So-net無料ブログ作成

「ペンタゴン・ペーパーズ~最高機密文書~」

3月最終日です。昨日からプロ野球公式戦も開幕し熱戦が、繰り広げられています。応援しているDeNAベイスターズの活躍は勿論、ドキュメンタリー映画「FOR REAL」が、再びスクリーンに帰って来てくれることも期待しています(笑)


ペンタゴンペーパーズ.jpg


第90回アカデミー賞作品賞・主演女優賞ノミネート作品「ペンタゴン・ペーパーズ~最高機密文書~(字幕スーパー版)」は、受賞こそ逃しましたが見応え充分!1971年当時、地方紙のワシントン・ポストが政府を敵に回し、報道の自由・真実の公表を世に問う骨太作品です。


アメリカ国防総省(ペンタゴン)が、ベトナム戦争を当初より調査・分析していた資料(ペンタゴン・ペーパーズ)の一部をニューヨーク・タイムズがスクープ! 先を越されてしまったライバル紙のワシントン・ポストも一矢報いるべく奔走しますが、スクープして間もなくニューヨーク・タイムズが政府に訴えられてしまいます。残りの資料を独自のルートで入手したワシントン・ポストの発行人キャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)と編集主幹のベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)は、資料の公表に踏み切るか、撤退するかの重大な局面を迎えます。


興味深かったことは、なぜトップシークレットの資料が、流出したのか?新聞メディアを潰しにかかった歴代大統領が、ひた隠しにしたアメリカの闇、政府やその関係者と交友もあるキャサリン・グラハムの決断!そして、真実を世に伝える使命を貫こうとする記者たちの熱い信念です。このような要素もスピルバーグ監督のマジックにかかるとご覧の通り、一級の娯楽作品に化けてしまいます。


1971年のアメリカ大統領は、ニクソンです。小学生だった私は、ゴジラに夢中でしたからニクソン大統領のこと、ベトナム戦争のことなど気に掛けたこともなかった(正確に言うと解らなかった)のですが、今こうして作品を鑑賞してみると改めて歴史の面白さを感じ、感動しています(1982年に鑑賞したスピルバーグ監督の「ET」の時のような熱い想いが込み上げてきます)。


主演のメリル・ストリープさん、トム・ハンクスさんは、押しも押されもしない一流の役者さんですが、特にトム・ハンクスさんは、近年いい作品の出演が続いていますね。「キャプテン・フィリップス」、「ハドソン川の奇跡」、「ブリッジ・オブ・スパイ」などこの3作、全部いけてます。


監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:リズ・ハンナ&ジョシュ・シンガー
原題:「The Post」


キャスト
キャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)、ベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)、トニー・ブラッドリー(サラ・ポールソン)、ベン・バグディギアン(ボブ・オデンカーク)、フリッツ・ビーブ(トレイシー・レッツ)、アーサー・パーソンズ(ブラッドリー・ウィットフォード)他


2017年アメリカ映画
上映時間:1時間56分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


スピルバーグ監督、話題の最新作「レディ・プレイヤー1」がいよいよ4月20日に公開されます。どんな作品なのか今からワクワクしています。過去の作品を振り返れば納得!映画ファンの期待を裏切らないスーパー・ディレクターの作品ですから(笑)


レディープレイヤー1.jpg

nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ちはやふる~結び~」&「リバーズ・エッジ」

3月もカウントダウンとなりました。ラジオもテレビも4月からは番組改編の情報が流れています。少しづつ、世の中も変化していくわけですが、御多分に洩れず私も外回りの仕事から内勤へ(今週末で運転しながらのラジオも聴き納め。。。来月からは、タイムフリーで楽しみます)


ちはやふる~結び.jpg


「ちはやふる」シリーズ最終章「ちはやふる~結び~」が現在放映中ですが、このタイミングでの鑑賞は私にとって、勇み足になってしまいました。なぜなら日本映画専門チャンネルで4月1日に-上の句-/-下の句-が、連続放送されるからです。ケーブルテレビで視聴されていて「~結び~」をこれから鑑賞される方は、予習復習されてからの方がより作品を楽しめると思います。シリーズ前2作は、流れと勢いが、よかったので、そのノリで3作一気がお薦めです(笑)


幼馴染の千早、太一、新が、 " かるた " のご縁で紡ぐ青春ドラマの完結編は、競技かるたの高校全国大会バトルです。家庭の事情で " かるた " の一線から退いていた新が、かるた部を立ち上げ、ライバルとして千早の前に立ちはだかります。千早が所属する瑞沢高校かるた部も新入部員が加わり、全国大会制覇の夢と大学受験も控える微妙な時期を迎えている、そんな矢先予選を前に部長の太一が辞めてしまいます。


これで終わってしまうのかと思うと、惜しい気もしますが " 競技かるた " を深く知らなくても、観ていて熱くさせてくれるチームワークの一体感や更なる高みをめざす千早がとても頼もしく、身に纏う可愛らしい着物は、もはや戦闘服でした。


監督・脚本:小泉 徳宏
原作:末次 由紀「ちはやふる」


キャスト
綾瀬 千早(広瀬 すず)、真島 太一(野村 周平)、大江 秦(上白石 萌音)、西田 優征(矢本 悠馬)、駒野 勉(森永 悠希)、綿谷 新(新田真 剣佑)、我妻 伊織(清原 果耶)、若宮 詩暢(松岡 茉優)他


2018年日本映画
上映時間:2時間8分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


リバース・エッジ.jpg


岡崎 京子原作の「リバーズ・エッジ」は、同じ青春ドラマでも「ちはやふる」とは真逆の作品です。屈折した青春の群像劇か?はたまたこれが、現実の一部を切り取ったドラマなのか?表沙汰にはならないけれど毎日どこかで色々なことが、起きていて自分はただ、それを知らないだけ。対処しきれない虚無感、不安感、閉塞感を抱える危うい彼(彼女)ら。負のエネルギーは、いじめ、暴力に姿を変え、体の繋がり、或いは死体に癒しを求める。悟りの境地か、それとも絶望感か、彼らの会話はオブラートで包まず、ありのままの刺激臭がほのかに漂います。


良いも悪いも含めて青春!皮肉ではなく、青春って便利な言葉ですね(笑) このドラマに刺激されて、原作のコミック(復刻版)を購入して読んでみたのですが、キャスティングがハマっていました。ハルナ役の二階堂 ふみさんの体当り(みんな体当りでしたけど)演技は、良い意味で絶句しましたよ(そこまでやるっ!笑) 二階堂 ふみさんって、今までにない独自の大女優をめざしているのでしょうか?心の騒ぐ作品でした。


本作は、R指定の作品ですが、R指定作品は面白いですね。大人の特権であり、 " トゥルー・ムービー " を観ていると実感します。密かなマイブームです(笑)


監督:行定 勲
脚本:瀬戸山 美咲
原作:岡崎 京子「リバーズ・エッジ」


キャスト
若草 ハルナ(二階堂 ふみ)、山田 一郎(吉沢 亮)、田島 カンナ(森川 葵)、観音崎(上杉 柊平)、吉川 こずえ(SUMIRE)、小山 ルミ(土居 志央梨)他


2018年日本映画
上映時間:1時間58分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


オリジナル復刻版 コミック

リバース・エッジ復刻版.jpg

nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「北の桜守」

桜の開花が始まり、お花見の季節がやって参りました。車で劇場に向かうまでの間に、いきなり花粉症に見舞われて、鑑賞中に鼻水とくしゃみ連発!薬を忘れたのは失敗でした。


北の桜守.jpg


吉永 小百合さん、映画出演120本目にあたる「北の桜守」は、北の三部作と呼ばれ「北の零年」、「北のカナリアたち」に続く最終章だそうであります。私は、三部作ということはぜんぜん意識していなかったのですが、一応コンプリート鑑賞出来たので良かったと思います(笑) 作品のロケ地である北海道は、47都道府県の中で遠方としては、一番多く出掛けた地であり、愛着感もひとしお。宗谷岬までのツーリングでは、北海道にゴキブリと蚊はいないと聞いていたのですが、旭川でキャンプしたとき、蚊に喰われたので間違いの情報であることを知りました(笑)


 " ドラマとは、退屈な部分がカットされた人生である " これは、アルフレッド・ヒッチコック監督の名言ですが、北の三部作こそ、正にそのまんま。いずれも吉永 小百合さんの役どころは、辛く、切ない人生をひた向きに強く生き抜いた女性(ひと)ではなかったかと思い起こされます。


本土から持ち寄った苗を子どもの成長とともに見守ってきた桜が開花した1945年、樺太の西海岸にある恵須取(えすとる)。ここで製材所を営む江蓮(えづれ) 家では、息子(長男)の成長を象徴する桜の開花を祝っていました。その喜びも束の間、この年の8月、ソ連の侵攻によって幸せな家族の生活は、一変します。


時が経過した1971年の札幌で、華々しくオープンしたホットドッグストア「ミネソタ」。そこで社長を務めるのは、江蓮家の次男 修二郎(堺 雅人)でした。高い目標を掲げ、妻の真理と共に日々追われる修二郎に役所から電話が入り、長い間音信の無かった母親のてつ(吉永 小百合)を網走に訪ねます。


この作品は、舞台劇を織り交ぜた手法で表現されますが、要所要所に挟みこまれているため、効果的で印象に残る演出でした。修二郎がてつを引き取り、久しく親子で暮らす日々が始まりますが、てつの異変も然ることながらドラマの進行に違和感を覚えるんです(どんな違和感かは、ネタバレになりますので控えます)。過去の辛い出来事が、修二郎とてつの旅の中で次第に明かされることで違和感は解消されますが、涙と交換でした。


話は、変わりますが北海道のツーリング(1994年)は、何も予定を立てないで風の吹くまま、気の向くままを気取った5日間のキャンプ旅でした。とにかくその広さにショックを受けました(でもライダーに対して、土地の人はやさしくて、最高!)。大沼公園でキャンプをした翌日、苫小牧から襟裳岬が見えると思っていたのですが、「見えねぇ~!」あまりにも遥か彼方なので、ビビッて北上、北海道ぐるっと一周を、諦め宗谷岬をめざします。2日目の旭川で蚊に喰われて、3日目に宗谷岬着。ダ・カーポの曲「宗谷岬」が、お店から繰り返し流れる中、記念写真を撮って、留萌でのキャンプは雨!「温泉どこだ~、風呂入りてぇ~!」4日目は、札幌~小樽を彷徨って5日間トータル3,000キロの走りっぱのツーリング。観光のかの字もなく、何が楽しかったんだろう?強いて言うならば北海道の広さの物差しが、身に付きましたよ~(笑) 皆さん、時間の限られた旅はちゃんと予定を立てた、綿密な行動をお薦めします!(あの頃は、若かった)


監督:滝田 洋二郎
脚本:那須 真知子


キャスト
江蓮 てつ(吉永 小百合)、江蓮 修二郎(堺 雅人)、江蓮 真理(篠原 涼子)、江蓮 徳次郎(阿部 寛)、菅原 信治(佐藤 浩市)、山岡 和夫(岸辺 一徳)他


2018年日本映画
上映時間:2時間6分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


主演の吉永 小百合さんが、「北の桜守」出演作品120本になることを記念して発行された「私が愛した映画たち」を購入しました。吉永 小百合さんが、大女優であることは、存じておりますが、映画についてどのようなお考えをお持ちなのか、お勉強させていただきます。


私が愛した映画たち.jpg

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「リメンバー・ミー」&「ブラック・パンサー」

先週のラジオ ニッポン放送「金曜ブラボー」で上ちゃんこと上柳アナのお薦めで知ったBS民放5局特別企画「池上 彰の5夜連続BIG対談」を視聴しています。民放が局をリレーする特別企画(いい企画です)、解りやすい解説でお馴染みの池上 彰さんと日本の各分野で活躍されるお歴々の皆さまとの文字通りビッグな対談は、見応え充分!昨日は、橋田 壽賀子さん、本日は美輪 明宏さんでした。ハッとする気付きやお考え、とても勉強になります。


リメンバー・ミー.jpg


第90回アカデミー賞長編アニメ映画賞を受賞した「リメンバー・ミー(日本語吹き替え版)」は、2006年からディズニーの傘下に入ったピクサー社の作品です。「トイ・ストーリー」で世に3DCGを印象付けたパイオニアは、常に新しいことにチャレンジし続けています!今回は、 ” 死者の国 " で待ち受ける家族の絆と冒険が描かれた物語です。日本語吹替えバージョンの映像サービスがうれしい!


家族の過去の悲劇で音楽を禁じられている少年ミゲルは、伝説のミュージシャン、デラクルスに魅せられミュージシャンを夢見ています。ある日ミゲルは、デラクルスのお墓に忍び込み、彼のギターで奏でた瞬間 ” 死者の国 " へと入ってしまい、そこで自分のご先祖様とご対面。音楽に纏わる過去の事件が、そこから始まっていることや日の出までに現世に戻らないとミゲルは家族と永遠に会えなくなってしまうという制約の中で、ある願いをもったヘクターと出会います。


作品で描かれる死者の国って、天国でもなければ地獄でもない現世の延長線上に存在するかのような世界観です(オレンジ色が際立つ夜の雰囲気が、どことなく日本の縁日とかぶります)。この世界のことわりなのか子孫に存在を忘れ去られてしまうと消滅してしまう二度目の死が待っているという宗教観も独特ですが、死後の世界でも不安から開放されることがないという部分においては、ちと残酷な一面も…(笑)陽気な音楽と夢の世界のような色彩美、家族の絆は、現世も死者の国も繋がっていて、思いがけない仕掛けが涙を誘い、楽しませてくれました。


監督:リー・アンクリッチ
脚本:エイドリアン・モリーナ、マシュー・アルドリッチ


キャスト(日本語吹き替え版)
ミゲル(石橋 陽彩)、ヘクター(藤木 直人)、エルネスト・デラクルス(橋本 さとし)、ママ・イメルダ(松雪 泰子)、おばあちゃん(磯辺 万沙子)、お父さん(横山 だいすけ)、パパ・フリオ(多田野 曜平)他


2017年アメリカ映画
上映時間:1時間45分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


ブラックパンサー.jpg


いよいよ「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」の公開が、近づいて参りました。そのドラマに関連した「ブラック・パンサー(字幕スーパー版)」のベールが満を持してオープンになりました。太古に落下した隕石(ヴィブラニウム)を研究し、独自のテクノロジーで繁栄し、世界から鳴りを潜めていたアフリカの小国ワカンダ。この国の王ティ・チャカの後継者となったティ・チャラが、ハイテクスーツを纏ったブラック・パンサーになり活躍するアクション大作。


新国王ティ・チャラは、盗み出されたヴィブラニウムの裏取引きを阻止すべくブラック・パンサーとなって表舞台に姿を現しますが、前国王の因縁からワカンダの後継者を巡り、その権利を主張するキルモンガーとの主権争いが勃発。邪悪なキルモンガーに王座を奪われ、最大の危機を迎えるワカンダ王国。王とヒーローの二つの顔を持つブラック・パンサーとワカンダの秘密が、描かれた本作は、世界の主要国以上のテクノロジーを持つワカンダ王国の方向性、地球の運命をも左右するヴィブラニウムを巡る戦いに着目。


これまで様々なヒーローが登場し、タッグを組んで来た中で新たにアベンジャーズに加わるブラック・パンサーとワカンダのデクノロジー。このテクノロジーを、アベンジャーズが活用しないと勝てないラスボスが、登場するという意味合いから今度のアベンジャーズは、前編、後編の2部作になるのか?「キャプテン・アメリカ/シビルウォー」では、アイアンマン(トニー・スターク)とキャプテン・アメリカが決別して不安定な状態が続いています。ヒーローもいっぱいだけど問題もいっぱい(笑) う~ん、待ち遠しい!


監督:ライアン・クーグラー
脚本:ライアン・クーグラー&ジョー・ロバート・コール


キャスト
ティ・チャラ/ブラック・パンサー(チャド・ウィック・ボーズマン)、エリック・キルモンガー(マイケル・B・ジョーダン)、ナキア(ルピタ・ニョンゴ)、オコエ(ダナイ・グリラ)、エヴェット・ロス(マーティン・フリーマン)他


2018年アメリカ映画
上映時間:2時間15分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」に登場するラスボス(サノス)は、実はファースト「アベンジャーズ」のエンディングに登場していました。この時は、全く意識していなかったのですが、ここに来て登場って、ロングスパンで考えられている証拠ですね(笑)

サノス.jpg

nice!(39)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「かぞくへ」

本日の朝刊テレビ欄は、Eテレとテレビ東京を除く民放各社が「森友文書の財務省書き換え疑惑」で特番が組まれる異常事態になっていました。皮肉ではなく、テレビ東京のマイペースさが目立っておりますが、悪いことだとは思っておりません(笑)


かぞくへ前売り.jpg


横浜シネマリンさんで10日に初日を迎えた「かぞくへ」の上映は、仕事で出掛けることが出来ず、予定されていた春本監督や出演俳優さんの舞台挨拶を断念、涙を呑みました。気を取り直し、翌日11日に出掛けてみますとなんと!春本監督と梅田 誠弘さんが劇場にいらっしゃるではないですか(ビッグサプライズ)!ドキドキしながらお声掛けして、図々しくサインなどおねだりしましたら快諾してくださって、昇天するくらいうれしかったです(笑)長く映画の趣味を続けていると、こう言うこともあるんですね~!(サインして頂いたパンフレットは、家宝にします!)


かぞくへ.jpg


作品は、チラシに並んで映っている二人(左側が洋人/梅田 誠弘さん、右側が旭/松浦 慎一郎さん)のドラマなのですが、これがエモーショナルで、終始作品から目が離せませんでした。


二人は、同郷(五島列島)の幼馴染で、東京でボクシングトレーナーをしながら暮らす旭(あさひ)が洋人(ひろと)にビジネスの紹介をするところから話が急転します。旭には、佳織というフィアンセがいて、数か月後には結婚を予定しています。ある日洋人から旭に電話がありました。用件はオーナーから振り込まれる筈のお金が4ヶ月間滞っているとのことでした。旭は、確認の為紹介したお店に出掛けますが、お店はクローズのまま。未入金額は、トータル150万。これが詐欺と気付いた時には、オーナーは雲隠れ。責任を感じた旭は、佳織との結婚を先延ばしして欲しいと相談しますが、佳織にも受け入れられない事情がありました。


ビジネスを紹介した友人が詐欺にあってしまい、友情と結婚を天秤にかけなければならなくなってしまった旭の焦りと迷い。この詐欺事件、妙に生々しいと思ったら実話だそうな。友人にもフィアンセにも気を遣って何も言い出せない旭の心情が、痛いほど伝わって参ります。


リアルには、年明け早々の「晴れの日」事件といい、最近のニュースでは「シェアハウス」の未払い問題など人の信用をないがしろにした事件が多発しています。お金のない私にもよく投資の話が有線電話に掛かって参りますけど、くどくどとしつこいんですよね。そういう時は仕事の携帯から自分の携帯に電話して「あっ!携帯に電話が入りました、すみませ~ん」と言って電話を切っています(笑)


監督・脚本・編集:春本 雄二郎
原案:松浦 慎一郎


キャスト
杉浦 旭(松浦 慎一郎)、大芝 洋人(梅田 誠弘)、池内 佳織(遠藤 祐美)、喜多 文男(森本 のぶ)、石井 聡太(三溝 浩二)、小嶋 恵子(おの さなえ)、池内 佳奈(下垣 まみ)、池内 尚子(瀧 マキ)他


2018年日本映画
上映時間:1時間57分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


車で下見に出掛けた甲斐あって、当日は道に迷うこともなく、お天気にも恵まれました。シネコン主流の現在単館劇場での鑑賞は、何十年ぶりかしら?


横浜シネマリン入り口.jpg

横浜シネマリンさん入り口


スケジュール.jpg


今後のスケジュールです。お薦め作品なので是非、お出かけください。


舞台挨拶決定2_edited-1.jpg

上映終了後の舞台挨拶風景です。春本監督は、とても気さくな方で梅田さんとの掛け合いも息ぴったり。作品についての裏話など豊富なお話を聴かせていただきました。

 


春本監督&梅田誠弘.jpg

最初は、私を入れたスリーショットの撮影。続いてツーショット撮影をお願いしました。

もちろん、ブログ掲載は了解済みです。


春本監督サイン.jpg

パンフに記入していただいたお二人のサインです。何だろう、この幸福感(笑)

春本監督、梅田さん、ありがとうございました!

nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「シェイプ・オブ・ウォーター」

3月5日月曜日にアカデミー賞の結果が明らかになりました。WOWOWを契約していないので授賞式の模様を観ることは出来なかったのですが、結果をネットで調べてみましたら、何と作品賞に「シェイプ・オブ・ウォーター」が …( アカデミー賞始まって以来の事件?)! 本編は発表の前日に鑑賞済みでしたけど、まさかこのような結果になるなんて…ウレシイッ!アカデミー賞ノミネート作品の鑑賞マラソンを初めていきなり山場を迎えましたが、このままゴールをめざします(笑)


シェイプ・オブ・ウォーター.jpg


ファンタジー路線の創造を得意分野とするギレルモ・デル・トロ監督の最新作「シェイプ・オブ・ウォーター(字幕スーパー版)」は、声を出ない女性イライザと謎の生物の愛が描かれたラブストーリーです。ちょっと前ならばこの手合いの作品は、ノミネートすら叶わなかったジャンルではなかったかと思いますけど、いきなり頂点の作品賞ってとてもインパクトがあります。これからのアカデミー賞ノミネート作品に期待大!


作品そのものを表面的に鑑賞すれば、見世物小屋の作品と捉える向きもあるかもしれませんが、実はアメリカ社会の問題に一石を投じるドラマであることが伝わって参ります(トランプ政権への批判?)。それはアメリカのエゴであったり、人種差別や人権の問題、銃社会の問題などです。とかく政治の問題は、直接触れると火傷しますので、時代を変えて、ファンタジーで物申すというところが評価されたのではないでしょうか?


監督が伝えたかったことを解りやすく理解する鑑賞方法があります。それは、謎の生物をあなた自身に置き換えて鑑賞することです。エンディングを迎えたその時、きっと涙を流すことでしょう。


監督・制作・脚本・原案:ギレルモ・デルトロ
脚本:ヴァネッサ・テイラー


キャスト
イライザ(サリー・ホーキンス)、ストリック・ランド(マイケル・シャノン)、ジャイルズ(リチャード・ジェンキンス)、謎の生物(ダグ・ジョーンズ)、ホフステトラー博士(マイケル・スタールバーグ)、ゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)他


2017年アメリカ映画
上映時間:2時間4分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


「シェイプ・オブ・ウォーター」の元ネタは、「大アマゾンの半魚人」です。監督が6歳のころにテレビで観て、この時すでにモンスターの立場に立った自分の考えを持っていて、その長年の想いが結実し「シェイプ・オブ・ウォーター」へと繋がったそうですからモンスター愛は、筋金入りです(笑)


大アマゾンの半漁人.jpg


半漁人 (1).jpg


半漁人(2).jpg

nice!(39)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る