So-net無料ブログ作成

「3月のライオン前編・後編」

2部作のイッキ見第一弾完了致しました(イッキと言っても二日間での鑑賞ですからプチイッキ?)。「3月のライオン前編」は、まだ上映中ですから安心ですが「サクラダリセット前編」は、上映が終了していますのでどうなりますか。まあ、どこかの劇場で上映してくれると当人は楽観的です(笑)


3月のライオン ムビチケ.jpg


ネットの評判もよく、会社のアニオタ係長(この人、劇場版観ていないくせにアニメ版については熱かった!)もベタ褒め、早く観たいとは思っていましたが、ここは2部作イッキ見が目的ですからガマン、ガマン。


3月のライオン前編.jpg


と、言うことで「3月のライオン」の感想も前編・後編イッキです。評判の良い作品は、時々裏切られることもあるのですが、この作品は評判通り、2部作通じてスンバラシイ(お世辞抜きで素晴らしい、感動)です!私は将棋が好きなので考えなしに喰いつきますけど、単に将棋のドラマではなく将棋世界に拘わる人々の人間ドラマ(人生)が突き刺さります。何よりも主人公 桐山 零の生い立ちの壮絶さ、交通事故で家族を失い里親になってくれた師匠の家族との軋轢、摩擦は、息を呑みます。身寄りのない零の孤独感、「将棋しかねぇんだよ~」の叫びは観ている方も心の中でリフレイン。



引き取られた家族の中でも居場所がなく、学校でいじめにも遭った零ですが、グレることもなく師匠のおかげで順調に棋士の道を歩みます。いろいろあって師匠の家を出てからも義理の姉(師匠の娘)とのしがらみや酔いつぶれて助けてもらったご縁がきっかけで家族同様の付き合いとなった川本ファミリーとの関係。そして対局する棋士たちとの勝負。このような横の糸(繋がり)は、縦の糸(優しさ、思いやり、愛)と影響し合い、対局の棋譜や勝敗の原因として表現されているところなど深みもあります。人の心の痛みがよくわかり、優しくなれるのは、零自身にいじめや辛い思いがあったから・・・。この経験は、いくら使ってもなくなることのない彼の人生の持ち駒です。



この作品は将棋世界だけではなく、どの職業にも置き換えて見ることが出来ると思います(芸人さんだって俳優さんだって野球選手だってetc・・・)。なので痛いくらいに胸を打つんです。



演じた俳優さんに触れますが、零を演じた神木 隆之介さん、師匠の豊川 悦司さんの共演は私の中では「妖怪大戦争(2005年)」以来でしょうか。この時は敵対関係の役柄でしたが、神木さんはあれから一回り年齢を重ね少年ではなくなりましたが、豊川 悦司さんの見た目は当時と変わらないですね。見た目でビックリしたのは、零のライバルであり親友の二階堂くんを演じた染谷 将太さんです。エンドクレジットを見るまでご本人とは気が付きませんでしたよ。また、元に戻るんですよね?(痩せ方の本出せますよ!笑)



女優さんではやはり、師匠の娘役を演じた有村 架純さんは外せませんね。こういう演技も観たかったんですよ。あと川本ファミリーの次女を演じた清原 果耶さん。なんか楽しみな女優さんですね。



まとめさせていただきますが、タイトルは何で「3月のライオン」なのでしょうか?どうしても分からないんです。


3月のライオン後編.jpg


監督・脚本:大友 啓史
脚本:岩下 悠子、渡部 亮平
原作:羽海野 チカ「3月のライオン」


キャスト
桐山 零(神木 隆之介)、幸田 香子(有村 架純)、川本 あかり(倉科 カナ)、二階堂 晴信(染谷 将太)、川本 ひなた(清原 果耶)、島田 開(佐々木 蔵之助)、宗谷 冬司(加瀬 亮)、後藤 正宗(伊藤 英明)他


2017年日本映画
上映時間(前編)2時間19分、(後編)2時間20分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


作品のテーマ曲が劇場予告で流れている時点で引っ掛かりまして、こちらは鑑賞を待たずしてCDを買いました。作品は緊張感が続くエンディングでしたけど、その緊張感を和らげるような楽曲です。タイトルは「春の歌」(藤原 さくら)ですので零の心の雪解けが表現されているようでとてもあっていると思いました。


3月のライオンテーマ曲.jpg

nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 22

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る