So-net無料ブログ作成
検索選択

「ワイルドスピード~ICE BREAK~」&「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー~リミックス~」

5月最終日です。明日6月1日から、はがきの郵便料金が10円値上がりして62円になります。そして恒例の映画が安く鑑賞出来る日でもあります。


今回は、私の好きな俳優さんヴィン・ディーゼル、カート・ラッセル繋がりの2本です(とは言うもののただ、単に両方の作品に出演しているだけですが・・・笑)。偶然にも上映時間も同じです。


ワイルドスピード アイスブレイク.jpg


ワイルド・スピード/ICE BREAKは、日本語吹き替え版と4DX(字幕スーパー版)の2回鑑賞しました。出来れば大阪の超デカスクリーン IMAXで鑑賞したかった作品です(遠方なので行けません)。シリーズの中で新たに始まった三部作だそうですが、益々面白くなって参りました。立ちはだかる最強ハッカー サイファー(シャーリーズ・セロン)の策略にはまったドミニク(ヴィン・ディーゼル)がファミリーに対する反逆行為。あのデッカード(ジェイソン・ステイサム)が参戦しなければどうなっていたのか。潜水艦が暴れる理由も納得のスケールパワー全開作品です。



本作を初めてご覧になる方は、1作目と比較してみたらビックリすると思いますよ。別の作品じゃないかって(笑)一貫しているのは、主演のヴィン・ディーゼル(3作目はチラッ!)とカーレース、惜しげもなく壊される名車の数々といったところでしょうか。始まりは日本車を改造した、バカッ速のレースが売りでしたけど、今では日本車の影も薄れてしまいました。しかしド派手なアクション、破壊力は期待を裏切らないドル箱映画に成長しました。



国家を揺るがす高度な犯罪者には、一流のはみだし集団をぶつけるという法律に縛られない者同士の一騎打ち!これを裏で仕切っているのがカートラッセルさん演じるミスター・ノーバディです。逃げ延びたサイファーが、次に何を仕掛けてくるのか?大逆襲の続編、そして大団円という流れでしょうか?楽しみですね~。


ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス.jpg


「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/リミックス(字幕スーパー版)」 こちらはアメコミ作品(マーベル)出身の同シリーズ第2作目です。スター・ロードをリーダー格としたユニークなエイリアンファミリー?五人衆?(ガーディアンズ)の活躍が描かれています。本作では唯一地球人のスター・ロードが父親との再会を果たし、その出生の秘密が明かされるという内容です。そのスター・ロードの父エゴを演じているのが誰あろうカート・ラッセルさんなのです。



先ほど唯一地球人と申しましたスター・ロード以外でよく考えてみればアライグマのロケットも地球の生物ではないかと思うのですが、これは未だに謎のままでアライグマ星のエイリアンなのかよく分りません?そしてベビー・グルートの声を演じているのがヴィン・ディーゼルさんです。他ドラックス、ガモーラと異色のメンバーが宇宙狭しと暴れまわりますが、スター・ロードの育ての親であるヨンドゥが父親がらみで、注目される存在として描かれていることやガモーラの妹ネビュラとの物語もあったりで、家族がテーマのようにも感じられました。ヨンドゥが昔所属していたある部隊の隊長らしき男(大物俳優)がサプライズで登場しますが、今回だけの出演ではなさそうな予感が・・・。



この先いずれ、アベンジャーズに合流すると思われますが、異色すぎてどうなるんでしょうね?(楽しみも膨らみますけど)他のアメコミ作品では異変が起き始めています。「キャプテン・アメリカのシビルウォー」は、プチアベンジャーズでしたし、これから公開が予定されている「スパイダーマン/ホームカミング」ではアイアンマンが登場したりとますます世界が一つになりつつあります。マイティ・ソーの次回作「バトルロイヤル」も例外ではなさそうです。マーベル作品からは今後も目が離せません。


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


作品データ


「ワイルド・スピード/ICE BREAK」


監督:F・ゲイリー・グレイ
脚本:クリス・モーガン


キャスト
ドミニク・トレット(ヴィン・ディーゼル)、ホブス(ドウェイン・ジョンソン)、デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)、レティ(ミシェル・ロドリゲス)、ローマン(タイリース・ギブソン)、テズ(クリス・”リュダクリス”ブリッジス)、ラムジー(ナタリー・エマニュエル)、エレナ(エルサ・バタキー)、リトル・ノーバディ(カート・ラッセル)、サイファー(シャーリーズ・セロン)他


2017年アメリカ映画
上映時間:2時間16分


「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/リミックス(字幕スーパー版)」


監督・脚本:ジェームズ・ガン


キャスト
スター・ロード/ピーター・クイル(クリス・プラット)、ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)、ドラックス(デイヴ・バウティスタ)、ベビー・グルート(声:ヴィン・ディーゼル)、ロケット(声:ブラッドリー・クーパー)、ヨンドゥ(マイケル・ルーカー)、ネビュラ(カレン・ギラン)、エゴ(カート・ラッセル)他


2017年アメリカ映画
上映時間:2時間16分

nice!(27)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「マンチェスター・バイ・ザ・シー(字幕スーパー版)」

007シリーズでジェームズ・ボンド役を演じたロジャー・ムーアさんが、他界されました。私が初めて劇場で鑑賞した洋画作品「007 黄金銃を持つ男」では、吸血鬼ドラキュラ役でお馴染みのクリストファー・リー演じるスカラマンガとの対決に興奮し、魅了されました。合掌。


マンチェスタ・バイ・ザ・シー.jpg


「マンチェスター・バイ・ザ・シー(字幕スーパー版)」は、第89回アカデミー賞作品賞にもノミネートされ、主演男優賞・脚本賞を受賞した作品ですが、その割に日本では控えめな上映という印象があります。作品内容からすれば確かに明るくはありません。葬儀屋さんが派手な宣伝をしないのと同様な意味合いがあるのかも知れません。過去の心の傷から立ち直れないでいる男の再生物語です。



主人公が過去に負った心の傷、これは他人事ではなく、明日は我が身。新聞の記事でも備えや注意喚起など事欠きません。私なんか失敗が服着て歩いているようなものですから、尚のこと要注意だと思っています。起こしてしまった失敗でも取り返しのきく失敗とそうでない失敗の2種類がありますが、作品は後者。法律での罰則規定はなくても、事実を背負って生きて行かなければならないという現実、これはきつい!



主役のリー・チャンドラー(ケイシー・アフレック)は、ボストンで暮らしていますが兄が病死したため、マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻り、兄の遺言で甥パトリックの後見人となったことを知り、戸惑います。リーには、この地で負った辛い過去があるからです。甥のパトリックは、高校生活を謳歌するどこにでもいる普通の青年でこの地を離れる気持ちはありません。どこに生活の拠点を移すかでリーとの駆け引きになるのですが、重い作品でありながらユーモアも感じられるやり取りの描写は作品の妙であります。



兄のジョーとリーの絆、二人もジョークを言い合い、互いを思う関係であったことから兄が敢えてパトリックの後見人にしたこともリーの心の再生を考えてのことではないかと察する訳です。リーと別れた奥さんとの再会シーンは、涙もの・・・、言葉が出て来ません。じわりと沁みてくるリアルなインパクトがありました(心に残る一本です)。



プロデューサーにマット・デイモンが名を連ね、ベン・アフレックの弟(ケイシー・アフレック)が、主役という関係で思い浮かぶのですが、マット・デイモンとベン・アフレックの二人と言えばやはり「グッド・ウィル・ハンティング」です。この作品を観た時の衝撃といい本作といい、ヒューマン・ドラマのツボをよく心得た天才系俳優ではないかと思います。


監督・脚本:ケネス・ロナーガン


キャスト
リー・チャンドラー(ケイシー・アフレック)、ランディ(ミシェル・ウィリアムズ)、ジョー・チャンドラー(カイル・チャンドラー)、パトリック(ルーカス・ヘッジズ)、エリーズ(グレッチェン・モル)他


2016年アメリカ映画
上映時間:2時間17分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


大阪出張の際、新幹線の中で読んでいた本がようやく読み終りましたので紹介します。著書のタイトルは「モルヒネ」で作家は安達 千夏さん。なぜこの小説かと申しますと書店で、かさばらなくて手軽に読める小説を探していたら書籍の感想カードが目に留まり「うずくまって泣きました」って書いてあったんです。書いたのは女性で、ちょっと盛っているなとは思ったのですが、好奇心を刺激され購入を決めました。


小説と映画は、 " 一心同体 " ではありませんが映画をよく観ているおかげか小説の流れみたいなものが、感じられまして「モルヒネ」の場合はオープニングからして映画っぽい作品だと思いました。


子どもの頃に父親の虐待で姉を亡くし、父親を訴えて施設に引き取られる主人公(藤原 真紀)。歳月は流れ、医師となった彼女が勤務する病院に元恋人(倉橋 克秀)が現れ問題を起こすのですが、この時藤原 真紀は病院の院長と婚約していました。過去に彼女が負った心の傷を唯一理解してくれた倉橋は、末期癌であることが判明します。彼女の心は揺れ動き・・・。この結末は想像出来ませんでしたけど、深い愛を感じました。確かに女性の立場だったら泣けるかも知れませんね。


それにしましても医師である主人公の描写がとてもリアル。安達 千夏さんは作家になる前はナースだったのではないか?男としてはそちらの方が気になったりなんかして(笑)


モルヒネ.jpg

nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「メッセージ(字幕スーパー版)」

ここ一週間、研修会の準備と運営に追われ映画鑑賞はお休み(休鑑日)しておりました(笑)


メッセージ ムビチケ.jpg


第89回アカデミー賞 音響編集賞受賞作品メッセージ(字幕スーパー版)」の感想です。


宇宙人が地球にやって来た!これは今となっては珍しいお話ではなくなりましたが、いつの時代でもこのテーマはSF映画の華ではないかと思います。宇宙の視野で観れば地球人だって宇宙人です。だからこの広い宇宙には、必ずどこかに人類と心を通わせることの出来る仲間がいるって信じたいんです。でも現在の科学力、知識では火星にようやく有人飛行計画が進行している段階で、今もし地球にお客が来たらやばいという不安も同居しています(笑)



なのでこの作品、何かの植物の種みたいなUFOが地球にやって参りますが、もうそれだけで心の中はお祭り騒ぎです。そして地球とは異なる文明人(エイリアン)との接触で、彼らが何を伝えようとしているのか?選ばれし、言語学者ルイーズのお話であることも本作のポイントでした。



地球にやってくることの出来る科学力=(イコール)地球よりも高度な文明と考えるならば、当然コミニュケーションする能力があるだろうと考えます。言葉が通じそうもない相手に如何にして意思疎通するか。人間同士だって難しいコミニュケーションをどうやって?ここが丁寧に描かれていて、とても興味く印象に残ります。日本に、黒船がやって来た時もやはり当時の日本人にとっては同じ気持ちだったんじゃないか?そんなことも頭を過ぎる訳です(笑)



言語学者ルイーズが、彼らと向き合い意思疎通に奮闘する中で、彼女の回想シーンが差し込まれて来ます。これはルイーズの人物像を明らかにつつ、意思疎通のヒントが隠されているのではないかと最初は思っていたんですが、話が進むうちに回想シーンは過去のようでもあり、未来のようでもあり・・?結局、何を意味しているのかだんだん解らなくなってくるんです。ところがです、やってくれましたよ!



ルイーズの回想シーンのもやもやは、エイリアンのメッセージを理解することで晴れ渡ります!タイトルである彼らの「メッセージ」は最高です!こんなこと言われたら価値観変わるし、何よりも人類の未来に明るい希望が見えてきます。リアルに現れて欲しいエイリアンたちでありました。



昔、私が左官屋さんのアルバイトをしていた時に棟梁がいきなりこう言ったんです。「地球で起きている戦争をなくすには、宇宙人が攻めてこなくちゃだめだよ。」今思えば、なかなか核心をついた言葉だったんだなぁ~なんて・・(笑)



監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚色:エリック・ハイセラー
原作:テッド・チャン「あなたの人生の物語」(ハヤカワ文庫)


キャスト
ルイーズ・バンクス(エイミー・アダムス)、イアン・ドネリー(ジェレミー・レナー)、ウェバー大佐(フォレスト・ウィテカー)、ハルパーン捜査官(マイケル・スタールバーグ)他

2016年アメリカ映画
上映時間:1時間56分


メッセージ .jpg


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


もう終わってしまったのですが、とても気になっていたことがあるんです。再検査で通うようになってしまった病院に貼ってあったポスターなんですけど、これが「ブラック・ジャック」セミナーといって小学生を対象にしたセミナーらしいのですが、どんなセミナーだったんだろう。参加したかったなぁ~。


ブラックジャック.jpg

nice!(29)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「サクラダリセット」前・後篇イッキ見!・・・

楽しみにしていた「サクラダリセット後篇」の上映が13日(土)より始まりました。この作品はいま流行りの二部作連続公開なので、最初から前・後篇イッキ見の青写真を描いておりました。


サクラダリセット前編.jpg



公開日前日、「サクラダリセット前篇」上映館をネットで調べてみましたらなんと・・・。関東では、どっこも上映されていません。



「ちはやふる」、「3月のライオン」は、どちらも前・後篇が重なるように上映されているのに「サクラダリセット」は、なぜ前篇の上映がないのでしょうか?



劇場側の立場で考えれば(あくまでも憶測ですが)、作品の人気や興行次第ということになるのかもしれません。


イッキ見は、イベントとして上映する劇場もありますが、鑑賞者にそれを約束しているものではありませんので、劇場に責任はありません。


「劇場がきっと前・後篇の合わせ上映をしてくれる」と自分にとって都合の良い解釈をしただけの話です。



結果、このような思い込みが原因で前篇を見逃してしまい、前篇を鑑賞せずに後篇を鑑賞する意味もなくなり、本作の鑑賞は見送ることといたしました(ツタヤさんのレンタル開始を待ちます)。


先行投資した前・後篇のムビチケが、ムダにはなりますが、映画ファンの皆様が私と同じ轍を踏まなければ報われると思います。


サクラダリセット ムビチケ.jpg


サクラダリセット ムビチケうら.jpg

nice!(35)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「無限の住人」&「帝一の國」

今回は、邦画2本の感想です。


無限の住人1-1.jpg


三池 崇史監督の「無限の住人」は、不老不死の用心棒 万次が、雇い主の少女を守るために斬って斬って斬りまくるエンターテインメント大作です。ぶった斬り映画なので手首がすっとんだり、血なまぐさい描写も豊富に用意されておりますのでその辺は要覚悟(笑)



不老不死にあぐらをかいて、稽古をサボったのか剣の腕前はそれほどでもない万次ですが、不死というアドバンテージを活かした「肉を切らせて骨を断つ!」戦法を隠し技に持つユニークな使い手です。不老不死であることの余裕も然ることながら、死にたくても死ねないジレンマと消したい心の傷とともに生きなければならない虚しい用心棒を木村 拓哉さんが好演しています。守るべき運命の少女が現れたことで、生き甲斐が見つかりました。



斬っても死なない侍の敵は、尋常であっては面白くありません。そこはご心配なく!類は友を呼ぶでは、ありませんが襲ってくる敵は武士道のかけらもない、いっちゃってる危ない手練(てだれ)たちです(まともなのもいますけど・・・)。危ないと言えばですね、この「危」という文字は拙ブログのアイコンなのですが、この文字がプリントされている(な訳ないか・・)羽織を着た手練が出て参りまして、あっさりぶった斬られるんですけど、ちょっと嬉しかったりなんかしてしまう訳です(私にとってはサプライズ!監督、面識はありませんけどありがとうございます)



それと花魁刺客を演じた戸田 恵梨香さん。個人的にはまだ「スペック」の印象が抜けきれておりませんけど、今回の役どころは色っぽくてええわ~(笑)強くてイケメンの天津を演じた福士 蒼汰さんは、英語勉強をしているそうでいずれハリウッドデビューを狙っているのかもしれませんね。注目の俳優さんです。万次の心を救った少女 凛(杉咲 花さん)。どこか見覚えがあると思ったら「湯を沸かすほどの熱い愛」に出ていましたね!何だかすごくミーハーな感想になってしまいましたが、ご容赦です(笑)


無限の住人1-2.jpg


帝一の國1-1.jpg


映画鑑賞の前にトイレは済ませておきたいものですが、私の場合どこの劇場のトイレでもよっぽど混雑していない限り、定位置があります。その定位置で用を済ませてから「帝一の國」の鑑賞です(笑)冗談の風上にも置けない書き出しですみません。



それで「帝一の國」なんですが、おもしれ~!主役の赤場 帝一を演じた菅田 将暉さん、いい役ゲットしましたね。はまり役です(これからは帝一って呼んじゃおうかな:笑)。コメディ映画なんですが、劇場予告を観ただけでは作品の面白さが解らなくてスルーしようと思っていたのですが、タイミング良くツイッターで映画評論家の清水 節さんが作品を絶賛されておりましたので、鑑賞してみたら・・・。いいんですよ、これが・・・!



「総理になって自分の国をつくる!その近道は、超エリートの名門校 海帝高校に入学し、生徒会長になること(赤場 帝一)」。つい最近、フランスの大統領選で39歳のマクロン氏が当選したばかりですが、この方国立行政学院(通称エナ)の卒業生でこの学校は過去大統領、首相、大臣を世に送り出しているスーパーエリート校だそうです。この学校の卒業生がフランスという国を動かしていると言っても過言ではない(ニッポン放送 あさラジ、ヒデタケのちょっと言わせてより)。まさにこの話題の日本版ではないか!(放送を聴いたときはリアルにこんな学校があるんだと驚嘆してしまいました)



野心のかたまり赤場は、生徒会長になるために、派閥に加わったり、イヌになったりと補佐役の榊原と奮闘しますが、そこには当然ライバルが存在します。そのライバルたちとの駆け引き、謀略の政権闘争が作品の大きな見どころで、笑っちゃうけど思わずハッとさせられたりで惹きつけられます。単なる学園コメディと侮りがたし、オーソドックスで痛快、新鮮さが溢れます。

 

この作品、続編観たいです!


帝一の國1-2.jpg


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


作品データ

「無限の住人」
監督:三池 崇史
脚本:大石 哲也
原作:沙村 広明


キャスト
万次(木村 拓哉)、浅野 凛(杉咲 花)、天津 影久(福士 蒼汰)、八百比丘尼(山本 陽子)、乙橘 槇絵(戸田 恵梨香)、尸良(市原 隼人)他


2017年日本映画
上映時間:2時間21分



「帝一の國」
監督:永井 聡
脚本:いずみ 吉紘

原作:古屋 兎丸


キャスト
赤場 帝一(菅田 将暉)、東郷 菊馬(野村 周平)、大鷹 弾(竹内 涼真)、氷室 ローランド(間宮 祥太朗)、榊原 光明(志尊 淳)、森園 億人(千葉 雄大)、白鳥 美美子(永野 芽郁)、赤場 譲介(吉田 鋼太郎)他


2017年日本映画
上映時間:1時間58分

nice!(26)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「SING」&「バーニングオーシャン(字幕スーパー版)」

GWです。予定は入れず気ままに過ごしております。今回は2本の感想です。


sing.jpg


3DCG作品「SING」は、日本語吹き替え版、字幕スーパー版を鑑賞しました。劇場オーナー、バスター・ムーンの経営危機から始まる音楽ムービーは、オーディションに集まった愉快なチャレンジャーたちが披露する昭和から平成に流れた聞き覚えのある名曲、ヒット曲が満載。音楽こそ作品のエネルギーであり、推進力となって挫折から立ち直り、奇跡を呼ぶ起死回生の物語。アメリカ社会を表現するには、やっぱり多彩な動物たちがいちばん!字幕版のオリジナルも素晴らしいけれど日本語吹き替え版の鑑賞も大正解!オリジナルにこだわる方も映画を素で楽しみたい方もお好みでチョイス出来る作品です。



3DCG作品は、アニメ同様手間も時間も労力もかかるのですが、これを早回しする贅沢な技法も効果的でここはチェック項目にレ点。バスター・ムーンの必死のアイデアによる舞台演出も煌びやかであった分だけ劇場崩壊のどん底の落差に哀愁が漂います。オーディションに参加したチャレンジャーたちもそれぞれに問題を抱えているものの、ここで終わらせない逆転のセオリーが息づいています。



吹き替え版を観ていて思ったのですが、声優さんも役者さんもプロの歌手に負けない歌唱力を披露してくれていますが、ミーナの声にミーシャさんをあてるというのは、キャスティングが用心深いと申しますか非の打ちどころがありません(歌めっちゃ、うまいですもん)。演技もよかったし!



どうでもいいことなのですが、この作品はとても親近感を覚えました。なぜかというと、動物占いでは私コアラなもんで(笑)続編を楽しみにしています。


バーニングオーシャン1-1.jpg


ディザスタームービー「バーニングオーシャン(字幕スーパー版)」を鑑賞して一言「おっ~!映画だ~!」。実際に起こった油田火災、原油流出事故の事実に基づく本作は、自然災害ではなく人災が描かれています。株主が怖い会社経営者は、作業遅れの苛立ちから現場の重要な安全点検(セメントのストレス検査)を拒み、油田の稼働を急がせたつけは、油田の炎上、爆発、原油流出に加え尊い人命が失われる事態となりました。利益のみを追求した行為が、投資した設備を失い、株価も下がり、結果株主の信頼も失い、何よりも取り返しのつかない人命の問題は重大でディザスターというよりは、教訓映画と捉えるべきでしょう。



70年代の作品「タワーリング インフェルノ」を彷彿とさせる迫力や臨場感、緊張感。これは劇場で味わいたいものです。当時は「ポセイドンアドベンチャー」や「大地震」、「サブウェイパニック」などそれらを総称して " パニック映画 " と呼称されて流行りました。中でも「タワーリング インフェルノ」と「ポセイドンアドベンチャー」はエンドソングではなく劇中歌のシーンが登場し、ヒットしました。本作は、その様な遊びもないリアルそのものですが、映像面ではCGがどこで使われているのか見分けが付きません(カメラの入らないシーンは、CGだろうと思うだけです)。これからの映画が、もっと面白くなることを予感させます。



主人公で設備のチーフ技師マイクを演じるマーク・ウォールバーグさんは、近年多様な作品に出演していてすっかりお馴染みになりました。「テッド」や「トランスフォーマー」など出演作品はヒットのオンパレードでハリウッドでは、サーファー(波に乗っている)な役者さんのひとりではないでしょうか。そして、カート・ラッセルさんです。本作では、マークの上司で掘削施設主任ジミーを演じていて会社に物申すご意見番としての存在感はバツグン。これがまたハマっています。一方会社役員を演じるジョン・マルコビッチさんが、いい味出してます。パワハラすれすれの行為でジミーの目を盗み、部下に作業を急がせた結果の事故後しゅんとしている姿に「それ見たことか!」と口をはさみたくなる演技は、座布団3枚(笑)


バーニングオーシャン表.jpg


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


作品データ

「SING」(字幕スーパー版・日本語吹き替え版)
監督・脚本:ガース・ジェニングス


キャスト(日本語吹き替え版)
バスター・ムーン/マシュー・マコノヒー(内村 光良)、ロジータ/リース・ウィザースプーン(坂本 真綾)、マイク/セス・マクファーレン(山寺 宏一)、アッシュ/スカーレット・ヨハンソン(長澤 まさみ)、エディ/ジョン・C・ライリー(宮野 真守)、ミーナ/トリー・ケリー(MISIA)、ナナ/ジェニファー・ソーンダース(大地 真央)、ミス・クローリー/ガース・ジェニングス(田中 真弓)、ジョニー/タロン・エガートン(大橋 卓弥)他


2016年アメリカ映画
上映時間:1時間48分



「バーニングオーシャン(字幕スーパー版)」
監督:ピーター・バーグ
脚本:マシュー・マイケル・カーナハン、マシュー・サンド
原題:Deepwater Horizon


キャスト
マイク・ウィリアムズ(マーク・ウォールバーグ)、ジミー・ハレル(カート・ラッセル)、ドナルド・ヴィドリン(ジョン・マルコヴィッチ)、アンドレア・フレイタス(ジーナ・ロドリゲス)、ケイレブ・ハロウェイ(ディラン・オブライエン)他


2016年アメリカ映画
上映時間:1時間47分

nice!(32)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る