So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

「ハウス・ジャック・ビルト」

去る3日火曜日のラジオ ニッポン放送「あなたとハッピー!」の「産経新聞モーニングキャッチ」というコーナーで紹介された北朝鮮報道の悪口は、笑ってしまいました。 韓国の文在寅大統領の光復節の演説で「南北対話のムードはゆるぎない」と発言したことを指摘して北朝鮮報道官が「ゆでた牛の頭も仰天して大笑いする話だ!」と罵倒したそうであります。政治的なことはさて置いて、報道官の発言した語彙「ゆでた牛の頭」なんて発想は、日本人には思い浮かばないと思います。これ、北朝鮮のことわざなのでしょうか?すごい表現です。


ハウス・ジャック・ビルト.jpg


すごいと言えばこの作品の描写は、すごかった「ハウス・ジャック・ビルト」!本作はR-18指定の大人映画です。なかなか神奈川の西湘地域でR-18作品が上映されることは、少ないので始めに、小田原コロナさんに感謝致します


この映画は、シリアルキラー(殺人鬼)の凶行の軌跡が描かれているおぞましい作品です。現在放映中の「ライオンキング」レベルのCG技術が、殺人描写に活かされていると言えば、いかにグロいか想像に難くないと思います。なので間違って、お子様に見せようものならトラウマ必至、当然公共のTV放送はNG、怖いもの見たさ、マニア御用達の取り扱い注意作品です。さすが大人映画(笑)


殺人鬼ジャックともう一人の何者か(ヴァージ)の対話で物語は進行するのですが、このヴァージは最後まで姿を見せず、ジャックの話に耳を傾けながらも、時に意見も言う相方のような存在です。ジャックは、ヴァージに過去から現在までの出来事(凶行)を語り出します。


ジャックに、「君は強迫性障害に加え、潔癖症だ」とヴァージが語るのですが、潔癖症は分かりますが、強迫性障害ってどんな病気?ということでネットで調べてみましたら、端折りますが「無意味な行為がやめられない」とありました。このふたつの症状を物語るエピソードがあったり、殺人でアートを表現したりと、とにかく最悪な殺人鬼です。


ジャックは、マット・ディロンさんが演じているんですが、鬼気迫る演技はドハマリ。そして原案や脚本を手掛けたのがラース・フォン・トリアー監督(ダンサー・イン・ザ・ダークの監督)と知って納得。日本ではスポンサーがつかないような作品を制作してしまうところが、この監督のすごいところ、まさに鬼才!


人騒がせな作品では、ありますけど私はラジオで「サイコ」をすすめて下さったテリー伊藤さんにこの作品をお薦めします。こちらは「サイコ」の10倍サイコです!ラストでジャックが殺人を重ねて成しえたこと(映像)を見たらひっくり返りますよ(笑)


監督・脚本:ラース・フォン・トリアー


キャスト
マット・ディロン、ブルーノ・ガンツ、ユア・サーマン、シオバン・ファロン、ソフィー・グローベール、ライリー・キーオ、ジェレミー・デイビスほか


2018年デンマーク・フランス・ドイツ・スウェーデン合作映画
上映時間:2時間32分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


このシリーズもいよいよ大詰めです。
平成時代をお年玉年賀切手とアカデミー賞で振り返る第28回です

お年玉年賀平成28年.jpg平成28年お年玉年賀切手


2016年
第89回 アカデミー賞


作 品 賞 「ムーンライト」
主演男優賞 ケイシー・アフレック「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
主演女優賞 エマ・ストーン「ラ・ラ・ランド」
助演男優賞 マハーシャラ・アリ「ムーンライト」
助演女優賞 ビオラ・デイビス「フェンス」
監 督 賞 デミアン・チャゼル「ラ・ラ・ランド」
脚本賞<オリジナル> 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
脚本賞<脚色> 「ムーンライト」
撮 影 賞 「ラ・ラ・ランド」
美 術 賞 「ラ・ラ・ランド」
音響編集賞 「メッセージ」
編 集 賞 「ハクソー・リッジ」
作 曲 賞 「ラ・ラ・ランド」
歌 曲 賞 「シティ・オブ・スターズ」
衣装デザイン賞 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 「スーサイド・スクワッド」
視覚効果賞 「ジャングル・ブック」
短編賞<アニメ> 「ひな鳥の冒険」
短編賞<実写> 「合唱」
ドキュメンタリー映画賞<短編> 「ホワイト・ヘルメット シリア民間防衛隊」
ドキュメンタリー映画賞<長編> 「OJ:メイド・イン・アメリカ」
外国語映画賞 「セールスマン」
長編アニメ賞 「ズートピア」


授賞式/開催年 2017年

nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「アス」

8日23時、関東甲信越に台風15号が接近しています。防災広報の放送!けたたましく鳴り響く携帯の緊急速報にビクリ!みなさま、ご安全に!


アス.jpg


「ゲット・アウト」で注目されたジョーダン・ピール監督最新作「アス」は、「ゲット・アウト」同様ホラー系作品です。つまり「ホラー」はこの監督さんの得意ジャンルであることが、判明いたしました(笑)


夏のバカンスを家族で過ごそうとカリフォルニア州サンタクルーズの別荘にやって来たアデレードと夫のゲイブ、娘のゾーラと息子のジェイソン。ある日、友人たちと出掛けたビーチで起こる不気味な偶然。アデレードにとってトラウマな記憶が蘇るその夜、赤い着衣を身にまとった”私たち”が現れる。


ちょっとネタバレで恐縮ですが、ホラーも色々ありますけど、同じもう一組の家族(私たち)が、目の前に現れて襲ってくるっていうのも結構怖いものですね(笑) 最初は、家の入口で家族(私たち)が手をつないでたったままなので、何の冗談(監督がジョーダンだけに)だろ~?と思っていたら、家に入って来るんですもん(おっかねぇ~)。


オープニングのアデレードの過去の出来事は、???のまま引きずることになるのですが、エンディングで明かされる事実は衝撃的でした。”私たち”のユニフォーム(赤い着衣)も、邪教っぽくて、不気味な連帯感が不安を煽ります。


監督・脚本・制作:ジョーダン・ピール


キャスト
ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デューク、エリザベス・モス、ティム・ハイデッカー、シャハディ・ライト・ジョセフ、エヴァン・アレックスほか


2019年アメリカ映画
上映時間:1時間56分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


作品に因んで、最近起きた出来事です。毎月1日は、映画ファーストデイでサービス料金で鑑賞出来ることは、ご存知と思います。この機会を利用して劇場へ鑑賞に出掛けましたら、なんと空調の故障で鑑賞を予定していた作品が、上映中止となりました。この日お昼の上映時間帯は確かに暑かったので劇場も苦渋の決断だったようです。長年劇場に通って初めての体験でした(笑)

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

私がお世話になっているカットサロンで、応募したことすら覚えていないプレゼントキャンペーンのプレゼントが届きまして、伝票を確認してみましたら「食べる金箔」と記載されていました。箱を開けてみますとおしゃれな小瓶2本に本物の金箔が入っていて、”食べる”とありますがもったいなくて飾ってあります。ちなみに食べるとしたら”わさび醤油”で美味しくいただけるのか?色々と想いをめぐらせています(笑)


ワンスアポンアタイムインハリウッド.jpg


例によって気まぐれで鑑賞した「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」ですが、この作品の気まぐれ鑑賞は失敗に終りました。1969年のハリウッドを中心にしたエピソードなのですが、アメリカやハリウッドについての薄っぺらい知識ではこの作品を十分に楽しむことが出来ませんでした。これから鑑賞を予定されている方は、少なくともシャロンテート事件についての予習をお薦めします。
エンディングのバイオレンスシーンは、タランティーノ監督の怒りが込められていると感じました。


実力派俳優のレオナルド・ディカプリオさんとブラッド・ピットさんの初共演、W主演映画。ふたりの役どころは、落ち目のスター俳優 リック・ダルトンをレオナルド・ディカプリオさん。ブラッド・ピットさん演じるクリフ・ブースは、リック・ダルトンのスタントマン兼運転手であり、身の上の世話係でもあるよき相棒です。


リック・ダルトンとクリフ・ブースは、当時のハリウッドには実在しない人物で、二人の私生活、アメリカの当時の風景やファッションが詳しく再現されています。リック・ダルトンの活躍した番組やエピソード。クリフ・ブースの身体能力や愛犬の世話。リック・ダルトンの住居隣に越してきたハリウッドの寵児 ロマン・ポランスキー(「ローズマリーの赤ちゃん」の監督)夫妻。実は、この序盤がエンディングに繋がる大きな意味を持ちます。


アメリカの社会現象やハリウッドの歴史が色濃く反映されている作品であることからアメリカ人と遠く離れた日本人とではよほど通でない限り実感の度合いに開きがあることは否めません。事件の発端となるカルト集団のコミューンに足を踏み入れた時の不穏な空気感など伝わってはいても衝撃のラストを理解するためにはシャロンテート事件を詳しく知っておいた方が楽しみに分があります。鑑賞後シャロンテート事件を調べてみてなるほどと思った次第です(笑)


ドラマに登場したスティーブ・マックイーンさんやブルース・リーさんも当時の面影がよく表現されていて、イメージとは違う一面を楽しむことが出来ました。リック・ダルトンと共演する子役トルーディを演じるジュリア・バターズさんは、注目の新星です(オーラをひしひしと感じました)。出演しているダコタ・ファニングさんに全然気が付かなかったでの調べてみましたら、カルト集団の赤毛の女を演じていました。すっかり大人になられてびっくり、しゃっくり(笑)


監督・脚本:クエンティン・タランティーノ


キャスト
レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、エミール・ハーシュ、マーガレット・クアリー、ティモシー・オリファント、ジュリア・バターズ、ダコタ・ファニング、オースティン・バトラー、アル・パチーノほか


2019年アメリカ映画
上映時間:2時間41分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


最近ふと思ったのですが、昔鑑賞してつまらなかったと思った作品を同じ映画ファンが素晴らしいと評価していることについて、価値観や考え方の違いだけでは割り切れなくなりました。その答えが「ウルトラマン」の熱い熱い名セリフという冊子の”はじめに”の解説にありました。序文の一部を紹介します。


多くの人が子どものころに観た「ウルトラマンシリーズ」はこんなイメージではないでしょうか。ひと言でいえば、ウルトラマンが怪獣をやっつける番組です。無理もありません。ウルトラマンシリーズの前半部分、すなわち「怪獣や宇宙人がなぜ地球に現れたのか」という部分は、幼稚園児や小学生にはいささか難しすぎるのです。つまり、子どもの頃に観たウルトラマンの記憶のほとんどは後半部分の「格闘シーン」に集約されてしまいます。


大人になって観返すウルトラマンシリーズは、まったく様相が違ってきます。子どもの頃あれほど夢中になった格闘シーンは「どうせウルトラマンが勝つんだから」と、さほど観ることもなくなり、前半部分のヒューマンドラマに心を惹きつけられるのです。

そしてあることに気づきます。


「ウルトラマン」は、大人こそ観るべき作品なんだ!」と。


以上をセールストークと言ってしまえば身も蓋もありませんが、この序文はまさに的を射ていて、私はその小学生でした。ただ、好きで観ていた昔の映画もブログを始めてから観ている現在とでは、その観方、考え方も変わって来ていることを鑑みれば、もう一度観返してみることも必要なのではないか?そこに発見もあるのではないか?そんなことを思う訳であります。


ウルトラマンの名セリフ.jpg

nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の3件 | -