So-net無料ブログ作成
検索選択

「天空の蜂」

天空の蜂2.jpg 

遅れ馳せながら東野 圭吾原作の映画化作品「天空の蜂」を鑑賞しました。20年前に発表された原作が、東日本大震災の原発事故を経た現代に蘇る骨太作品。遠隔操作によって奪われ、ターゲットにされた原発上空でホバリングする自衛隊最新鋭の巨大ヘリ " ビッグB " が燃料切れで原発に落下するタイムリミットは8時間。犯人の要求は日本全土の原発破棄!原発テロに立ち向かう人々と犯人の攻防戦が描かれたノンストップドラマは一気に加速!この緊迫感と結末の空しさという点は「新幹線大爆破!」と共通するものがあります。

現実を考えた場合、トップシークレットの最新鋭機がお披露目の当日、入場者に対する厳重な警備態勢の割には、肝心なヘリには誰もいないという様子に少々違和感を覚えてしまいましたが、そこは1995年の出来事ですから片目をつぶるとして、作品自体は全篇通じ見応えのある熱い作品でした。鑑賞者の犯人に対する意識の反らし方も逸品です。

仲間 由紀恵は本作では、珍しい役どころを演じていますが、脇に回っても印象に残るところは、やっぱスターですね。

日本が元気をなくしてしまった要因として考えられる、バブル崩壊と原発の安全性神話の崩壊。元気というよりは自信を失ってしまったかのようにも見えます。バブルは浮かれて痛い目にあったのだから自業自得としても原発事故は、あまりにも多くの犠牲を伴いました。私が中学生の頃は授業で、これからの日本のエネルギー問題を支えて行くのは原子力であると教わりましたし、高速増殖炉もんじゅについても夢の原発としてアメリカの原発関係者が賞賛していた番組を見た覚えがあります。ところがその神話も震災により木端微塵。当時東電は矢面に立たされ、世間から激しいバッシングを受けていましたが、ちょうどそのころ職場の同僚が「友人は大学卒業前、東電に就職して社会の為に働きたいと言ってその後入社した。そんな彼のことを俺は責められないよ」と言う言葉が記憶ではなく、心に引っ掛かりました。このように様々な境遇で働き、生きて行かなければならない人たちもいるということを考えると無責任に賛成、反対と声を上げればよいという問題ではないこともひとつの事実ではないかと思います。ただ方向性は見えて来た訳ですから今は地道に努力するしかないですね。鑑賞中に同僚の言葉を思い出しちゃいました。

守りたいものの為に命を懸けた男と守りたくても、どうすることも出来なかった男の明暗。犯人の悲しい過去が余韻を残し、未来を信じたいと願わずにはいられない感動もありで、本年の鑑賞作品で心に残る1本となりました。

監督:堤 幸彦
脚本:楠野 一郎
原作:東野 圭吾

キャスト
湯原 一彰(江口 洋介)、三島 幸一(本木 雅弘)、赤嶺 淳子(仲間 由紀恵)、雑賀 勲(綾野 剛)、室伏 周吉(柄本 明)、中塚 一実(國村 隼)他

2015年日本映画
上映時間:2時間18分

天空の蜂1.jpg

新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

実はこの作品、早く観たいと思っていました。なぜなら上映前の9月6日(日)にニッポン放送のラジオ番組「マイプレイリスト」で國村 隼さんがパーソナリティーを務め、エンディングで「天空の蜂」についてのPRを聴いたからです。國村 隼さんは、テロのターゲットにされた原発の所長役を演じていますが、この役を受けて一番に頭に浮かんだのは福島原発でよくテレビに出ていた所長さん(故人)だそうです。非常に微妙な題材ではありますが、フィクションでありながらも今自分たちが突きつけられている現実が感じられる。伝わるものは大きいと結ばれていました。


nice!(29)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「アントマン(字幕スーパー版)」

アントマン ムビチケ.jpg 

アベンジャーズとリンクしている新ヒーロー「アントマン(字幕スーパー版)」を鑑賞しました。これまでのマーベル作品は、エンディングでアベンジャーズとの関連性を匂わせる映像が挟み込まれていましたが、この作品ではアントマンがアベンジャーズ基地からあるアイテムを盗み出すミッションでアベンジャーズヒーローに察知され、格闘シーンも有りと小さなヒーローながらその存在感を提示しています。新たなアベンジャーズの一員となるであろうことをアピールしつつ、これまでとは視点の違うヒーローの活躍と映像が、とても新鮮な作品です。

ハンク・ピム博士が発明し、開発した特殊なスーツを身に着けることにより、人は誰でもアントマンになれます。しかし、そのスーツの着用を託されたのは、犯罪歴のある前科者のスコット。ピム博士は、スコットにアントマンとしての資質を見ぬき、思い描いたシナリオによって、スコットを獲得し、訓練します。名称は小さいからアントマンということではなく、その名の通り、蟻を操る技術を備えていることに因るものです。

ピム博士が、立ち上げた会社ピム・テックには、優秀な科学者ダレン・クロスという助手がいましたが、彼の裏切りによってピム博士は会社を追われてしまいます。ピム博士の研究を手中に収めたい彼は、研究を重ね成功に漕ぎ着けるとその技術を闇の組織が買い取ることに・・・。ピム博士は、こうなるであろうことを予測し、技術を秘密にして来た訳ですが、最悪の事態が現実になろうとしている今、これを阻止すべくアントマンが修行の成果を証明する時がやって来ました。

ピム博士を演じるのは、マイケル・ダグラスですが発明者であり、正義感のある初代アントマンであったことなど、設定と言い、シナリオと言い、説得力があります。ピム博士はトニー・スタークに批判的で、アベンジャーズにはリーダーがいないと指摘していますが、この発言はきな臭いですね。今後のアベンジャーズに注目して行きたいと思います。

この作品は、二代目アントマン誕生のドラマであるとともに、ピム博士のドラマでもあります。新たなアントマンの登場もさり気なく演出され、楽しみはお預けと、マーベル作品には良い意味で長く縛られそうです。

監督:ペイトン・リード
脚本:エドガー・ライト&ジョー・コーニッシュ

キャスト
スコット・ラング/アントマン(ポール・ラッド)、ホープ・ヴァン・ダイン(エヴァンジェリン・リリー)、ダレン・クロス(コリー・ストール)、パクストン(ボビー・カナヴェイル)、ルイス(マイケル・ペーニャ)、ハンク・ピム(マイケル・ダグラス)他

2015年アメリカ映画
上映時間:1時間57分

アントマン .jpg

新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

「アントマン」と言いますと私はさいとう たかを原作の実写ヒーロー番組「超人バロムワン」に登場していた悪のエージェント " ドルゲ " の戦闘員を思い出します。そうなんです、その戦闘員がアントマンと呼ばれ、脇役ながら毎回ドルゲ魔人の配下として登場しますから魔人の名前は忘れてもアントマンは刷り込まれています。お茶目な出で立ちですから興味のある方は、You Tube で見てください(笑)


nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「進撃の巨人~エンド オブ ザ ワールド~」

進撃の巨人2-1.jpg 

「進撃の巨人~エンド オブ ザ ワールド~」を鑑賞しました。アニメ版を含めて全4作品、完食です。アニメ版では明かされなかった謎も解明され、モヤモヤ解消の完結編と思いきや最後の最後で流れる謎のテロップ。もしかしたら続編も・・・。

前篇で100年ぶりに突如現れた壁の高さを超える大巨人。あれだけの背丈があれば壁をよじ登って中に入ることも出来たはずなのになぜか巨人の通路をこさえて消えちゃいました。そして人類の敵か?味方か?エレンの巨人化。本編を鑑賞すれば、そうだったのかぁ~と思えるのですが、ことの発端は結局そこですか・・・。

タイトルを冠する巨人はそもそもどういう存在なのか?生態からして謎でした。カテゴリー的には大巨人、普通の巨人、変身型巨人と3種類が存在します。巨人は、人を主食としているようですが人の棲んでいない巨人の世界で巨人はいったい何を食べているのでしょうか?巨人の世界を探る調査兵団の出兵は、巨人のお食事イベントではなかったのか?いろいろ考えられますが、それでも人だけ食べてあれだけの個体数を維持して行くことは出来ない筈です。それと巨人に寿命はないのか?前作では赤ん坊の巨人も登場しましたが、これもなぞでした。これらの謎も原因が解ってしまうと、なんと悲しい世界のお話であることか。巨人はもともと特有の種族ではなかった、これは衝撃です。人と巨人の切っても切れない関係、続編があるならばいよいよ確信に迫る展開になって行きますね。

本作は変身型巨人が主役です。えっ!この人も?イデオロギーの相違で避けられないバトル。着ぐるみの巨人同士が戦っているようにも見えるぶつかり合い(実は着ぐるみだったりして・・・)は、東宝特撮の「サンダ対ガイラ」を連想します。変身型巨人は、首の付け根あたりでエレンが巨人を操縦している構造になっていますからここが弱点というのも頷けますけど、なんかエヴァ(エヴァンゲリオン)みたいですね(笑)茶化してすみません。

監督:樋口 真嗣
脚本:渡辺 雄介
原作:諫山 創

キャスト
エレン(三浦 春馬)、シキシマ(長谷川 博己)、ミカサ(水原 希子)、クバル(國村 隼)、アルミン(本郷 奏多)、ジャン(三浦 貴大)、サシャ(桜庭 ななみ)、ハンジ(石原 さとみ)他

2015年日本映画
上映時間:1時間27分

進撃の巨人2-2.jpg

新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

本日急な休みで早朝から自治会の用事で出かけていたのですが帰宅してひっくり返りそうになりました。なんと玄関のドアが施錠されずにドアノブのラッチボルトが、引っかかった状態でドアが開いていたんです。夕方新聞屋さん(顔馴染み)が集金に来て、午前中訪問し、ベルを押しても応答がなく、玄関が開いているのでトイレか、出られない用事があるのではないかと一旦引き返したと話がありました。特に部屋を物色された形跡もないし、閉め忘れだと思いますけど、認知症の前触れではないか?こんな不安が過ぎりました。みなさま、鍵のかけ忘れにご注意を・・・。


nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「カリフォルニアダウン(字幕スーパー版)」

最近、チリ地震の津波が日本でも観測されニュースになりました。

カリフォルニアダウン1.jpg

今回は、無垢な地震映画「カリフォルニアダウン(字幕スーパー版)」の感想です。

アメリカ カリフォルニア州を襲う未曽有の大地震。原題の「SAN ANDREAS」はカリフォルニア州湾岸に並行して走る約1300キロの巨大な断層のことで、1895年に地質学者アンドリュー・ローソンがその存在を確認し、「サンアンドレアス断層」と名付けたのが始まり。そのものズバリなタイトルです。地震多発地帯として知られるこの断層が暴れたらどうなるか・・・。

1300キロの断層というと日本で例えるならば本州の端から端まで(北は青森から南は山口県まで)の距離に匹敵します。この断層の引き起こす地震の規模と被害は想像を絶します。本作はこのオーバースケールの惨状の中でひとりの消防レスキュー隊パイロット レイ(ドウェイン・ジョンソン)が家族救出に活躍する視点で描かれたディザスタームービーです。

オープニングからエンディングまでアクションスター ドウェイン・ジョンソンの独擅場ですが、単なる彼の活躍映画で終わらせない迫力とスケール感のある映像は圧巻です。CG技術の表現も自然現象にまで及んで久しいですが、それがまたリアル!様々な現象を表現するためにその為のソフトを独自で作ってしまうスーパー頭脳集団が支えているのだと思いますが、ハリウッドにまた一歩先を行かれた感は否めません。何気に " ハリウッドサイン(ハリウッドの看板) " 倒壊の映像を挟み込み、宣伝も忘れない強かさ!抜かり有りません(笑)

数少ない海外旅行体験でハワイは行きましたけど、アメリカ本土のことはよく知りません。この作品鑑賞をきっかけにカリフォルニア州をネットで調べてみたのですが、でかっ(カリフォルニア州って、この州だけで日本より総面積が広かった)!ロサンゼルスの広さが関東平野くらいあるとは、聴いておりましたが、カリフォルニアだけでこの広さですからあきれるほどアメリカって大きい国ですね(しみじみ・・・)。日本ですらまだ、行ったことのない県がたくさんあるのに、アメリカ全土だったらお金持ちに生まれ変わって、旅人にならないと一生では回りきれませんね(笑)

カリフォルニアというと一番に思い浮かぶ曲はイーグルスの「ホテルカリフォルニア」です。次がスコット・マッケンジーの「花のサンフランシスコ」、そしてママス&パパスの「夢のカリフォルニア」とベタですが私のベストスリー(大事な曲を忘れていました、アルバート・ハモンドの「カリフォルニアの青い空」も大好きです)。本作ではエンディングに「夢のカリフォルニア」のカヴァー曲が使用されています。日本との姉妹都市も多く、関わりも深い、そんなカリフォルニアへ行ってみたいですね~。

監督:ブラッド・ペイトン
脚本:カールトン・キューズ

キャスト
レイ(ドウェイン・ジョンソン)、エマ(カーラ・グギーノ)、ブレイク(アレクサンドラ・ダダリオ)、ダニエル(ヨアン・グリフィス)、セレナ(アーチー・ハンジャビ)他

2015年アメリカ映画
上映時間:1時間54分

カリフォルニアダウン2.jpg

新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

本日20日(日)は平成27年国勢調査の回答期限日です。三日前、ネット回答にチャレンジしたのですが、意外とレスポンスが良く、ストレスもなく簡単に済ませることが出来ました。アマチュア無線の無線局免許状もネットで更新出来るようになりましたし、来月に控えているマイナンバー制度が始まれば行く行くは選挙もネット投票になるのではないかと思います。国勢調査に関して言えば今回パスワードの入力が必要でした。今後もネット回答を推進して行くことは、間違いないと思いますが、そうなるとやはり定期的な更新も推進しなければならないと思います。なぜならパソコンは壊れますし、買い換えやプロバイダーの変更、ウィルス汚染などによるトラブルで同じ環境がいつも維持されているとは限らないからです。

国勢調査説明_edited-1.jpg


nice!(27)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

「ピクセル(字幕スーパー版)」

ピクセル ムビチケ.jpg

ファミコン世代には懐かしい「ピクセル(字幕スーパー版)」の感想です。この作品は、地球侵略型SF作品ですが、「宇宙戦争」や「インデペンデンスデイ」とはちょいと毛色が異なります。NASAが打ち上げた探査機に搭載された知的生命体へのメッセージに含まれていた1982年のビデオゲーム。これを地球の挑戦状と受け止めた異星人が突如宇宙からやって来ます。

ピクセル1-1.jpg

彼らの目的は、ゲーム対戦5番勝負!地球がこのゲームに負けたら侵略を本格的に開始するという人類の危機が描かれています。この危機を救うべく招集されたのがアメリカを代表するゲームチャンピオンたちです。1982年のゲーム大会で「ギャラガ」、「アルカノイド」、「センチピード」、「パックマン」、「ドンキーコング」といずれもトップを争った強者が人類の命運を賭けて戦います。

ピクセル3-3.jpg

ピクセル4-4.jpg

勝負を仕掛けてきた異星人は地球の文化を利用し、対戦の予告メッセージを発信、そのテクノロジーは、本気で侵略を開始したらあっさりと決着が付くことは明白ですが、侵略に " のりしろ " をもたせ、ゲームでの負けをちゃんと認める大人な異星人であることも大きな特徴です。彼らは最後まで本当の姿を現しませんが、それはこの作品の良いところでもあります。

ピクセル2-2.jpg

近年テレビゲームは久しく遊んでいませんが、8ビットゲームは、ゲームの原点であり、2015年現在でも楽しむことが出来ます。日本発の名作が、そのままの姿でリアルに登場するアイデアはオールドファンには懐かしさと新鮮さを醸成した映像となり、コミカルなストーリー展開は危機感をオブラートで包んだようなディザスタームービーでした。

ピクセル5-5.jpg

監督:クリス・コロンバス
脚色:ティム・ハーリヒー&ティモヂー・ダウリング

キャスト
サム・ブレナー(アダム・サンドラー)、ウィル・クーパー(ケヴィン・ジェームス)、ヴァイオレット・ヴァン・バッテン中佐(ミシェル・モナハン)、エディ・ブラント(ピーター・ディンクレイジ)、レディ・リサ(アシュレイ・ベンソン)、イワタニ教授(デニス・アキヤマ)他

2015年アメリカ映画
上映時間:1時間45分

新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

俗に言う「食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋」と秋には三つの顔があります。私はこれに「睡眠の秋」を加えております。その中で新聞では普段流し読み程度のスポーツ欄で13日のバドミントン記事に注目しました。東京体育館で開催のヨネックスオープン、女子シングルスの決勝が日本人選手どうしの対戦ってすごくてうれしいです。決勝進出の山口選手、奥原選手おめでとうございます!


nice!(30)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ヴィンセントが教えてくれたこと(字幕スーパー版)」

9月です。劇場では早くも「スターウォーズ」のグッズが並んでおりました。前売りはセブンイレブンが独占販売とこのシリーズが如何にスペシャルな作品であるかが伝わって参ります。

ヴィンセント1.jpg

「ヴィンセントが教えてくれたこと(字幕スーパー版)」を鑑賞しました。表向きは不良老人と小学生のバディムービーという印象でしたが、クライマックスで予想外の感動が・・・。

街で嫌われ者(おやじ)のヴィンセント(ビル・マーレイ)はその素行の悪さ、ささくれた性格ぶりが、冒頭から印象付けられますが、観終わってみれば、この作戦は監督にしてやられた感があります。不良おやじの意外な一面、ギャップに易々と心を奪われてしまいました。

ある日隣に越して来た母子とヴィンセントの初対面は、ご多分に漏れず最悪でしたが、転校早々息子オリヴァーが学校で悪ガキに家の鍵を奪われ、ヴィンセントの世話になるところから二人の関係が始まります。シングルマザーのマギーは、仕事の事情からヴィンセントと契約を結び仕事から帰るまでの時間オリヴァーを預けますが、ヴィンセントは教育上問題と思われる大人の世界を社会勉強と言わんばかりにオリヴァーに体験させ、悪ガキからの防衛策も指導。二人は次第に打ち解けあって行きます。

子どもな大人ヴィンセントとしっかり者のオリヴァー。二人の関係がバランス良く、ひ弱だったオリヴァーが感動に導びくキーマンになろうとは・・・、まさかまさかの展開でありました。この作品は、介護やいじめ、親権問題など日本と同じ問題が背景にあり、特にヴィンセントの身の上は、BGMが流れているからこそ普通に観ていられますが、もしBGMがなかったらあまりにもリアル過ぎて、映画の世界から現実に引き戻されてしまいそうです。幸か不幸か、そんな鑑賞者への救いとなるのがダカ(ヴィンセントの愛人)との大人の関係でした。

ビル・マーレイというと私の場合「ゴーストバスターズ」が一番に浮かびます。「ゴーストバスターズ」が上映された1984年はお正月映画の目玉として「ゴジラ」、「グレムリン」、「ゴーストバスターズ」の頭文字を冠し " 3G " と呼ばれていました。ネット上では「ゴーストバスターズ」の続編もあるようですが、正式な報道は今のところありません。

監督・脚本・制作:セオドア・メルフィ

キャスト
ヴィンセント(ビル・マーレイ)、マギー(メリッサ・マッカーシー)、ダカ(ナオミ・ワッツ)、オリヴァー(ジェイテン・リーベラー)他

2014年アメリカ映画
上映時間:1時間42分

ヴィンセント2.jpg

新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

最近、ツタヤさんへDVDをレンタルに出掛けましたら受付レジが従来の対面方式からセルフレジへと変わっておりました。ガソリンスタンドがセルフになった時はインパクトありましたが現在では、食品量販店のレジ、映画のチケット発券もセルフになり自動化の波が広がっております。慣れてしまえば、とても便利で頭の体操にもなります。車も自動運転は近い将来ですし、やがては介護もその方向だそうです。このまま行けばSF映画ではありませんが、1億年後人類は脳だけの生き物に進化しているかもしれませんね(笑)


nice!(30)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る