So-net無料ブログ作成

「ザ・マミー(字幕スーパー版)」& 「トランスフォーマー/最後の騎士王(字幕スーパー版)」

7月は、これまでコツコツと積み上げてきた4年間という時間を一気に失う事件があって、しばらく落ち込んでおりましたが、バイオリニストの川井 郁子さんが、平塚でコンサートを開催してくださることを知って元気になりました。コンサート後のCDサイン会も期待しております(笑)


川井郁子コンサート.jpg


トム・クルーズ主演のダークユニバースプロジェクト第一弾「ザ・マミー(字幕スーパー版)」は、クラシックモンスターを現代の豪華俳優と最新の音響、映像を駆使して復活した新シリーズです。古代エジプトの時代、権力への執着によって邪悪な存在となったアマネット(次期女王候補)は、魔術の儀式途中に捕らえられ、生きたままミイラにされて地下深く封印されてしまいます。5000年後に中東で起こる戦場で偶然アマネットの墓所が発見され、米軍関係者のニック(トム・クルーズ)がアマネットの棺を運び出すことで起こる悪夢が描かれています。


現在、ハリウッドの潮流となっている作品のコラボワールドは、「アベンジャーズ」でビッグバンのごとく始まり、膨張を続けています。これまで個人商店だったヒーローたちが、結集しデパート化する流れです。しかも、単に合流するだけではなくそれぞれのヒーローたちのドラマも独立して描かれていて、その世界観も同じでありながら並行してヒーローたちの事情も変わって行くという壮大な構想は、映画の新しい形として歴史に残るでしょうし、本作も御多分に洩れずです。「アベンジャーズ」上映のキャッチコピー「ハリウッドの逆襲が始まる」が、こんなにも波紋を広げるとは思いませんでした。


ザ・マミー1-1.jpg


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


「トランスフォーマー/最後の騎士王(字幕スーパー版)」は本作で5作目、10周年記念作品です。2007年当時、惑星サイバトロンからやって来たオートボットは、日本発祥のキャラがベースというのも初めて知ったのですが、第1作目から10年って、時間の経過の速さに驚いてしまいます。この間初代の主役サム(シャイア・ラブーフ)からケイド(マーク・ウォールバーグ)へとバトンが渡された主役交代や宿敵ディセプティコンとの闘いが続く中、オートボットの孤立など人類との関係も変化して参りました。


本作では、いよいよオートボットのリーダー、オプティマスプライムが自身の創造主とご対面!そして人類の組織TRFからマークされ、身を潜めるオートボットをかくまうケイドの現在など様変わりした様相を呈しています。


オプティマスプライムが、なぜかサイバトロンごと地球にやって来て仲間のバンブルビーと対決するなど考えられない展開や地球の歴史上でオートボットがアーサー王と関係していたことの案内役エドムンド・バートン(イギリスの重鎮アンソニー・ホプキンス)がキーマンとなりケイドを導くなど豪勢なドラマ仕立てです。


トランスフォーマー然り、パワーレンジャー、ゴジラと日本のお株を次々にハリウッドに持って行かれてしまいましたが、ハリウッドにはビジョンがあります。サブカルの宝庫に甘んじているだけではなく、日本の課題として、色々な面でハリウッドに追いついて欲しいと思います。無責任な提案ですが、日本の映画会社が垣根を横断、協力して、日本だからこそ作れる世界を巻き込むスーパームービーのプロジェクトはいかがでしょう(笑)


トランスフォーマー~最後の騎士王~.jpg


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


作品データ


「ザ・マミー(字幕スーパー版)」

監督:アレックス・カーツマン
脚本:デヴィッド・コープ、クリストファー・マッカリー、ディラン・カスマン


キャスト
ニック・モートン(トム・クルーズ)、ヘンリー・ジキル(ラッセル・クロウ)、ジェニー・ハルジー(アナベル・ウォーリス)、アマネット(ソフィア・ブテラ)、クリス・ヴェイル(ジェイク・ジョンソン)他


2017年アメリカ映画
上映時間:1時間50分


「トランスフォーマー/最後の騎士王(字幕スーパー版)」

監督:マイケル・ベイ
脚本:アート・マーカム、マット・ハロウェイ、ケン・ノーラン


キャスト
ケイド・イェーガー(マーク・ウォールバーグ)、エドムンド・バートン(アンソニー・ホプキンス)、ウィリアム・レノックス(ジョシュ・デュアメル)、ヴィヴィアン(ローラ・ハドック)、サントス(サンティアゴ・カブレーラ)他


2017年アメリカ映画
上映時間:2時間29分

nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 27

コメント 2

笠原嘉

黒澤明監督の作品は印象に残ります。映画には疎いのですが、
トップガンとかエアーフォースワン、地獄の黙示録などが
印象に残っています。あと、タワーリングインフェルノとか。
何か観てしばらくは脳をよぎって、あと何も残らない作品が
多いような気がします。
by 笠原嘉 (2017-08-11 06:29) 

einstein

笠原さま、コメントをありがとうございます。
お写真を拝見させていただきましたが、モノトーン主体の被写体が見る者に語り掛けてくるように感じられました。素敵な作品をありがとうございます。映画の見方、感じ方は10人十色で正解がありません。笠原さまほどの感性があれば、映像の構図、パンフォーカスにパースペクティブ、光の活かし方といった観点から鑑賞された場合、どのような感想をお聴かせいただけるのかとても興味深く思っております。
by einstein (2017-09-22 04:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る