So-net無料ブログ作成
2018年05月| 2018年06月 |- ブログトップ

「空飛ぶタイヤ」

2018 ワールドカップ ロシア大会が開幕し、明日19日はいよいよニッポン対コロンビア戦です。20日の朝刊記事には、カラーで大きく(強調)紙面を飾ってくれることを期待しています(笑)


空飛ぶタイヤ.jpg


ワールドカップも熱いけど、この映画も熱く戦う男のドラマ!池井戸 潤さん原作の「空飛ぶタイヤ」です。自社トレーラーの脱輪事故で整備不良を疑われた赤松運送社長 赤松 徳郎(長瀬 智也)は、整備担当者の記録から整備に落ち度はないと判断し、部品調査に携わった製造元のホープ自動車に再調査を依頼するが、梨のつぶて。他で起きた同じトレーラーの事故情報を足掛かりに、独自調査で見えて来た部品の欠陥。経営危機に追い込まれ、苦しい状況の中赤松は整備不良を指摘したホープ自動車に戦いを挑む!


見応えのある作品でした。よく新聞の記事で大手自動車会社が自動車部品のリコールを申請したと見かけますが、これは社会的責任として真摯に対応した大人の企業です(大人とは責任を果たすという意味です)。ドラマに登場するホープ自動車は、リコールに掛かる莫大な利益損失を免れるために部品の欠陥を隠蔽し、中小運送会社の整備不良だと責任転嫁するんです(これは怒るでしょ)。しかも事故で死傷者が出てしまった以上、マスコミにも取り上げられ経営危機の窮地に立たされた赤松が、どう逆転するのか?立場の弱い中小のリアル、巨大組織の闇体質など臨場感増し増しです(笑)


池井戸 潤さん原作のドラマで、個人的に入口となったのは「半沢直樹」ですが、今見直してみても面白いですねぇ~。働く者の目線にあって、仕事に掛ける情熱やマニアックさ、仲間の助けや家族の応援、そして思わぬ展開に大逆転!「半沢直樹」では奥さん(上戸 彩)の活躍がポイント高くて、ほっこりしました(笑)長瀬さんは、「フラジャイル」という医療ドラマの病理医 岸京一郎役がとても印象に残っています。これもハマりました。


作品のテーマ曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」は、サザンが乗りよく仕上げて下さいました。リズムが作品にピッタリで、予告編では鑑賞者も闘いに駆り立てられるよな気持ちになりました(笑)


監督:本木 克秀
脚本:林 民夫
原作:池井戸 潤


キャスト
赤松 徳郎(長瀬 智也)、沢田 悠太(ディーン・フジオカ)、井崎 一亮(高橋 一生)、狩野 威(岸辺 一徳)、小牧 重道(ムロツヨシ)、高幡 真治(寺脇 康文)、赤松 史絵(深田 恭子)、榎本 優子(小池 栄子)、宮代 直吉(笹野 高史)他


2018年日本映画
上映時間:2時間


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


作品に関連した新聞記事がありました。本作「空飛ぶタイヤ」や「万引き家族」のロケ地となった神奈川県綾瀬市で制作者側の感謝の意味で「空飛ぶタイヤ」は、ロケ地に看板が実現。市役所には「万引き家族」の台本や是枝監督のサインが展示されているそうです。

nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「万引き家族」&「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」

関東も梅雨入りして、プロ野球も交流戦真っ最中。14日からは、サッカー「ワールドカップ1次リーグ」が始まります(ニッポン大丈夫かな)? 今回は、家族がテーマの邦画2本です。


万引き家族.jpg


オリジナルの作品に「万引き家族」というタイトルを是枝監督は、つけました。監督は、社会派の監督というイメージが定着していますのでコメディでないことは、解っています。世界からは、恵まれた裕福な国家、貢献する国家として見られている?ニッポンで起きているリアル。国民が悪いのか?政治が悪いのか?答えは難しい、訳あり家族の物語。色々な問題が、凝縮された家族という構成。産みの親より、育ての親といいますけど、万引きは生活する為の暗黙の了解、家族という単位内でのお約束。人には言えない過去や辛い現状に置かれた者どうしの心のセイフティネット、そんな中で彼らなりの理想(家族の)を装っていたのかも知れません。


「社会に一石を投じる!」この言葉を監督は、意識されたかされないか?立場のない弱者への愛も数滴仕込まれているようにも思えます。


ばあちゃんの年金と万引きで生計を立てていること以外は、一見何の変哲もない家族。ある晩、同じ町内の団地で虐待を受けている少女を連れてきてしまったことで、従来の”家族”の営みに異変が生じます。連れてこられた少女は、暖かく迎え入れてくれた”家族”に馴染もうと、万引きも厭いませんが、コンビを組んでいた翔太が駄菓子屋のじいちゃんに呼び止められ、言われた一言で、心境に変化が…。


第71回カンヌ映画祭最高賞「パルムドール賞」を21年ぶりに受賞した本作、どこの国でも抱えている問題として共感が得られたのか?それは解りません。私が是枝監督のことを初めて印象深く心に抱いたのは、「誰も知らない」です。当時子役だった柳楽 優弥さんのデビュー作でもあり、第57回カンヌ映画祭 最優秀男優賞を受賞しています。「誰も知らない」もやはり家族の物語だったのですが、自立出来ていない弱い立場の子どもの問題が絡むという点では、同じ匂い、空気を感じました。


原案・監督・脚本・編集:是枝 裕和


キャスト
治(リリー・フランキー)、信代(安藤 サクラ)、翔太(城桧吏)、初枝(樹木 希林)、亜紀(松岡 茉優)、じゅり(佐々木 みゆ)他


2018年日本映画
上映時間:2時間


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


家に帰ると.jpg


「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」このタイトルもかなりインパクトありますが、客寄せパンダ的なところは良しとして、これが実話というから気になって仕方がありませんでした(世の中にこんな奇特な奥様が存在するなんて…でも、なぜ!?)。


本作はYahoo!知恵袋に投稿された質問が、映画化されたそうです。サラリーマン夫婦の結婚生活について、映画の中で語られる赤裸々な日常。好きどおしでくっついたんだから気楽に過ごせば~っと独身の身分(一個人)からすれば言いたいところですが、旦那は前妻と3年で離婚経験のあるバツイチで夫婦生活にトラウマを抱えているんです。そんな結婚3年目にして奥様が、始めた死んだふり!旦那にとっては不安の火に油を注ぐかのような行為に戸惑っています。会社の後輩に相談したり、奥さんに真相を訪ねたり…。でも奥さんは、こう答えるんです「月が綺麗ですね~」。


旦那を演じた安田 顕さんと奥さん演じた榮倉 奈々さんが、またハマっているんですよ。特に奥さんの榮倉 奈々さん(い~わぁ~)。お話を知っての感想ですけど、この奥さん、なんて心根の優しい人なんだろう!この人だったら絶対幸せにしてあげたいって思わされちゃいましたよ~(笑)


奥さんが答えた「月が綺麗ですね~」ですが、実はこの逸話を私今まで知らなかったんです(勉強になりました:笑)。
では、早速使わせていただきます。皆さん、「月が綺麗ですね~」!


監督:李闘士男
脚本:坪田 文
原作:「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」PHP研究所刊/作:K.Kajunsky


キャスト
ちえ(榮倉 奈々)、旦那(安田 顕)、旦那の後輩(大谷 亮平)、後輩の嫁(野々すみ花)、旦那の上司(浅野 和之)、クリーニング店主(品川 徹)、ちえの父(蛍雪 次朗)他


2018年日本映画
上映時間:1時間55分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「デッドプール2」

6月6日です。映画に登場するキャラの誕生日で唯一出てくるのが「オーメン」のダミアン(6月6日6時)。今日は誕生日だからサプライズは?とおねだりする人が時々おりますが、主張しないで人に誕生日を強烈に印象づけたキャラという意味では、表彰ものですよね(笑)


DP2.jpg


多くのヒーローの中でも「芸人ヒーロー」と言えば、デッドプールが筆頭です。撃たれても刺されても死なない不死身の肉体、しかも高い戦闘能力を併せ持ち、ほおっておくとダークサイドにも落ちかねない危なっかしい存在。これではX-MENも勧誘に走ります(笑) X-MENのメンバーに忽那 汐里さんがユキオ役で登場していますのでこちらもご注目!


ジョーク飛ばしながら敵と戦うって、とても疲れると思うんですが、戦う相手だけでなく鑑賞者の空気も読んでそれをやってのけるから人気者なんでしょう(笑) 興行面でトップを走っていた「コナン」から初登場で1位のバトンを受け取り、ウィキペディアにはネタバレ含めて全部ストーリーを掲載(現在は修正されたみたいです)されて大ヒンシュクをかったなんてネットでも話題になりました。


続編の本作「デッドプール2(字幕スーパー版)」は、特殊能力を持った少年を狙って未来からやってきた最強の敵 ”ケーブル” との闘いが見どころ。この敵、あんまりにも強いんでデッドプールもXフォースなんて適当なチームを結成して対抗しちゃいます(適当な寄せ集めなんで、笑っていいんだか、悪いんだか…何人生き残るんでしょうか?)。少年を狙って未来からやって来た敵ってなんだか「ターミネーター」みたいだけど、パクリも芸の内。憎めませんね(笑) あれはダメ!これもダメ!を平然とやってのけるヒーローは、不死身だからこそ試せる自殺ごっこ?(禁句)こんな心境に彼を追い詰めた出来事も宿命で、あの世とこの世を行ったり来たりと何でもあり!映画の世界は「オアシス」ですから、これからも存分に暴れて欲しいと思いました。


X-MENに勧誘された彼は、「見習い」から始まり、お約束のようにはく奪されてしまうんですけど、最後の不死身のからだを張った行動は、「見習い」から「助手」に昇格かもしれません(笑)


監督:デヴィッド・リーチ
脚本:レット・リース&ポール・ワーニック&ライアン・レイノルズ


キャスト
デッドプール(ライアン・レイノルズ)、ケーブル(ジョシュ・ブローリン)、ヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)、ドーピンダー(カラン・ソーニ)、ユキオ(忽那 汐里)ほか


2018年アメリカ映画
上映時間:2時間
原題「DEADPOOL2」


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

2018年05月|2018年06月 |- ブログトップ
メッセージを送る