So-net無料ブログ作成
検索選択

「メッセージ(字幕スーパー版)」

ここ一週間、研修会の準備と運営に追われ映画鑑賞はお休み(休鑑日)しておりました(笑)


メッセージ ムビチケ.jpg


第89回アカデミー賞 音響編集賞受賞作品メッセージ(字幕スーパー版)」の感想です。


宇宙人が地球にやって来た!これは今となっては珍しいお話ではなくなりましたが、いつの時代でもこのテーマはSF映画の華ではないかと思います。宇宙の視野で観れば地球人だって宇宙人です。だからこの広い宇宙には、必ずどこかに人類と心を通わせることの出来る仲間がいるって信じたいんです。でも現在の科学力、知識では火星にようやく有人飛行計画が進行している段階で、今もし地球にお客が来たらやばいという不安も同居しています(笑)



なのでこの作品、何かの植物の種みたいなUFOが地球にやって参りますが、もうそれだけで心の中はお祭り騒ぎです。そして地球とは異なる文明人(エイリアン)との接触で、彼らが何を伝えようとしているのか?選ばれし、言語学者ルイーズのお話であることも本作のポイントでした。



地球にやってくることの出来る科学力=(イコール)地球よりも高度な文明と考えるならば、当然コミニュケーションする能力があるだろうと考えます。言葉が通じそうもない相手に如何にして意思疎通するか。人間同士だって難しいコミニュケーションをどうやって?ここが丁寧に描かれていて、とても興味く印象に残ります。日本に、黒船がやって来た時もやはり当時の日本人にとっては同じ気持ちだったんじゃないか?そんなことも頭を過ぎる訳です(笑)



言語学者ルイーズが、彼らと向き合い意思疎通に奮闘する中で、彼女の回想シーンが差し込まれて来ます。これはルイーズの人物像を明らかにつつ、意思疎通のヒントが隠されているのではないかと最初は思っていたんですが、話が進むうちに回想シーンは過去のようでもあり、未来のようでもあり・・?結局、何を意味しているのかだんだん解らなくなってくるんです。ところがです、やってくれましたよ!



ルイーズの回想シーンのもやもやは、エイリアンのメッセージを理解することで晴れ渡ります!タイトルである彼らの「メッセージ」は最高です!こんなこと言われたら価値観変わるし、何よりも人類の未来に明るい希望が見えてきます。リアルに現れて欲しいエイリアンたちでありました。



昔、私が左官屋さんのアルバイトをしていた時に棟梁がいきなりこう言ったんです。「地球で起きている戦争をなくすには、宇宙人が攻めてこなくちゃだめだよ。」今思えば、なかなか核心をついた言葉だったんだなぁ~なんて・・(笑)



監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚色:エリック・ハイセラー
原作:テッド・チャン「あなたの人生の物語」(ハヤカワ文庫)


キャスト
ルイーズ・バンクス(エイミー・アダムス)、イアン・ドネリー(ジェレミー・レナー)、ウェバー大佐(フォレスト・ウィテカー)、ハルパーン捜査官(マイケル・スタールバーグ)他

2016年アメリカ映画
上映時間:1時間56分


メッセージ .jpg


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


もう終わってしまったのですが、とても気になっていたことがあるんです。再検査で通うようになってしまった病院に貼ってあったポスターなんですけど、これが「ブラック・ジャック」セミナーといって小学生を対象にしたセミナーらしいのですが、どんなセミナーだったんだろう。参加したかったなぁ~。


ブラックジャック.jpg

nice!(29)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 29

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る