさの機転でハンは、帝国アカデミーに入隊しキーラの救出を誓います。


ハン・ソロの下積みエピソードながらアウトローとして成長して行く様は、正にダイナミックです。チューバッカとの出会いは意外なものでしたが、もし会話が成立しなかったらハン・ソロはチューバッカに食べられていたのでしょうか?気になります(笑) 愛機ミレニアムファルコン号はアウトローらしい方法で手に入れますが、最新シリーズでも乗り継がれておりますので主要キャラを超えた息の長い主役であると思います。


監督:ロン・ハワード、脚本:ジョナサン・カスダン&ローレンス・カスダン


キャスト
ハン・ソロ(オールデン・エアエンライク)、トバイアス・ベケット(ウディ・ハレルソン)、キーラ(エミリア・クラーク)、ランド・カルリジアン(ドナルド・グローヴァー)、チューバッカ(ヨーナス・スオタモ)他


2018年アメリカ映画、上映時間:2時間15分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


ファントムスレッド.jpg


第90回アカデミー賞衣装デザイン賞受賞作品「ファントムスレッド(字幕スーパー版)」は、小田原コロナさんで鑑賞したのですが、ここの係員さんが前の劇場に勤務していたころから私のことをよく覚えていてくださって、いつの間にかお話を交わす間柄となりました(このブログのことは、ヒミツです)。 覚えていた理由が、マニアックなものをよく購入されていたからと言いますから、劇場の係員さんもお客さんのことをよく見ていらっしゃるんですね(笑)


話を戻しますが、この作品はラブストーリーなんですけれど、タイトルからはそのように伝わりません。タイトルはロンドンのお針子たちが、王族や貴族の衣装を長時間縫い続け、仕事場の外でも見えない糸を縫い続けたという逸話から来ているのだそうです。


ドラマは、1950年代の王族、貴族の間で名の通った天才仕立て屋レイノルズとウェイトレス アルマの恋。とは言ってもレイノルズが惚れ込んだのは、アルマの理想のスタイルで衣装を制作する上で彼女が必要だったのです。恋人なのか、モデルなのか?はっきりさせないレイノルズの告白を延々と待ち続けるアルマにとってこの関係が、居心地の良いはずもなくある行動に出ます。


愛の形は色々あるのでしょうけど、この愛は怖いです。だから”映画”と言ってしまえばそれまでですが、信頼関係は保てるのでしょうか?ちょっといびつな愛のカタチでした。


監督・脚本:ポール・トーマス・アンダーソン


キャスト
レイノルズ・ウッドコック(ダニエル・デイ=ルイス)、アルマ(ヴィッキー・クリープス)、シリル(レスリー・マンヴィル)、ヘンリエッタ(ジーナ・マッキー)、ベルギーの王女モナ(ルイザ・リヒター)他


2017年アメリカ映画、上映時間:2時間10分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

nice!(31)  コメント(0) 
前の3件 | -