So-net無料ブログ作成

「スノーデン(字幕スーパー版)」& Lupin the Ⅲed「血煙の石川五エ門」

近所の家電量販店へ買い物に行きましたらお店のレイアウトが変わっておりましたので一通り見て回りましたら4K対応テレビで足が止まりました。各メーカーの製品がずらり並ぶ中、目を引いたのはLGの有機ELテレビで、製品のことは新聞記事で知っていたのですが実物を見るのは初めてです。映像は言うまでもなく鮮やかでしたが驚いたのはその薄さです。裏側を覗いてみてビックリ!なんじゃこれ?画面が板ガラス一枚の薄さに衝撃を受けました(まだブラウン管テレビが現役なもので・・・笑)。
 
今回は2作品の感想です。
 
スノーデン ムビ.jpg 
 
最初は「スノーデン(字幕スーパー版)」の感想です。ラジオ ニッポン放送で何度か紹介されておりましたのであらすじを知ってとても興味深く思いました。米国政府が世界中のメールやSNS、通話を監視していた事実を一人の青年(スノーデン)がメディアを通じ、暴露した問題を取り上げた実話のドラマです。
 
驚きなのは立ち上げていないPCでもアクセスすることが出来てPCに備え付けられているカメラから相手の映像を観ることが出来ることでした。電源を落とせば安全だと思っていたのですが、その考えが崩壊致しました(本当なんですかね?脚色じゃないんですか?まだ信じられないんですけど・・・)。
 
ニッポン放送パーソナリティのカッキーこと垣花アナが気にしていたのは、キャリアも将来も約束されている立場にありながらすべてを捨てて暴露を決意したモチベーションは何なのか?ということでした。その辺を私も注意して鑑賞していたのですが、何ですかね?表向きは自由のためだと大義名分を主張しているかのように見えますが、やはり相手を監視して弱点を見つけ出し、自分を優位な立場に持って行こうとする権力、技術の私物化が許せなかったのではないか?作品を観る限りでは、アメリカの縦社会では、白いものも黒と言ったら黒ですからね。逆らえばキャリアはそこで終わります。そう言い切ってしまうとスノーデンはちっちゃい男だと思われてしまうかもしれませんが、そんなところじゃないでしょうか?その根拠としては情報時代の現在、たまたまアメリカが暴露されてしまいましたけど、どこの国でも似たようなことを公にならないだけでやっていると思うからです。私がスノーデンだったら絶対に暴露なんてしませんよ、それじゃ映画になりませんけどね(笑)
 
スノーデン.jpg 
 
新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧
 
 
 
続きまして劇場版アニメ ルパン三世のスピンオフ作品「血煙の石川 五エ門」です。「次元 大介」のスピンオフ作品もあったようですが、本作と同じ制作陣であったなら見逃したことは失敗でした。なぜって、作品にルパン三世テレビ版 第1シリーズと同じ大人の匂いを感じたからです。
 
私がアニメで刺激を受けた三本柱は「ルパン三世 第1シリーズ」、「宇宙戦艦ヤマト」、「機動戦士ガンダム」です。その一本である「ルパン三世」を初めて見たのが小学生のころ。峰 不二子の大人の色気といい、何でも真っ二つに斬ってしまう石川 五エ門、ルパン三世の良き相棒 次元 大介といった魅力溢れるサブキャラたちとの騒動、エピソードが少年の心を虜にしてくれました。特に原盤が未だ行方不明と言われている第1シリーズ オリジナル音源(BGM、ヴォーカル曲)は、当時としては斬新で時代を先取りした感のある絶品ではないかと思います。
 
本作は若かりしの頃の石川 五エ門の物語で対峙する相手も「ターミネーター」張りの怪物ホークです。ホークは、石川 五エ門が覚醒しなければ倒せない敵キャラで、あるミッションを遂行する目的で日本にやってきました。未熟な石川 五エ門が怪物と対峙するシンプルさに徹していて第1シリーズと同じ世界観のようです。一戦を交える舞台も伊豆というのも渋いですね(近場なのでちょっとイメージしちゃいましたよ~)。
 
テレビ版 第1シリーズで初めて登場した石川 五エ門はすでにルパンと互角に渡り合える剣の達人でしたので本作まで時間を遡ればルパン、次元との付き合いは相当古いことが解りました。それにしましても次元 大介の声を小林 清志さんが当時から現在までずっと変わらずにがんばって演じてくださっていることは、今流に言えば「神って」ます。
 
血煙の石川五エ門.jpg 
 
新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧 
 
作品データ
「スノーデン」
監督:オリバー・ストーン 脚本:キーラン・フィッツジェラルド&オリバー・ストーン 原作:ルーク・ハーディング
 
キャスト
エドワード・スノーデン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)、リンゼイ・ミルズ(シャイリーン・ウッドリー)、ローラ・ポイトラス(メリッサ・レオ)、ハンク・フォレスター(ニコラス・ケイジ)他
 
2016年アメリカ映画 上映時間:2時間15分
 
 
「血煙の石川五エ門」
監督:小池 健 脚本:高橋 悠也 原作:モンキー・パンチ
 
キャスト
ルパン三世(栗田 貫一)、次元 大介(小林 清志)、石川五エ門(浪川 大輔)、峰 不二子(沢城 みゆき)、銭形警部(山寺 宏一)他
 
2017年日本映画
上映時間:53分

nice!(31)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 31

コメント 2

ハマコウ

スノーデンに関する映画をドキュメンタリーでしたか以前見ました。大変な覚悟だったことを知りました。どんな映画なのか楽しみです。
by ハマコウ (2017-02-26 16:06) 

einstein

ハマコウ さま
コメントをありがとうございました。スノーデンのドキュメンタリー見たかったです。
by einstein (2017-03-01 10:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る