So-net無料ブログ作成
検索選択

「湯を沸かすほどの熱い愛」

WBC準決勝戦がリアルタイムで観戦出来ないので録画予約をしておりましたら、現在清涼飲料水の自販機が売り上げ戦争をしているというニュースが引っ掛かり観ておりました。何でもキリンビバレッジとダイドーがお互いの自販機に主力商品を並べる相互戦略で売り上げを伸ばしているそうです。自販機数 国内98万台のシェアでトップに立つコカ・コーラに追いつけ追い越せのステルス戦争に熱量を感じました(こんなところでも熱い戦いが!)。
 
湯を沸かすほどの熱い愛.jpg 
 
「湯を沸かすほどの熱い愛」は、昨年観たいと思っていた作品だったのですが、タイミングを逸してしまい「レンタルしかないなぁ~」なんて諦めておりましたら、日本アカデミー賞受賞効果でしょうか?復活上映されているではありませんか!ツイッターでイモト アヤコさんも絶賛されていたこともあり、これはもう、いの一番で劇場へGO ! (上映劇場に感謝!)
 
 作品の受賞内容を再度調べてみて納得したのですが、主演女優賞を獲得した宮沢 りえさんや最優秀助演女優賞、新人俳優賞受賞の杉咲 花ちゃん、そして受賞はなかったけど子役の伊東 蒼ちゃんの演技に、あえなく撃沈!(まさかの涙・・・。)
  
ひょいと家を出たきり帰って来ない亭主、余命2ヶ月を告げられ焦る奥さん、複雑な事情を抱える子供たち。ここから始まる家族の奮闘記は、切ないけれど応援せずにはいられない物語。限られた時間の中でやるべきことの優先順位を実行し、甲斐性のないろくでなし亭主も生まれ変わり、スイッチが入ったみたいに急成長する娘たち・・・。
 
 母親の愛に導かれ、曖昧だった家族の絆が深まって行く過程には説得力、力強さがあります。様々な感情を刺激され、結果としては再上映されるに相応しい作品だと思いました。
 
この作品のクライマックスって、まさか!なことを想像してしまうのですが、これは伏せておきたいと思います。
 
宮沢 りえさんが演じた双葉が示してくれたことを表現する上手い言葉が、永 六輔さんの著書「大往生」の中にありました。
「死に方ってのは、生き方です」
 
監督・脚本:中野 量太
 
キャスト
幸野 双葉(宮沢 りえ)、幸野 安澄(杉咲 花)、幸野 一浩(オダギリジョー)、向井 拓海(松坂 桃李)、片瀬 鮎子(伊東 蒼)、酒巻 君江(篠原 ゆき子)他
 
2016年日本映画
上映時間:2時間5分
 
湯を沸かすほどの熱い愛 裏.jpg 
 
新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧
 
今年も前・後編2部作の大作が上映予定に名を連ね、その一本である「3月のライオン」が始まりました。その2部作を一気(一日で)に鑑賞することが出来たのが昨年上映の「ちはやふる」でした。「3月のライオン」もやはり一気で鑑賞したいと思っているのですが、どうなんでしょう?これは劇場に期待するしかありませんね。

nice!(33)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 33

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る