So-net無料ブログ作成
検索選択

「チア☆ダン」

WBC (ワールド・ベースボール・クラシック) が始まりました。大谷大明神が、怪我で代表を外れてニッポンチームは大丈夫なのか?その心配を余所に、さすが代表メンバー!投打のバランスもよく、4番の筒香選手、5番の中田選手がここぞの場面でいい仕事をしてくれてここまでは、大満足です。オーストラリア戦のヒーローインタビューで中田選手と筒香選手の掛け合いはお茶目で良かったです(笑) 今日から始まる2次リーグはオランダ戦です、ガンバレ!ニッポン!
 
チアダン1-1.jpg 
 
今回は「チア☆ダン」の感想です。 ” 女子高生が全米制覇しちゃったホントの話 ” まず、このキャッチコピーに惹かれました。チアリーダーといったらそのイメージはアメリカなんですが、その御本家で優勝ってすごいじゃないですか!福井県立福井中央高校 バトン部がチアダンス部に改めらたことにより先輩部員は全員自主退部、残った1年生ばかりの素人集団が、全米で優勝するまでの3年間のプロセスが描かれた本作は、元気と感動がもらえる満足度の高いサクセス青春ドラマです。
 
素人集団が全米を目指すきっかけとなったのは、彼女たちのちょっとしたアクションが原因なのですが、アクションを起こさせる影響を与えたのが鬼の異名をとる部活顧問 早乙女先生(天海 祐希)です。鬼顧問とチアリーダー未経験の女子高生の間に、気持ちの温度差があって摩擦が生じるのはあたりまえ、それ以前に部員どうしの摩擦も生じ、前途多難なスタートです。
 
しかし、チアダンス部がバトン部に戻される危機的な状況と鬼顧問の志を知った部員たちが、自主的なモチベーションで目標を掲げ、夢である全国大会、そして全米大会出場に向けて歯車が次第にかみ合って行く様は感動的です。早乙女顧問曰く「そこに立った者にしか見えない景色をみて来なさい!」 それがいつか何らかの形で役に立つみたいなニュアンスのことを言われるのですが、これは共感いたしました。
 
この作品の骨格は、日本アカデミー賞第30回 作品賞受賞の「フラガール」に似たスタイルですが、とても解りやすく、人間ドラマに集中出来るので好感が持てます。エンディングに流れる実在のチーム " 福井高校 JETS " のその後のテロップはハリウッドスタイルでいいですね!余談ですが、チーム " JETS " でもチームのセンターを務めることでのひと悶着エピソードがありましたが、「フラガール」の元となった常磐ハワイアンセンターのフラダンスショーのセンターダンサーは年収が1,000万とある筋の方から聴いた覚えがあります。こちらも夢があっていいですね(笑)下世話な余談ですみません。
 
夢についてですが、私もこれまで自分の夢を二つ実現しましたが、残りの夢は最難関です。そんな夢実現の自分なりの心得を詠みました。
「実現は 意思と 準備と 思い切り(行動) 
 あとは運まかせ(笑)
 
監督:河合 勇人
脚本:林 民夫
 
キャスト
友永 ゆかり(広瀬 すず)、玉置 彩乃(中条 あやみ)、紀藤 唯(山﨑 紘菜)、東 多恵子(富田 望生)、永井 あゆみ(福原 遥)、山下 孝介(真 剣佑)、村上 麗華(柳 ゆり菜)、矢代 浩(健太郎)、早乙女 薫子(天海 祐希)他
 
2017年日本映画
上映時間:2時間1分
 
チアダン1-2.jpg 
 
新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧 
 
先週日曜日は、知人の紹介で日本風景写真協会の写真展の鑑賞に出掛けました。展示会の写真は他でもない風景なのですが、楽しい2時間でした。何が楽しいって作品を鑑賞することの楽しみは勿論、作品を撮影した機材をスマホで調べながら仕上がりや画質を比較することです。中でもSONY製の機材で撮影した作品はこれまで観たことがなかったので、とても参考になりました。作品で目を惹いたのは、北海道で撮影された「バブルアイス」です。こんなの初めて見ました。作品は撮影禁止なので興味のある方は、「バブルアイス」のキーワードでググってご確認ください。
 
彩時記_edited-2.jpg

nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る