So-net無料ブログ作成
前の6件 | -

「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち 第三章 純愛篇」

セ・リーグ クライマックスシリーズ第二戦は、DeNAベイスターズが一矢報いることが出来ました。どろんこになっての試合お疲れ様でした。今日の結果は、お天気が気がかりでどうなるかは分かりませんが、試合があるならば全力で戦ってくれたらそれで満足です。出来たら勝ってください(笑)


宇宙戦艦ヤマト第三章.jpg


今回は、以前ここで書いた「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」と同様途中から劇場鑑賞した「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち 第三章 純愛篇」です。こちらは、第一章をレンタルで鑑賞したものの第二章がずぅ~っと貸し出し中で、三週間限定の劇場公開ということもあり、第二章のレンタルはワープしました(笑)


作品は、1978年に劇場公開された「さらば宇宙戦艦ヤマト~愛の戦士たち~」をテレビシリーズ風に拡大し、全七章で描かれるとか・・。そうなるとトータル1クール(26話分)くらいとなりますのでキャラにまつわるエピソードや地球とガミラス同盟の関係や行方、ガトランティスの詳細がよ~く理解出来るというしくみです。このスタイルは、嫌いじゃありません。気長に劇場鑑賞してドラマを咀嚼しながら楽しみたいと思います。


これまでの流れが説明され本編に入るといきなりヤマトがピンチ!第二章がすっぽり抜け落ちてはいるものの、「さらば・・・」の鑑賞がありますのでまあ、そこは良しとして入って行けるところが、往年ファン<自称>の強み(笑) 1978年に公開の劇場版と大きく異なる点は、地球とガミラスが同盟を結んでいて、ヤマト乗員の中にはキーマン中尉というガミラスの軍人も同乗していることです。テレザート星のテレサからのメッセージを受け、ヤマトの元クルーたちが一堂に集まり出航したという想像も働かせながら鑑賞していると土方艦長の救出、合流が結びついて来ますし、森 雪が古代に内緒で乗艦していたことなどは「さらば・・・」鑑賞者ならばニヤリ、しかも古代と森の出会うシーンのBGMも同じでしたよ~(笑)


第三章のタイトルである「純愛篇」は、古代と森の愛が試されるのですが、これを仕掛けるガトランティスの大帝ズォーダーのことも興味深いです。ズォーダーの口から " 愛 " という言葉が出てくることにとても違和感を感じるのですが、ガトランティス人はそもそも " 造られた命 " ということなので地球人と根本的に異なる愛という価値観の溝を埋めることは出来るのか?また、ガミラスの軍人キーマン中尉も何だか、きな臭くて信頼関係を裏切るじゃないか?名前が " キーマン " だけに今後の展開が気になります。


監督:羽原 信義
脚本:岡 秀樹


キャスト
古代 進(小野 大輔)、森 雪(桑島 法子)、島 大介(鈴村 健一)、真田 志郎(大塚 芳忠)、山本 玲(田中 理恵)、佐渡 酒造(千葉 繁)、斎藤 始(東地 宏樹)、土方 竜(石塚 運昇)、クラウス・キーマン(神谷 浩史)、桂木 透子(甲斐田 裕子)、ズォーダー(手塚 秀彰)他


2017年日本映画
上映時間:1時間37分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


宇宙ものの作品は、現在まで何作品作られたのか?調べてみようとは思いませんが、たくさんあることは事実です。その中でもジェームズ・キャメロン監督のアバター続編についてのニュースが、ネットで最近よく流れるようになりました。最初の公開が2020年、オリンピックの年です。楽しみです!

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ドリーム(字幕スーパー版)」

横浜DeNAベイスターズが、クライマックスシリーズに進出?夢のようです。なんだ、かんだ言っても後半底力のあるジャイアンツにやられると思っておりましたので・・・。ここまで来たら優勝!なんて頭に浮かんでしまいますが、そんなに甘くはありませんよね(笑)とにかくガンバレ!


ドリーム.jpg


ブログをお休みしている間も何本か鑑賞しましたが、その中でも「ドリーム(字幕スーパー版)」には、たくさんの元気をもらいました(「映画ってホントにいいですねぇ~」というセリフを私も使ってみたくなりました)。ラジオ ニッポン放送の「金曜ブラボー」で望月 理恵さんが「ラ・ラ・ランド」の20倍良かったと超絶賛していたのを覚えていて、絶対に観たいと思っていました。いや、本当に良かったです!まだ鑑賞していない方には、お薦め作品!特に女性は必見!爽快感は男性以上に味わえますよ(だって頑張る女性たちが主役ですから)。


1960年代(米ソ冷戦の時代)は、まだ人種差別が露骨な風潮で白人優位に黒人が甘んじている社会です。アメリカ航空宇宙局(NASA)においても例外ではありません。黒人専用のトイレは職場から800mも離れているし、頑張っても認めて貰えないし、何よりもどこの部署に行くにも数奇の目で見られます。この環境に知恵と勇気と行動で立ち向い、NASAを支え、変えていった黒人女性たちのドラマは、まるで池井戸 潤さん張りで心が過熱して肉体を沸騰させるんです(ちょっと大袈裟・・笑)


監督:セオドア・メルフィ
脚本:アリソン・シュローダー、セオドア・メルフィ
原作:マーゴット・リー・シェタリー


キャスト
キャサリン・G・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォーン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)、アル・ハリソン(ケヴィン・コスナー)、ヴィヴィアン・ミッチェル(キルスティン・ダンスト)、ポール・スタフォード(ジム・パーソンズ)他


2016年アメリカ映画
上映時間:2時間7分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


作品紹介で池井戸 潤さんを引き合いに出しましたが、いよいよ代表作と言われる「空飛ぶタイヤ」が初の映画化作品として2018年に上映されます。また「半沢 直樹」や「下町ロケット」のような興奮が味わえますね!


空飛ぶタイヤ.jpg



nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

しばらくの間お休みします

いつもこの拙映画ブログにご訪問くださっている皆様、ありがとうございます


そして感謝いたします


昨日、父親の帰郷にお供していた母親が帰郷先で突然倒れ、本日亡くなったとの知らせを受け


急遽、父親の田舎の病院へ出掛けなければならなくなりました


そのような訳でしばらくの間、当ブログをお休み致します


また、いつもと変りなくここに戻って参ります







nice!(25)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「ファウンダー~ハンバーガー帝国のヒミツ~(字幕スーパー版)」

24日録画番組をチェックしようとテレビを点けましたら、偶然「モヤモヤさまぁ~ず2」という番組がやっていて、しかも地元の平塚を紹介していたものですからついつい見入ってしまいました。裏路地の知らなかったお店の紹介や知っているけど入ったことのないお店など行ってみたくなりましたが、放送されたばかりなのでまたしばらくの間は混雑してしまうのでしょうね。


ファウンダー.jpg


ファーストフードチェーン店マクドナルド誕生の実話に基づいた作品「ファウンダー~ハンバーガー帝国のヒミツ~(字幕スーパー版)」は、いかにもアメリカらしい野心に満ちた、裏話の暴露作品です。日本でもお馴染みの " マクドナルド " を、知らない人はいないと思いますが、このメジャー企業がどのようにして巨大帝国を築き上げたのか?冒頭から興味が、尽きないままエンディングまで完食(鑑賞)です(笑)


1954年に創業したマクドナルド。1954年と言えば初代「ゴジラ」が誕生した年であり、ラジオ ニッポン放送が開局した年でもあります。この年にアメリカ中西部でシェイクミキサーのセールスマンをしていたレイ・クロックは、思うように売れないシェイクミキサーに、あるお店から8台のオーダーが入ったことに興味を持ち、そこに出掛けて行きます。そのお店こそディック&マック兄弟が、経営するマクドナルドの前身です。地域で人気のこのお店は、これまでにはない速い、安い、うまい、そして手間を簡素化した効率的かつ合理的なシステムで運用されていました。これに目を付けたレイは、兄弟にフランチャイズ化を提案、契約を結んだレイは、投資家に声を掛けチェーン店を増やして行きます。


昨年日本でも「海賊と呼ばれた男」が上映され出光の創業者(ファウンダー)自伝が描かれておりましたが、マクドナルドの創業者はご本家の商標と権利を狡猾に金で奪い取ったと言うとちょっと乱暴かもしれませんが、ディック&マック兄弟からすればそのように映っていたのだと思います。アップルの創業者スティーブ・ジョブズが、商才を武器に名を馳せたのと同様レイも例外ではなく " 根気と信念 " をモットーにブレインを増やしアメリカンドリームを体現します。成功者にとって資本主義は光、その波に抗えないリアル。弱肉強食の世界です。


最近アメリカのトイザラスが経営破綻したというニュースがありました(トイザラス日本法人は、問題なし)。これはAmazonの台頭に伴う流通の変革がもたらしたもので例え会社が大きくなっても時代が変わればどうなるか分からないことを象徴しています。現在の大情報化時代で世の中の情報に無関心でいることは、自分の人生に無関心でいることと同義語になったように思います。


監督:ジョン・リー・ハンコック
脚本:ロバート・シーゲル


キャスト
レイ・クロック(マイケル・キートン)、ディック・マクドナルド(ニック・オファーマン)、マック・マクドナルド(ジョン・キャロル・リンチ)、エセル・クロック(ローラ・ダーン)、ロリー・スミス(パトリック・ウィルソン)、ジョアン・スミス(リンダ・カーデリーニ)他


2016年アメリカ映画
上映時間:1時間55分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


先週放送のニッポン放送 高嶋 ひでたけのあさラジ「やじうま好奇心」で、2020年から始まる小学生のプログラミング教育を聴いておりました。人工知能が人間を凌駕する2045年問題まであと28年、私も運が良ければ生きているかも知れませんが、そんな時代が近づいています。小学生のプログラミング教室は、最初から専門的なことを学ぶのではなく、慣れ親しむことが目的のようです。これも時代の流れです、自分は関係ないと高をくくっていれば取り残されることは確実です(大変革の時代がやってくる!)。でもプログラミング教育が一般的になれば、パソコンにウィンドウズが登場したように誰もが気軽に扱えるプログラミングソフトが開発されると読んでいます。

nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅴ 激突 ルウム会戦」&「エイリアン コヴェナント」

プロ野球セ・リーグは、広島カープが、優勝しました。これは強かったから仕方がありません、問題はDeNAベイスターズがクライマックスシリーズに残れるかということです。


ガンダム ルウム会戦.jpg


往年のガンダムファンにとっては、注目したい「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅴ 激突 ルウム会戦」は、戦略的な上映手法をとっています。従来ならば「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ」からの拡大上映が妥当だと思われるのですが、本作は5作目です。タイトル通りガンダムの原点であり、赤い彗星と異名をとるシャア・アズナブルの物語としてスタートしたORIGINシリーズの本作は、初代ガンダム(TVシリーズ)の始まりとリンクしています。子供向けでスタートしたTVシリーズ(連邦軍目線)に対し、大人向けのジオン目線で描かれたドラマは当時のファンにとっては懐かしく、シリーズを通じて活躍していた心に残るキャラたちのエピソードが描かれるなど深堀りされたドラマ仕立てになっています。遠い記憶が蘇り、歳を重ねたファンの胸を熱くさせ、コアなファンも魅了する、そんな作品です。


シャアの生い立ちから始まり、なぜシャアが赤い彗星と呼ばれるに至ったのかは次回作で描かれるようです。子供向けの作品でありながら当時のアニメと一線を画していたこの作品の凄いところは、勧善懲悪のドラマではない戦争が描かれていたことでした。ジオン軍の参謀はTVシリーズでは、後半でようやくスポットを浴びましたが、本作では戦争に至る背景から描かれていますので当然その赤裸々な人間模様も見どころになっています。次回作では、作品の人気を支えた立役者 " 赤い彗星 " の活躍に酔いましょう(笑)


エイリアン コベナント.jpg


エイリアン最新シリーズ「エイリアン コヴェナント(字幕スーパー版)」は、再びリドリー・スコット監督がメガホンを取ったサスペンス・ホラー映画です。こちらの作品もやはり原点へのこだわりが感じられるものとなっていますが、前作「プロメテウス」と繋がっていたとは驚きです。まだ未鑑賞の方は、「プロメテウス」の事前鑑賞をお勧めします。


監督がこだわった作品の原点を振り返ってみたいと思います。私が初めて「エイリアン」を劇場で鑑賞した時は、高校生でしたけど本当に衝撃的であの怪物に夢の中で追いかけられた時にはちびりそうでしたよ。それだけエイリアンの造形は、ショッキングでしたしアーティストのH・Rギーガーに惹かれました。ギーガーの作品のモチーフは、" 赤ん坊と骨と生殖器 " です。ですからエイリアンのあの頭は、まさに男性器そのものでこの怪物がリプリーをレイプするかのような刺激的な感覚、人体に寄生し食い破って現れるおぞましさ、傷つければ強烈な酸を放出し宇宙船を溶かす危機感、孤立した宇宙船内で起こる絶望感、人間よりもエイリアンの捕獲を優先する会社とアンドロイドへの憤り、時に緊張を緩和するクラシック音楽など緩急織り交ぜたこれらのDNAがコヴェナントには、引き継がれています。


エイリアンの誕生について監督は、リアルな方向性を選択しましたが、これはこれで後味の悪さが気に入っていますし、次回作ともなれば惨劇!が待っていることは明らかですが、これを制作するのかは、分かりません。個人的には初期のC型宇宙船内で発見された " 腹を食い破られたなぞのエイリアン " の存在は、ロマンがあって好きなんです(お蔵入りにされてしまいましたけど・・・)。それとどうしても分からない謎があります。エイリアンの最も印象的な武器、" 口の中から飛び出す口 " は、どう解釈したらよいのでしょうか?また、眠れなくなっちゃう(笑)


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


作品データ


「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅴ 激突 ルウム会戦」

総監督・漫画原作・キャラクターデザイン:安彦 良和
脚本:隅沢 克之


キャスト
シャア・アズナブル(池田 秀一)、セイラ・マス(藩 めぐみ)、デギン・ソド・ザビ(浦山 迅)、ギレン・ザビ(銀河 万丈)、ドズル・ザビ(三宅 健太)、ガルマ・ザビ(柿原 徹也)、ランバ・ラル(喜山 茂雄)、クラウレ・ハモン(沢城 みゆき)、アムロ・レイ(古谷 徹)、カイ・シデン(古川 登志夫)他


2017年日本映画
上映時間:1時間24分
 

「エイリアン コヴェナント(字幕スーパー版)」

監督:リドリー・スコット
脚本:ジョン・ローガン、ダンテ・ハーバー


キャスト
デヴィッド/ウォルター(マイケル・サスペンダー)、ダニエルズ(キャサリン・ウォーターストン)、オラム(ビリー・クラダップ)、テネシー(ダニー・マクブライド)、ロープ(デミアン・チビル)、カリン(カルメン・イジョゴ)、リックス(ジャシー・スモレット)、アップワース(キャリー・ヘルナンデス)他


2017年アメリカ映画
上映時間:2時間2分

nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「三度目の殺人」

只今台風(18号)接近中。風はなく、静かに雨が降っています。なので大人しく、家でブログ書いてます(笑)


三度目の殺人.jpg


法廷劇が描かれた「三度目の殺人」は、犯人と弁護士が向き合いながら事件の真相・真理に迫るストーリーです。犯人役は、役所 広司さん、弁護士を福山 雅治さん、被害者家族に広瀬 すずさんという顔ぶれは、単なる看板ではなく深い意味が隠されています。なぜ殺人事件が起きてしまったのか?そして犯人をどう弁護するのか?事件の真実は?この疑問を抱きながらの鑑賞は、期待を裏切らない展開と役者さんの熱演に支えられた時間でした。私は今まで意識したことが無かったのですが、これまでの鑑賞を振り返ってみますと結構この系統の作品が好きなのだということが解りました。


拘置所で犯人の三隅と面会を続ける弁護士の重盛。重盛は、前任の弁護士から三隅の供述がころころ変わるため手に負えないと白旗上げて依頼された弁護士です。事件の真相を確かめるために重盛は奔走しますが、事件が次第に紐解かれ面会をする度に三隅は面会情報をもとに裁判を操作しようとしていたのではないかと後になって思う訳です。ではなぜ三隅は、裁判を操作したいと思ったのかが事件の肝になります。


役所 広司さん、福山 雅治さんの掛け合いは、さすがです!見応えあります。裁判の裏で裁判側と弁護側で忖度(笑)が、行われている様子や、犯人の三隅がいよいよという場面で事実を否認する供述をされた時には、こちら(鑑賞者)が迷子になりそうでしたが最後の面会で落ち着きを取り戻しました。


原案・監督・脚本:是枝 裕和


キャスト
重盛 朋章(福山 雅治)、三隅 高司(役所 広司)、山中 咲江(広瀬 すず)、摂津 大輔(吉田 鋼太郎)、山中 美津江(斎藤 由貴)、川島 輝(満島 真之介)、服部 亜紀子(松岡 依都美)、篠原 一葵(市川 実日子)、重盛 彰久(橋爪 功)他


2017年日本映画
上映時間:2時間4分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


私がよく出掛ける一番近いツタヤさんで最近購入したイノセントデイズ(新潮文庫)という早見 和真さんの小説は、帯に印刷されたコピー「読後、あまりの衝撃で3日ほど寝込みました・・・」。に心奪われてしまった(大袈裟とわかっていても・・)のですが、偶然にもこの小説も法廷が絡むものでした。それにしてもこの物語は切ない!小説読んで涙が出てくるとは、思いませんでした(歳だなぁ~)。ツタヤさんでは、お薦めの書籍にはオリジナルのポップで書籍の紹介がされていますけど、読んでいるとみんな読みたくなってしまいます。これ、誰が書いているんだろう?あの店員さんか?この店員さんか?恐らく女性だと思うんですけどあまりじろじろ見たら失礼ですよね(笑)


イノセントデイズ.jpg

nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の6件 | -
メッセージを送る