So-net無料ブログ作成

「東京喰種(トーキョーグール)」

劇場にちびっ子の姿が多いと思ったら、今夏休みなんですね。夏は映画も大作が控えていますので、映画ファンにとってもうれしい季節です。


東京喰種1-1.jpg


「東京喰種(トーキョーグール)」は、タイトルに表されるように東京を舞台に繰り広げられる喰種(グール)と人間の生存を賭けたドラマです。見た目はヒトの姿でありながら、人を捕食する喰種(グール)という種族、どこから現れたのかは不明です。人間社会に紛れて生きる彼らも一匹狼から組織的に助け合うものまで様々です。牛や豚などの家畜を食べることが出来れば、人間の組織CCG(喰種対策局)に追われなくても済むのでしょうが、水とコーヒー以外は人間しか食べられないところが、大きな問題です。



主人公の金木は、喰種(グール)に襲われた際の事故により喰種の臓器を移植されたために、半喰種(ヒトとグールのハイブリッド)になってしまいます。心は人間ですが体は喰種なので、ヒトを食さなければ生きて行けない運命を背負い葛藤します。しかし、幸いなことに彼を救ってくれたのは喰種でした。ヒトとグールの両方の理解者である金木が、共存の道を模索して行くのか今後の展開が気になります。



劇場版「東京喰種」は、テレビ放送のアニメ第一シーズン途中までの映像化で、終わり方としてはちょっと納得が行きませんでした。この結び方では、続編の必要性も出て参りますが、金木との関係性からして重要な喰種 董香を演じた清水 富美加さんを再び起用するのか、代役を立てるのかなど気がかりな点もありますし、面倒くさいからこのまま終了~なんてこともありえます(どうなるんでしょう?)。



鑑賞して思ったのですけど、金木が半喰種になったのは人間の医師が独断で喰種の臓器を移植したことが原因なので明らかに人災です。なので金木が人間と喰種の共存を訴える裁判を起こしたら最高裁はどう判決を下すのでしょうか、それとも金木は喰種だから裁判の資格なしですかね(笑)


監督:萩原 健太郎
脚本:楠野 一郎


キャスト
金木 研(窪田 正孝)、霧島 董香(清水 富美加)、亜門 鋼太朗(鈴木 伸之)、笛口 雛実(桜田 ひより)、笛口 リョーコ(相田 翔子)、神代 利世(蒼井 優)、真戸 呉緒(大泉 洋)、芳村(村井 國夫)、永近 英良(小笠原 海)他


2017年日本映画
上映時間:1時間59分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


映画とはぜんぜん関係のないお話です。テレビ東京で放送された「日本が誇るアイディア100円グッズを海外へ」という番組を観ていたのですが、日本の100円グッズってすごいですね~。イタリアやノルウェー、南国の島でみんなそのアイディアを絶賛していました。私もダイソーは大好きです。

nice!(26)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 26

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る