So-net無料ブログ作成

「2017 年間月別ランキングPart3」

鑑賞した2017年映画の月別ランキングも後半に入ります。おさらいのPart3です。


2017年7月鑑賞作品(いずれも鑑賞順)
「パイレーツ オブ カリビアン~最後の海賊~(字幕スーパー版)」、「忍びの国」、「美女と野獣(字幕スーパー版)」、「ちょっと今から仕事辞めてくる」、「LIFE(字幕スーパー版)」、「パワーレンジャー(日本語吹き替え版)」、「メアリと魔女の花」、「銀魂」、「カーズ~クロスロード(日本語吹き替え版)」、「怪盗グルーとミニオン大脱走(日本語吹き替え版)」、「ザ・マミー(字幕スーパー版)」、「東京喰種」の12作品です。


ベスト3は、以下の通りです「美女と野獣(字幕スーパー版)」は、2回目鑑賞のため選外


1位「LIFE(字幕スーパー版)」
この手の作品は、とかくB級映画と勘違いされがちでありますけど、低予算では出演してくれない有名俳優を揃え、日本からも真田 広之さんがISS(国際宇宙ステーション)のクルーとして活躍されています。映画は色々な目的で鑑賞に出掛けられることと思いますが、SFファンにとって一番の興味は、クリーチャーの造形です。成長と共に生存本能で凶暴化するクリーチャーとクルーの攻防戦が描かれておりますが、是非是非続編を・・・。


2位「カーズ~クロスロード(日本語吹き替え版)」
この作品は「ローガン」の哀愁が消え去らぬうちの鑑賞であったこともあり、黄昏れる作品でした。時代の移り変わりとヒーロー自身の限界、ふと立ち止まって自分の進む方向を考える。奥田 民生さんのエンディングテーマ曲「エンジン」もハマった大人作品でした。


3位「パイレーツ オブ カリビアン~最後の海賊~(字幕スーパー版)」
ジョニー・デップの看板映画。そろそろネタも尽きた感が否めなかった人気シリーズですが、公開されれば観に行っちゃいます(笑)夏のイメージとお馴染みのテーマ曲、ジャック・スパローの活躍は、今や風物詩です(笑)


2017年8月鑑賞作品(いずれも鑑賞順)
「トランスフォーマー~最後の騎士王~(字幕スーパー版)」、「君の膵臓をたべたい」、「スパイダーマン~ホームカミング~(字幕スーパー版)」、「ジョジョの奇妙な冒険 第一章」、「打ち上げ花火 横から見るか?下から見るか?」、「ワンダーウーマン(字幕スーパー版)」、「関ケ原」の7作品です。


ベスト3は、以下の通りです


1位「ワンダーウーマン(字幕スーパー版)」
「バットマンVSスーパーマン」で隠れキャラとして初登場した " ワンダーウーマン " 主演の本作。スーパーヒーローたちが、同じ世界観の中で連合軍として活躍するドラマは、マーベルからDCへと飛び火し、関連作品から目が離せないという流れは、最終的にはマーベル、DCの合流もあったりなんかして・・・それはないか(笑)


2位「スパイダーマン~ホームカミング~(字幕スーパー版)」
歴代スパイダーマンの中で一番明るいキャラ(ちょっとうざいくらい)笑。しかし、大きな違いはアベンジャーズへの参戦です。アイアンマンが、サブキャラで登場するという贅沢感が味わえます。


3位「トランスフォーマー~最後の騎士王~(字幕スーパー版)」
こちらもヒーローたちが、肩身の狭い思いで日々を過ごしているという、苦悩の心理描写が印象に残ります。ヒーローは、常に強い、単に正義の味方だけでは、通用しなくなりました。なぜなら鑑賞者も成長しているからです(笑)


PS. 8月は話題の作品や大作映画が目白押しでした。その中でも「君の膵臓をたべたい」の主役を演じた浜辺 美波さんは、作品を象徴するかのような存在感に惹かれました。アニメ版も公開されるそうですのでこちらも楽しみにしています(笑)


2017年9月鑑賞作品(いずれも鑑賞順)
「機動戦士ガンダムORIGIN Ⅴ~激突ルウム会戦」、「海底47m」、「新感染~ファイナルエクスプレス~」、「ダンケルク(字幕スーパー版)」、「三度目の殺人」、「エイリアン~コヴェナント~(字幕スーパー版)」、「ファウンダーズ~ハンバーガー帝国~(字幕スーパー版)」、「ベイビー・ドライバー(字幕スーパー版)」、「スイス・アーミーマン(字幕スーパー版)」、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」、「亜人」の11作品です。


ベスト3は、以下の通りです


1位「ダンケルク(字幕スーパー版)」
作品を表現する上で企画当初からIMAXのフォーマットで制作されているだけあって、その音響と映像の迫力に圧倒されました。IMAXデビューの記念作品となりましたが、これは劇場で体感する以外術はありません。目の前で戦争が起きているかのような錯覚は、昔のCM「森永エールチョコレート」の歌詞「大きいことはいいことだ!」を連想するほどスクリーンの大きさに魅力を感じました。


2位「新感染~ファイナルエクスプレス~(字幕スーパー版)」
ゾンビ映画の韓国版です。昔テレビで観たゾンビは、風車から発する音が原因で墓場から死者が蘇ったと記憶していて、動きものんびりでした。しかし、今の時代はスピードが命なのでゾンビの動きも早く、しかも謎のウイルス感染が原因と説得力もあります。その中に涙を少々加えたのが韓国式。ゾンビ映画だって進化しているんですね(笑)


3位「ファウンダーズ~ハンバーガー帝国~(字幕スーパー版)」
マクドナルドが世界的なチェーン店になった理由を暴露した作品。暴露というのは、アンフェアな合法的乗っ取りという意味も含まれるのですが、 " 先んずれは人を制す " を体現して見せたアメリカらしい作品でした。


ここまでのお付き合いありがとうございました(笑)



nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 22

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る