So-net無料ブログ作成

「ナイトミュージアム~エジプト王の秘密~(字幕スーパー版)」

3月を締めくくる鑑賞作品はこれ、「ナイトミュージアム~エジプト王の秘密~(字幕スーパー版)」です。この人気シリーズも数えてみれば三作目、夜ともなれば博物館の展示物がお祭り騒ぎを繰り広げるにぎやかさは、お約束!本作はこれまでにない最大の危機が描かれた最終章です。

ナイトミュージアム ムビチケ.jpg

博物館に展示されているお馴染みの仲間たちが、新設のプラネタリウム祝賀パーティーの演出に花を添えます。ところが突如彼らに異変が起こりパーティーはメチャクチャに!なぜあのような事態になったのか?彼ら自身も解りません。原因はどうやら魔法の石版(タブレット)ではないかとつきとめたもののその秘密を知るのは、イギリスの大英博物館にいるアクメンラーの父、エジプト王のマレンカレのみ。ラリー(ベン・スティラー)は息子を伴い仲間たちを大英博物館に搬送し、大暴れ!

夢と冒険のファンタジー作品、今でこそ当たり前のように鑑賞している映像のクオリティーは30年前に上映されていたら間違いなく歴史を変えているレベルです。出演者もエジプト王のマレンカレをベン・キングズレー、テディ・ルーズベルトをロビン・ウィリアムズといった大物俳優が締めてますし、うれしいですね。ロビン・ウィリアムスは昨年他界してしまいましたが本作での活躍を観ますと、今でも信じられません。ベン・スティラーはラリーの他ネアンデルタール人のラーと一人二役を演じていますが、最初は筋骨隆々のラーの姿からベン・スティラーご本人とは気が付きませんでした。

今回「ハッ!」としたのは、大英博物館でのドタバタシーンでラリーとテディが石版奪回で飛び込んだ " M.C.エッシャー " の版画です。 " M.C.エッシャー " はオランダの版画家でとても不思議な世界観が魅力です。何かの雑誌の紹介で一目惚れして以来1980年河出書房新社から出版された書籍を購入しました。この作品とまさか映画で出会えるとは、個人的にはびっくりサプライズでした。この " M.C.エッシャー " の作品は長崎の「ハウステンボス」でも大量にコレクションされていることを知りまして、是非行ってみたくなりました(でも遠~い~なぁ~)。

エッシャーの本.jpg

エッシャー2.jpg

作品に登場したアートです

監督:ショーン・レヴィ
脚本:デヴィッド・ギヨン、マイケル・ハンデルマン

キャスト
ラリー・デリー(ベン・スティラー)、セオドア " テディ " ・ルーズベルト(ロビン・ウィリアムズ)、ジェディダイア(オーウェン・ウィルソン)、オクタヴィウス(スティーヴ・クーガン)、(マレンカレ)ベン・キングズレー他

2014年アメリカ映画
上映時間:1時間38分

新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

作品タイトルである博物館に因み行ってきました、経済アナリスト 森永 卓郎さんの「B宝館」!

オープンを知りながら、なかなか出掛けられなかったモリタクさんの「B宝館」ですが、この度ようやく機会が巡って参りまして、モリタクさんの汗と努力の秘蔵コレクションを拝見して参りました。ご来場者には、もれなくモリタクさんの秘蔵コレクションのお裾分け " ガチャ " メダルがもらえます。

B宝館割引券.jpg

3月8日に圏央道(茅ヶ崎、海老名間)が開通し、出掛けた28日は平塚から埼玉まで圏央道を1時間、インター降りてからB宝館まで1時間、合計2時間でした。当日東名が大和トンネルで渋滞14キロとラジオ放送がありましたのでそちらを利用していたら環八も含めてプラス1時間と予想されます。埼玉が近くなったのです!埼玉の皆様、湘南の海が近くなりましたよ(笑)

B級のおもちゃをコレクションして50年!モリタクさんの夢の結晶である名付けて「B宝館」が2014年10月4日(土)埼玉県所沢市にオープンしました。所狭しと並べられた珠玉のおもちゃたちはひとつひとつに思い入れが感じられるコレクションで、その数は何と10万点!バラエティに富んだおもちゃは、グリコのおまけ、ミニカー、ヒーロー・ヒロイングッズ、フィギュア、携帯ストラップ、根付、ペナント、モックアップ、芸能人サイン入りグッズ、めんこ、キャラグッズ、ドラえもん、ペコちゃん、スヌーピー、スターウォーズetc... まだまだありますが書ききれません、ビックリするくらいのすごい量でした。すべては紹介しきれませんのでまた、別の機会を考えております。

今回は先週のニッポン放送「あなたとハッピー」でモリタクさんが、リスナーからの協力で入手されたという崎陽軒の「ひょうちゃん」にスポットを当てます。

ひょうちゃん2.jpg

写真の右側にある金色の大きい「ひょうちゃん」が、例の・・・?

ひょうちゃん3.jpg

「ひょうちゃん」がこんなに表情豊かでたくさんあったなんて知らなくてよかった(笑)知っていたら集めたくなってしまいますもん。

28日は、残念ながらモリタクさんとはお会い出来ませんでしたがまたいつの日かお会いできる日を楽しみにしています。


nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

メッセージを送る