So-net無料ブログ作成

「パシフィック・リム/アップライジング」&「ラブレス」

お好みのジャンル映画、アカデミー賞ノミネート作品、マイブームのR指定作品とマイペースながら鑑賞を続けています。今回は、お好み作品、第90回 アカデミー賞ノミネート作品(R指定)の2本です。


パシフィック・リム2.jpg


「パシフィック・リム/アップライジング(字幕スーパー版)」は、前作のギレルモ・デル・トロ監督が制作にまわり、今作はスティーヴン・S・デナイト監督にバトンタッチ。これが長編映画デビュー作だそうですから、恵まれています。


怪獣の恐怖から解放された10年後の世界(環太平洋防衛軍も健在で、人型兵器 "イェーガー"  のパイロット訓練も続いています)。過去に怪獣が出現する異次元の裂け目を封印した英雄スタッカー・ペントコストの息子ジェイクが " やんちゃ " をやらかし逮捕されますが、高官となった森 マコの配慮で "イェーガー"  パイロット教官として防衛軍に復帰。そして間もなく人命のリスクを避けるために検討されていた無人の "イェーガー"  が配備決定を待っていた。


世代交代が進んだ "イェーガー" パイロットのドラマを中心に新キャラ、 "無人イェーガー"  の登場が、対怪獣の潮目を変えて行きます。 再び出現した怪獣が、大暴れする土俵が東京で、決戦は富士山という大サービスぶり!前作で世界を救った立役者のひとりニュートン・ガイズラー博士も立ち位置が変わり、無人 "イェーガー" 開発元であるシャオ産業の開発責任者であることも注目。日本の特撮、アニメ文化に対するリスペクトと愛、大金注ぎ込んでくれた迫力映像を、ファンなら見逃せないでしょう(笑)


制作会社のレジェンダリー・ピクチャーズが2016年に中国資本に買収されて以来、中国キャストの存在感が増していることもこの作品の大きな特徴です。


監督:スティーヴン・S・デナイト
脚本:スティーヴン・S・デナイト、エミリー・カーマイケル、キーラ・スナダー&T・S・ノーリン


キャスト
ジェイク・ペントコスト(ジョン・ボイエガ)、ネイサン・ランバート(スコット・イーストウッド)、アマーラ・ラマーニ(ケイリー・スピーニー)、ハーマン・ゴットリーブ(バーン・ゴーマン)、ニュートン・ガイズラー博士(チャーリー・デイ)、リーウォン・シャオ(ジン・テイエン)、森 マコ(菊地 凛子)、リョーイチ(新田 真剣佑)他


2018年アメリカ映画
上映時間:1時間51分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


ラブレス.jpg


第90回 アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品「ラブレス(字幕スーパー版)」は、ノミネートがきっかけという安易な鑑賞ですが、身につまされる作品でした。お話はシンプルなのですが、独特な映像、空気感、ストレートな会話のやりとりが作り物とは思えないくらいリアルで、現実逃避目的の鑑賞であったはずが、鑑賞途中で早く現実に戻りたいと思わしめた作品です。R指定の映像であることも言葉以上に効果がありました。


一流企業に勤める夫ボリスと高級美容サロンでマネジメントを任されている妻のジェーニャ。二人の関係は冷めきっていて、離婚協議中。ボリスには、すでに妊娠中の若い恋人マーシャがいて、ジェーニャにも裕福な年上の恋人アントンがいます。


家に帰らない夫、SNSに夢中の妻が久々に自宅で向き合えば口論が始まり、どちらが引き取るのか12歳の一人息子(アレクセイ)の押し付け合い。


夫婦は、自分の幸せのこと、離婚のこと、子供をどうするかで頭がいっぱい。そんなある日、アレクセイが3日間学校に来ていないとの知らせがジェーニャにあり、自宅に戻った様子もないアレクセイに気付く。警察に届けるが、警察も手が回らないとの理由から民間ボランティアに相談することを薦められる。


家出をしたアレクセイの捜索を民間ボランティアと協力して行うのですが、時間の経過とともに緊張感が高まって行きます。非の打ち所がなく、考えさせられる映画です。


監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
脚本:オレグ・ネギン、アンドレイ・ズビャギンツェフ


キャスト
ジェーニャ(マルヤーナ・スピヴァク)、ボリス(アレクセイ・ロズィン)、アレクセイ(マトヴェイ・ノヴァコフ)、マーシャ(マリーナ・ヴァシーリエヴァ)、アントン(アンドリス・ケイシス)他


2017年ロシア・フランス・ドイツ・ベルギー合作

上映時間:2時間7分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

感謝!お陰様で満10歳!わたし、こんな手順でブログ書いてます(笑)

2008年4月12日に産声を上げてからまる10年!ここまで続けることが出来たのも皆さまのお陰です。好きな映画を観たら終わりではなく、記録に残したいという気持ちとブログにチャレンジしてみようと始めたのが拙ブログです。



この10年間、色々な思いもありますがそれは置いといて、今回は拙ブログがどんな手順でアップされているのかを公開します。



手順1(下準備)

1)映画を観る、ついでに劇場に設置されているチラシコーナーからPRチラシや映画情報紙(誌)を収集

2)鑑賞作品の情報をPC入力

3)収集したPRチラシや映画情報紙(誌)を整理

チラシファイル.jpg



手順2(画像データ準備)

1)作品に関する資料(チラシ、DVD、情報紙)準備、確認

チラシファイル2.jpg

収集したチラシは、ファイルに入れて日付のタグを貼ります


DVD.jpg

鑑賞作品によっては、過去作品(所蔵DVD)の関連などを照合します


2)ヘッダーアイコンとしてのチラシスキャン

1.画像スキャン.jpg

スキャナーでの画像取り込み、初期は携帯で撮影したものを処理していました


3)チラシレタッチ(アプリは、PHOTO SHOP エレメンツ)

2.エレメンツ取り込み.jpg

画像を取り込んだ初期画面です


3.エレメンツ縮小.jpg

画像が大きすぎるとアップ出来ませんので、適当なサイズにレタッチします

最大1メガで収まるくらいに統一しています


手順3(記事準備)

1)下書きの下書き用アプリ(ファイルメーカー)起動

4.ファイルメーカー.jpg

記事は、ご覧のように画面が埋まった時点で終了です。

文字数は、1800字くらい。


5.ファイルメーカー.jpg

老眼のため、この文字サイズで記事を書くのはつらいです。

なので画面を拡大します


6.拡大版.jpg

記事は、あくまでも下書きの下書きなので、公開版は原型をとどめていない場合もあります

過去の記事は、このアプリですべて確認できますが、一度も見返したことはありません


2)記事下書き完了後ソネットブログへ


手順4(ソネットブログ)

1)画像アップ、記事コピペ(下書き保存)

2)下書きの段階で画像貼り付け、文字拡大、彩色、段落調整、誤字、脱字などの校正

3)完了記事アップ後公開画面を再チェックし、全体のバランスを観る

4)誤字、脱字や画像不具合などあれば再度修正し、再アップ


アップ完了!公開!


こんな感じでやってます、今後ともよろしくお願いいたします(笑)

nice!(34)  コメント(5) 
共通テーマ:映画

「ジュマンジ/ウェルカム・トゥー・ジャングル(先行上映)」&「ウィンストン・チャーチル」

4月です。楽しみにしていた作品がいよいよ公開直前!「パシフィック・リム~アップライジング~」、「レディ・プレイヤー1」、「アベンジャーズ~インフィニティ・ウォー~」!この3作は、入場料をはたいても構わないので、とにかく大きな画面、スペシャルな音響で贅沢を味わいながら陶酔したいと思います(笑)


ジュマンジ.jpg


昔、ロビン・ウィリアムスさん(故人)が出演していたシリーズの続編「ジュマンジ/ウェルカム・トゥー・ジャングル4DX(日本語吹替え版先行上映)」を鑑賞しました。とは言っても「ジュマンジ」は、初鑑賞です。どんな作品なのか興味8割で鑑賞したのですが、予想以上に面白かったです。


居残りを命じられた高校生4人が、放課後にバツとしてパソコン部屋を掃除のご奉仕中、そこに眠っていたゲーム「ジュマンジ」をプレイすると4人はジュマンジの世界に吸い込まれてしまいます。4人(男女各2名)は、容姿も性別も設定上の人物となり、特別なスキルを身に着けて謎解きをしながらピンチを切り抜け、危機に瀕したジュマンジの世界を救うというお話です。ゲームのルールもエピソードになっていますので、鑑賞者が、悩むこともありません。雌雄を決する勝負で見せる機転は、ゲーム経験者を唸らせます(そう来たか~)。4人の男女が、誰に扮するのかはお楽しみ!チラシに映っている名優たちの正体は、高校生だったのです。


アクションゲームの作品であることから4DXでの体感鑑賞も相性ぴったり!私の場合は、シートのバイブレーションが、マッサージ器のようで心地よかったです(疲れ溜まってるなぁ~)笑


監督:ジェイク・カスダン
脚本:クリス・マッケナ


キャスト
ブレイブストーン博士(ドウェイン・ジョンソン)、ムース・フィンバー(ケヴィン・ハート)、オベロン教授(ジャック・ブラック)、ルビー・ラウンドハウス(カレン・ギラン)、ナイジェル(リス・ダービー)、ヴァン・ペルト(ボビー・カナヴェイル)、スペンサー(アレックス・ウルフ)、フリッジ(サーダリウス・ブレイン)、ベサニー(マディソン・アイスマン)、マーサ(モーガン・ターナー)他


2017年アメリカ映画
上映時間:1時間59分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


ウィンストン・チャーチル.jpg


第90回アカデミー賞6部門ノミネート作品「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男(字幕スーパー版)は、主演のゲイリー・オールドマンさんが、主演男優賞に輝きました。また、メイクを担当した日本の辻 一弘さんが、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞する快挙を成し遂げました。


編集賞、録音賞、音響編集賞の3部門受賞に輝いた作品「ダンケルク」で描かれたダイナモ作戦。鑑賞者であれば記憶に新しいところですが、チャーチルがイギリスの首相に就任してからダイナモ作戦を実行するまでの27日間を描いたのが本作です。ダイナモ作戦が、首相就任後こんな短期間であったと知り、ちょっと驚きました。また、ヒトラーがダンケルクで侵攻の手を弱めたのは、戦死者(ドイツ兵の)を最小に留めたかった為という説やヒトラーがイギリスに恩を売っておきたかったためという説もあります(実は、両方だったりして・・・)。いずれにしましても本作と「ダンケルク」は繋がっています。2作品続けて鑑賞してみるのも面白いと思います。


注目したのは、やはりチャーチルですが、メイクと知らなければ気が付かないクオリティは、日本人として誇らしいです(目だけは、ゲイリー・オールドマンさんだとすぐに分かりましたけど・・・笑)。そしてチャーチルの人物像も魅力的で、シリアスの中に笑いがあるんです。ユーモアがあるんです。時代なんでしょうけど、葉巻をくゆらせて、お酒も大好き!名言も多く、演説の達人!間の取り方も抜群なゲイリー・チャーチル首相(間違った訳ではありません、こう呼ばせて下さい)は、最高でした!


監督:ジョー・ライト
脚本・制作:アンソニー・マクカーテン


キャスト
ウィンストン・チャーチル(ゲイリー・オールドマン)、クレメンティーン・チャーチル(クリスティン・スコット・トーマス)、エリザベス・レイトン(リリー・ジェームス)、ハリファックス子爵(スティーヴン・ディレイン)、ネヴィル・チェンバレン(ロナルド・ピックアップ)、国王ジョージ6世(ベン・メンデルソーン)他


2017年イギリス映画
上映時間:2時間5分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

nice!(35)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「ペンタゴン・ペーパーズ~最高機密文書~」

3月最終日です。昨日からプロ野球公式戦も開幕し熱戦が、繰り広げられています。応援しているDeNAベイスターズの活躍は勿論、ドキュメンタリー映画「FOR REAL」が、再びスクリーンに帰って来てくれることも期待しています(笑)


ペンタゴンペーパーズ.jpg


第90回アカデミー賞作品賞・主演女優賞ノミネート作品「ペンタゴン・ペーパーズ~最高機密文書~(字幕スーパー版)」は、受賞こそ逃しましたが見応え充分!1971年当時、地方紙のワシントン・ポストが政府を敵に回し、報道の自由・真実の公表を世に問う骨太作品です。


アメリカ国防総省(ペンタゴン)が、ベトナム戦争を当初より調査・分析していた資料(ペンタゴン・ペーパーズ)の一部をニューヨーク・タイムズがスクープ! 先を越されてしまったライバル紙のワシントン・ポストも一矢報いるべく奔走しますが、スクープして間もなくニューヨーク・タイムズが政府に訴えられてしまいます。残りの資料を独自のルートで入手したワシントン・ポストの発行人キャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)と編集主幹のベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)は、資料の公表に踏み切るか、撤退するかの重大な局面を迎えます。


興味深かったことは、なぜトップシークレットの資料が、流出したのか?新聞メディアを潰しにかかった歴代大統領が、ひた隠しにしたアメリカの闇、政府やその関係者と交友もあるキャサリン・グラハムの決断!そして、真実を世に伝える使命を貫こうとする記者たちの熱い信念です。このような要素もスピルバーグ監督のマジックにかかるとご覧の通り、一級の娯楽作品に化けてしまいます。


1971年のアメリカ大統領は、ニクソンです。小学生だった私は、ゴジラに夢中でしたからニクソン大統領のこと、ベトナム戦争のことなど気に掛けたこともなかった(正確に言うと解らなかった)のですが、今こうして作品を鑑賞してみると改めて歴史の面白さを感じ、感動しています(1982年に鑑賞したスピルバーグ監督の「ET」の時のような熱い想いが込み上げてきます)。


主演のメリル・ストリープさん、トム・ハンクスさんは、押しも押されもしない一流の役者さんですが、特にトム・ハンクスさんは、近年いい作品の出演が続いていますね。「キャプテン・フィリップス」、「ハドソン川の奇跡」、「ブリッジ・オブ・スパイ」などこの3作、全部いけてます。


監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:リズ・ハンナ&ジョシュ・シンガー
原題:「The Post」


キャスト
キャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)、ベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)、トニー・ブラッドリー(サラ・ポールソン)、ベン・バグディギアン(ボブ・オデンカーク)、フリッツ・ビーブ(トレイシー・レッツ)、アーサー・パーソンズ(ブラッドリー・ウィットフォード)他


2017年アメリカ映画
上映時間:1時間56分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


スピルバーグ監督、話題の最新作「レディ・プレイヤー1」がいよいよ4月20日に公開されます。どんな作品なのか今からワクワクしています。過去の作品を振り返れば納得!映画ファンの期待を裏切らないスーパー・ディレクターの作品ですから(笑)


レディープレイヤー1.jpg

nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ちはやふる~結び~」&「リバーズ・エッジ」

3月もカウントダウンとなりました。ラジオもテレビも4月からは番組改編の情報が流れています。少しづつ、世の中も変化していくわけですが、御多分に洩れず私も外回りの仕事から内勤へ(今週末で運転しながらのラジオも聴き納め。。。来月からは、タイムフリーで楽しみます)


ちはやふる~結び.jpg


「ちはやふる」シリーズ最終章「ちはやふる~結び~」が現在放映中ですが、このタイミングでの鑑賞は私にとって、勇み足になってしまいました。なぜなら日本映画専門チャンネルで4月1日に-上の句-/-下の句-が、連続放送されるからです。ケーブルテレビで視聴されていて「~結び~」をこれから鑑賞される方は、予習復習されてからの方がより作品を楽しめると思います。シリーズ前2作は、流れと勢いが、よかったので、そのノリで3作一気がお薦めです(笑)


幼馴染の千早、太一、新が、 " かるた " のご縁で紡ぐ青春ドラマの完結編は、競技かるたの高校全国大会バトルです。家庭の事情で " かるた " の一線から退いていた新が、かるた部を立ち上げ、ライバルとして千早の前に立ちはだかります。千早が所属する瑞沢高校かるた部も新入部員が加わり、全国大会制覇の夢と大学受験も控える微妙な時期を迎えている、そんな矢先予選を前に部長の太一が辞めてしまいます。


これで終わってしまうのかと思うと、惜しい気もしますが " 競技かるた " を深く知らなくても、観ていて熱くさせてくれるチームワークの一体感や更なる高みをめざす千早がとても頼もしく、身に纏う可愛らしい着物は、もはや戦闘服でした。


監督・脚本:小泉 徳宏
原作:末次 由紀「ちはやふる」


キャスト
綾瀬 千早(広瀬 すず)、真島 太一(野村 周平)、大江 秦(上白石 萌音)、西田 優征(矢本 悠馬)、駒野 勉(森永 悠希)、綿谷 新(新田真 剣佑)、我妻 伊織(清原 果耶)、若宮 詩暢(松岡 茉優)他


2018年日本映画
上映時間:2時間8分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


リバース・エッジ.jpg


岡崎 京子原作の「リバーズ・エッジ」は、同じ青春ドラマでも「ちはやふる」とは真逆の作品です。屈折した青春の群像劇か?はたまたこれが、現実の一部を切り取ったドラマなのか?表沙汰にはならないけれど毎日どこかで色々なことが、起きていて自分はただ、それを知らないだけ。対処しきれない虚無感、不安感、閉塞感を抱える危うい彼(彼女)ら。負のエネルギーは、いじめ、暴力に姿を変え、体の繋がり、或いは死体に癒しを求める。悟りの境地か、それとも絶望感か、彼らの会話はオブラートで包まず、ありのままの刺激臭がほのかに漂います。


良いも悪いも含めて青春!皮肉ではなく、青春って便利な言葉ですね(笑) このドラマに刺激されて、原作のコミック(復刻版)を購入して読んでみたのですが、キャスティングがハマっていました。ハルナ役の二階堂 ふみさんの体当り(みんな体当りでしたけど)演技は、良い意味で絶句しましたよ(そこまでやるっ!笑) 二階堂 ふみさんって、今までにない独自の大女優をめざしているのでしょうか?心の騒ぐ作品でした。


本作は、R指定の作品ですが、R指定作品は面白いですね。大人の特権であり、 " トゥルー・ムービー " を観ていると実感します。密かなマイブームです(笑)


監督:行定 勲
脚本:瀬戸山 美咲
原作:岡崎 京子「リバーズ・エッジ」


キャスト
若草 ハルナ(二階堂 ふみ)、山田 一郎(吉沢 亮)、田島 カンナ(森川 葵)、観音崎(上杉 柊平)、吉川 こずえ(SUMIRE)、小山 ルミ(土居 志央梨)他


2018年日本映画
上映時間:1時間58分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


オリジナル復刻版 コミック

リバース・エッジ復刻版.jpg

nice!(23)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「北の桜守」

桜の開花が始まり、お花見の季節がやって参りました。車で劇場に向かうまでの間に、いきなり花粉症に見舞われて、鑑賞中に鼻水とくしゃみ連発!薬を忘れたのは失敗でした。


北の桜守.jpg


吉永 小百合さん、映画出演120本目にあたる「北の桜守」は、北の三部作と呼ばれ「北の零年」、「北のカナリアたち」に続く最終章だそうであります。私は、三部作ということはぜんぜん意識していなかったのですが、一応コンプリート鑑賞出来たので良かったと思います(笑) 作品のロケ地である北海道は、47都道府県の中で遠方としては、一番多く出掛けた地であり、愛着感もひとしお。宗谷岬までのツーリングでは、北海道にゴキブリと蚊はいないと聞いていたのですが、旭川でキャンプしたとき、蚊に喰われたので間違いの情報であることを知りました(笑)


 " ドラマとは、退屈な部分がカットされた人生である " これは、アルフレッド・ヒッチコック監督の名言ですが、北の三部作こそ、正にそのまんま。いずれも吉永 小百合さんの役どころは、辛く、切ない人生をひた向きに強く生き抜いた女性(ひと)ではなかったかと思い起こされます。


本土から持ち寄った苗を子どもの成長とともに見守ってきた桜が開花した1945年、樺太の西海岸にある恵須取(えすとる)。ここで製材所を営む江蓮(えづれ) 家では、息子(長男)の成長を象徴する桜の開花を祝っていました。その喜びも束の間、この年の8月、ソ連の侵攻によって幸せな家族の生活は、一変します。


時が経過した1971年の札幌で、華々しくオープンしたホットドッグストア「ミネソタ」。そこで社長を務めるのは、江蓮家の次男 修二郎(堺 雅人)でした。高い目標を掲げ、妻の真理と共に日々追われる修二郎に役所から電話が入り、長い間音信の無かった母親のてつ(吉永 小百合)を網走に訪ねます。


この作品は、舞台劇を織り交ぜた手法で表現されますが、要所要所に挟みこまれているため、効果的で印象に残る演出でした。修二郎がてつを引き取り、久しく親子で暮らす日々が始まりますが、てつの異変も然ることながらドラマの進行に違和感を覚えるんです(どんな違和感かは、ネタバレになりますので控えます)。過去の辛い出来事が、修二郎とてつの旅の中で次第に明かされることで違和感は解消されますが、涙と交換でした。


話は、変わりますが北海道のツーリング(1994年)は、何も予定を立てないで風の吹くまま、気の向くままを気取った5日間のキャンプ旅でした。とにかくその広さにショックを受けました(でもライダーに対して、土地の人はやさしくて、最高!)。大沼公園でキャンプをした翌日、苫小牧から襟裳岬が見えると思っていたのですが、「見えねぇ~!」あまりにも遥か彼方なので、ビビッて北上、北海道ぐるっと一周を、諦め宗谷岬をめざします。2日目の旭川で蚊に喰われて、3日目に宗谷岬着。ダ・カーポの曲「宗谷岬」が、お店から繰り返し流れる中、記念写真を撮って、留萌でのキャンプは雨!「温泉どこだ~、風呂入りてぇ~!」4日目は、札幌~小樽を彷徨って5日間トータル3,000キロの走りっぱのツーリング。観光のかの字もなく、何が楽しかったんだろう?強いて言うならば北海道の広さの物差しが、身に付きましたよ~(笑) 皆さん、時間の限られた旅はちゃんと予定を立てた、綿密な行動をお薦めします!(あの頃は、若かった)


監督:滝田 洋二郎
脚本:那須 真知子


キャスト
江蓮 てつ(吉永 小百合)、江蓮 修二郎(堺 雅人)、江蓮 真理(篠原 涼子)、江蓮 徳次郎(阿部 寛)、菅原 信治(佐藤 浩市)、山岡 和夫(岸辺 一徳)他


2018年日本映画
上映時間:2時間6分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


主演の吉永 小百合さんが、「北の桜守」出演作品120本になることを記念して発行された「私が愛した映画たち」を購入しました。吉永 小百合さんが、大女優であることは、存じておりますが、映画についてどのようなお考えをお持ちなのか、お勉強させていただきます。


私が愛した映画たち.jpg

nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る