So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

「search(サーチ)」&「ボーダー・ライン」

12月です。現在「下町ロケット」にかじりついておりますが、もう一つ楽しみがあります。それは「下町ロケット」の番組スポンサーCM「BOSS」です。トミーリー・ジョーンズさんが看板になっているこのCM、今回はこたつでくつろいでいるところを堺 雅人さんに足をひっぱたかれて「痛っ!」っていうやつ。これ、ドリフのギャグみたいで笑っちゃいます(笑)


サーチ_edited-1.jpg

ストーリー展開がパソコンのモニターだけに終始するサスペンス作品「search(サーチ)」。映画の鑑賞記録を付け始めてから現在まで1518本鑑賞しておりますが、その中でも記憶にない斬新な手法にワクワク!鑑賞してドキドキする緊張感とどんでん返しにビックリ仰天!知的好奇心も満たしてくれる面白い作品でした。


パソコンのモニター画面の中でストーリーが進行する!こんな表現手法で楽しませてくれる本作は、音や迫力映像だけが全てではないという映画の可能性を提起してくれながらも鑑賞者を釘付けにする展開の面白さ、パソコンを利用している人にしてみればいつもの見慣れた光景の中で出来事が進行しているかのような錯覚感。言葉や文化は違っていても世界は間違いなくつながっていることを実感させられます。


今ではすっかり日常に溶け込んだ感のあるSNS。これを利用したごく普通の夫婦の記録から始まり、やがて夫婦は娘を授かり家族へ。娘が生まれてからの家族の楽しい想いでの記録から幸せな日々が伝わって参りますが、母親が他界する不幸も…。やがて娘は16歳に成長し、娘と父親の良好なコミニュケーションへと続きますが、ある日突然娘との連絡が途絶えます。父親は、娘との関係は良好と思っていたはずなのにいざ、行方不明となると娘のことをまったく知らなかった自分にガク然としつつ、手掛かりを探そうと娘のSNSの記録にアクセス。


PCのお陰で在宅勤務をしているお父さんは、この世界(ネット)の知識が深いからこそ、この作品が成立したという好例で便利な反面、ネット社会の怖さも描写されています。手掛かりのひとつに「ポケモン」が登場するあたり、ハリウッドでの「ポケモン」実写映画化の理由がわかるような気が致しました。


監督:アニーシュ・チャガンティ
脚本:アニーシュ・チャガンティ&セブ・オハニオン


キャスト
ジョン・チョー、デブラ・メッシング、ミシェル・ラー、ジョセフ・リー他


2018年アメリカ映画
上映時間:1時間42分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


ボーダーライン.jpg


国境を意味する「ボーダー・ライン」は、まさしくそこ(アメリカとメキシコの境界)で起きている事件を描いたアクション超大作です。リアルでは、トランプ大統領が、メキシコとの国境について声明を発表直後批判の嵐となったことも記憶に新しいですが、最新のニュースでも国境を越えて不正にアメリカへやってくるメキシコ移民の問題が取り沙汰されておりました。ひと昔前までは、麻薬。現在は麻薬以上に移民の問題にナーバスなようです。


移民に紛れてやってくるテロリストを何とかしようとアメリカ政府から依頼を受けた男グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)は、あちこちの修羅場で法律もルールも関係なく作戦を実行して来たCIAの猛者。結果がすべてである以上、成果を出すためには汚いことも辞さないわけですからそれなりのことを仕掛けようということです。


ところが、作戦は思いもよらぬ不測の事態へ!メキシコで信頼出来る味方アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)も孤立してしまい、政府からも作戦変更命令が…。なんか怖い世界のお話で、こんなの見せられちゃうとケネディ大統領の暗殺は絶対政府が絡んでいるな、なんて勘ぐっちゃいます。骨太な作品でした。


それにしましても国境というのは大変です。警備費はかかるし、何よりももめごとの種ですからね。


監督:ステファノ・ソッリマ
脚本:テイラー・シェリダン


キャスト
ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、イザベラ・モナー、ジェフリー・ドノヴァン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、キャサリン・キーナーほか


2018年アメリカ映画
上映時間:2時間2分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ギャングース」

11月最終日です。本日の朝刊記事に「ポケモン、初の実写映画化(ハリウッド)」とありました。ポケモンは、CGで描かれるとのことですが、実写版ってなんかイメージ湧いてこないのですが、大丈夫でしょうかね(笑) 「パシフィック・リム」のレジェンダリーが制作を行い渡辺 謙さんも出演だそうです(エッ!え~、謙さんがポケモンに~?こりゃ、観なきゃ~!)。でもちょっとこわいな~色々な意味で(笑) 来年5月公開予定。


ギャングース.jpg


人気コミックの映画化作品「ギャングース」。複雑な家庭環境や虐待などで社会からはみ出してしまった三人の若者たちの生業は、”タタキ(窃盗や強盗)”。裏社会で明日を生き抜く若者の姿が描かれたサバイバル青春ムービー!


性善説からすれば、好き好んでこんな商売してるわけじゃないけど、これしか俺たちに生きる道はない!そんな三人組は、ある出来事で手に入れた情報からオレオレ詐欺の”アガリ(収益金)”の秘密ルートを探り当て、それを横取り!しかし、その”アガリ”は裏社会で暗躍する犯罪組織カンパニー「六龍天」のものだった!この組織ににらまれたら逃げられない!案の定、手下衆に三人組の根城を発見されてしまいボコボコに!トップに知れたら命はないが、毎月一人50万を納めれば命だけは、保証するとの約束をさせられ、危ういところで一命を取り留める。毎月一人50万なんて払えるはずもなく、後の無い三人はアクションを起こす…。


オレオレ詐欺の犯罪手口、裏社会など実に原作者は詳しいみたいで、これがリアルなのでしょう(恐らく)。ルパン三世のようなカッコ良さは全くない三人組ではありますが、若いエナジーがほとばしり、勢いがあります。恵まれない環境で育った者どおしの結束はかたく、時にスマイル、チームワーク!けど、人の痛みもよく知っているから情けもあります。お仕事中のバックに流れる楽曲もノリノリ!でも彼らの後姿をみていると切なくてしょうがありませんでした。


監督:入江 悠
脚本:入江 悠、和田 清人
原作:肥谷 圭介、鈴木 大介


キャスト
三人組(高杉 真宙、加藤 諒、渡辺 大知)、林 遣都、伊東 蒼、山本 舞香、芦名すみれ、金子ノブアキ、篠田 麻里子他


2018年日本映画
上映時間:2時間


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


SNSでは、早くも第91回アカデミー賞の話題が上がっていました。記事の内容は、確定ではなく必ずやオスカーに絡むであろう10作品の紹介でした。その10作品をピックアップしますと。


1.アリー/スター誕生
2.グリーン・ブック(原題)
3.ROMA/ローマ
4.女王陛下のお気に入り
5.ビール・ストリートの恋人たち
6.ファーストマン
7.ブラック・クランズマン
8.ブラック・パンサー
9.ヴァイス(原題)
10.妻たちの落とし前


映画ファンにとっては、楽しみですね。

私がこの中で興味をもったのが、「ブラック・クランズマン」です。1970年代に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという大胆不敵な事件を克名につづったノンフィクション小説の映画化だそうです。なぜ興味を抱いたのかと申しますと子供の頃に見た雑誌「プレイボーイ」にカラーグラビアで掲載されていたKKKの異様ないでたちとKKKという文字の並びが目に焼き付いていたからです。当時の印象はまるでショッカー(仮面ライダー)の首領の集まりみたいでしたよ。もちろん、この人たちが、どういう団体なのかなんて知りませんでしたけど(笑)

nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「生きてるだけで、愛」

今年もあと一ヶ月と少々。スマホ(i-Phone)でカレンダーを眺めていて、このカレンダー何年先まであるのか気になってしまいまして、スクロールしてみましたら2100年、2500年、3000年…。まだ終わらない!5000年、8000年。結局12018年と1万年後まで来て一向に終わる気配なし(ちなみに1万年後は、今年と同じ曜日でした)!この流れだと99999年後までありそうなので、諦めようと思ったのですが、ならば遡ったらどうだろう?と今度は逆スクロール!なんと0年1月まで来ちゃいましたよ!さらにその先は、0年1月から逆スクロールで始まりました(笑) スクロールする私も私だけど、何よりもこれを作った技術者の根気に脱帽です(笑)


生きてるだけで愛.jpg


「ハード・コア」は人生が不器用な男たちのドラマでしたが、「生きてるだけで、愛」も人生に不器用な男女ふたりのラブストーリーです。


飲み会がキッカケで知り合った寧子(やすこ)と津奈木は、同棲しています。寧子はうつ病を患っており、しかも過眠症で朝が弱く、引きこもりで社会とは絶縁状態。仕事もしない、家事もしない、それでいてわがまま三昧な寧子に不満も言わず、仕事帰りには二人分のお弁当を買ってきて、好みのお弁当はレディファーストと優しい津奈木です。これじゃ、いけないんだと思いつつもどうすることも出来ない寧子のジレンマ。こんな関係が、3年近く続いたある日、自分を変えようと買い物に出掛けた寧子は、津奈木の元カノに発見され、別れるよう持ち掛けられる。


男と女の関係は、ミステリアスだと誰かが言ってましたけど、この二人の関係がまさにそれって感じです。明け透けで歯に衣着せぬ寧子に対し、向き合いこそすれど言われるがままの津奈木(寧子はこれが面白くない)。それでも別れず同棲しているということは、お互いが必要としているからなのでしょう。ただ、それをどう言葉にしてどう行動すればよいのかについて、お互い解らないけれど、心の深い部分ではなんとなく分かりあっているのかもしれません。なんか、心にじんわり沁みました。


寧子というキャラは、とても難易度の高い役柄だと思うのですが、演じた趣里さんの熱演は、サイコーでした。ファンになっちゃいましたよ(笑)


監督・脚本:関根 光才
原作:本谷 有希子


キャスト
趣里、菅田 将暉、田中 哲司、西田 尚美、松重 豊、石橋 静河、織田 梨沙、仲 里依紗他


2018年日本映画

上映時間:1時間49分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


ブログを書きながらよくナッツをパリポリやっているのですが、先々週でしたか、ラジオ ニッポン放送の「ラジオリビング」で、ももクロの百田さんがナッツ(毎日堅果)のPRにやってきて太鼓判をおしていましたので、購入してみましたらホント!美味しかったので大満足。ナッツと一緒に入っているクランベリーとレーズンが、ナッツと絡まってちょうど良い甘さを引き出して飽きさせないんです。4箱入りを購入したのですが、すぐになくなっちゃいそうです(笑)


毎日堅果.jpg


毎日堅果袋.jpg

nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の3件 | -