So-net無料ブログ作成

「美女と野獣(日本語吹き替え版)」

29日は仕事で川崎に出掛けました。途中、保土ヶ谷バイパスから東名に入る横浜町田のインターで料金所を通過し東京方面を進みましたら、なんと逆走してくる車に遭遇しました。何らかの事情があったのだとは思いますが、こちらは冷や冷やものでした。GW期間中に車で出掛ける予定の皆様、道路事情でも想定外のことは起こりますのでくれぐれもご注意を・・・。


美女と野獣1-1.jpg


ディズニーの名作「美女と野獣」の完全実写化作品が公開されました。アニメ版は1991年作品(日本公開は1992年)ですが、今でも当時の感動(ジ~ンとする余韻)があの時のまま脈打っています。それまでのディズニーのイメージ(アニメ作品)は、あくまでも子供対象でしたが、それを見事に超えた大人も感動する作品の登場でした。映画も大ヒットでアニメ史上初のアカデミー賞作品賞にノミネート、最優秀オリジナル作曲賞を受賞しました。ここからディズニー作品は、新たなステージに入ったと誰もが実感したと思います。



本作は、アニメ版のストーリーに大幅な変更は加えず実写化したようなスタイルなのでアニメ版をよくご存じの方は懐かしく、新たな発見が。初めての鑑賞者も同じ感動を味わっていただきたいと願う訳です。愛というテーマ、人を見た目で判断してはいけないという普遍的要素、勧善懲悪のお約束もそのままで今の時代(CG技術の進化、向上)であればこそ見入ってしまう素晴らしい映像です。「ハリーポッター」シリーズでお馴染みのエマ・ワトソンがヒロインのベルを演じるというのも話題性に留まらずハマリ役であるところがうれしいです。最近まで知らなかったのですが、彼女は国連組織UNウィメンの親善大使として女性の権利についての活動をしているそうでありまして、その一環のスピーチをネットで拝見いたしましたが、堂々たるものでした。その姿は、ベルと重なります。


美女と野獣1-3.jpg


魔女の怒りを買い野獣にされてしまった王子様、ベルと打ち解ける過程でシェークスピアを語る博識ぶりなのに対し、食事の仕方は野獣のままというのは、単にマナーの問題ではないかと誤解を招きかねませんが、そこは口にチャック(笑)時計にされてしまった執事のコグスワースは、人間に戻るとイアン・マッケラン、燭台のルミエールは、ユアン・マクレガーと意外な大物が登場するサプライズも・・・。バラの花びらが全部散るまでに人を愛し、相手からも愛されなければお終いという制限付きの課題。これがないと人ってサボる(もしかして、私だけ?)ことを魔女は見透かしているのですから、怖いですね(笑)


監督:ビル・コンドン
脚本:ステファン・チボスキー&ティム・ライス


キャスト
ベル(エマ・ワトソン)、野獣(ダン・スティーヴンス)、ガストン(ルーク・エヴァンス)、ル・フウ(ジョシュ・ギャッド)、モーリス(ケヴィン・クライン)、アガット/魔女(ハティ・モラハン)、ルミエール(ユアン・マクレガー)、コグスワース(イアン・マッケラン)、ポット夫人(エマ・トンプソン)、チップ(ネイサン・マック)他


2017年アメリカ映画
上映時間:2時間10分


美女と野獣1-2.jpg


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


「美女と野獣」のテーマ曲は、名曲中の名曲で、アニメ版(1992年公開)を観た劇場の帰りは、頭の中でこの曲がずぅ~と流れていました。今回は日本語吹き替え版を鑑賞しましたので、日本語の訳詞でしたが当時のCDに収録されているオリジナル版とは歌詞が異なっています。実写版日本語訳詞も秀逸なので比較してお楽しみください。

美女と野獣サントラ.jpg


「Beauty and the Beast 」

アニメ版訳詞(1992年版)所蔵CDより


遠い昔に 本当にあったお話し
友達とも言えない 思いがけず心を傾けた
ちょっとした違い
そう ちょっとした
二人とも臆病で 心の準備もなく
美女と野獣


同じような
驚きが
昔からのように 太陽が昇るように


遠い昔の話
古い歌のように
ほろ苦く 不思議な あなたを探すことは変わり あなたを知ることも間違い
東から太陽が昇るように確かなこと
遠い昔の話 古い歌のように
美女と野獣の物語


遠い昔の話 古い歌のように
美女と野獣の物語


美女と野獣DVD.jpg


「Beauty and the Beast 」
実写日本語版訳詞(2017年)


季節は今 移りゆき
かじかんだ 心にも
春がくる
少しずつ 歩み寄り
愛は育つ ふたりの心
Beauty and the Beast


めぐり逢い 惹かれあう
その奇跡 いつの世も 変わらない


めぐり逢い 惹かれあう
その奇跡 いつの世も 変わらない oh oh oh
過ちに 気が付けば
明日に続く 長い道 見えてくる


時を超え 語り継がれ
時を超え 愛された Beauty and the Beast


美しく 咲きほこれ Beauty and the Beast

Beauty and・・・

Beauty and the Beast

nice!(36)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 36

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る