So-net無料ブログ作成
前の6件 | -

「空飛ぶタイヤ」

2018 ワールドカップ ロシア大会が開幕し、明日19日はいよいよニッポン対コロンビア戦です。20日の朝刊記事には、カラーで大きく(強調)紙面を飾ってくれることを期待しています(笑)


空飛ぶタイヤ.jpg


ワールドカップも熱いけど、この映画も熱く戦う男のドラマ!池井戸 潤さん原作の「空飛ぶタイヤ」です。自社トレーラーの脱輪事故で整備不良を疑われた赤松運送社長 赤松 徳郎(長瀬 智也)は、整備担当者の記録から整備に落ち度はないと判断し、部品調査に携わった製造元のホープ自動車に再調査を依頼するが、梨のつぶて。他で起きた同じトレーラーの事故情報を足掛かりに、独自調査で見えて来た部品の欠陥。経営危機に追い込まれ、苦しい状況の中赤松は整備不良を指摘したホープ自動車に戦いを挑む!


見応えのある作品でした。よく新聞の記事で大手自動車会社が自動車部品のリコールを申請したと見かけますが、これは社会的責任として真摯に対応した大人の企業です(大人とは責任を果たすという意味です)。ドラマに登場するホープ自動車は、リコールに掛かる莫大な利益損失を免れるために部品の欠陥を隠蔽し、中小運送会社の整備不良だと責任転嫁するんです(これは怒るでしょ)。しかも事故で死傷者が出てしまった以上、マスコミにも取り上げられ経営危機の窮地に立たされた赤松が、どう逆転するのか?立場の弱い中小のリアル、巨大組織の闇体質など臨場感増し増しです(笑)


池井戸 潤さん原作のドラマで、個人的に入口となったのは「半沢直樹」ですが、今見直してみても面白いですねぇ~。働く者の目線にあって、仕事に掛ける情熱やマニアックさ、仲間の助けや家族の応援、そして思わぬ展開に大逆転!「半沢直樹」では奥さん(上戸 彩)の活躍がポイント高くて、ほっこりしました(笑)長瀬さんは、「フラジャイル」という医療ドラマの病理医 岸京一郎役がとても印象に残っています。これもハマりました。


作品のテーマ曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」は、サザンが乗りよく仕上げて下さいました。リズムが作品にピッタリで、予告編では鑑賞者も闘いに駆り立てられるよな気持ちになりました(笑)


監督:本木 克秀
脚本:林 民夫
原作:池井戸 潤


キャスト
赤松 徳郎(長瀬 智也)、沢田 悠太(ディーン・フジオカ)、井崎 一亮(高橋 一生)、狩野 威(岸辺 一徳)、小牧 重道(ムロツヨシ)、高幡 真治(寺脇 康文)、赤松 史絵(深田 恭子)、榎本 優子(小池 栄子)、宮代 直吉(笹野 高史)他


2018年日本映画
上映時間:2時間


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


作品に関連した新聞記事がありました。本作「空飛ぶタイヤ」や「万引き家族」のロケ地となった神奈川県綾瀬市で制作者側の感謝の意味で「空飛ぶタイヤ」は、ロケ地に看板が実現。市役所には「万引き家族」の台本や是枝監督のサインが展示されているそうです。

nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「万引き家族」&「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」

関東も梅雨入りして、プロ野球も交流戦真っ最中。14日からは、サッカー「ワールドカップ1次リーグ」が始まります(ニッポン大丈夫かな)? 今回は、家族がテーマの邦画2本です。


万引き家族.jpg


オリジナルの作品に「万引き家族」というタイトルを是枝監督は、つけました。監督は、社会派の監督というイメージが定着していますのでコメディでないことは、解っています。世界からは、恵まれた裕福な国家、貢献する国家として見られている?ニッポンで起きているリアル。国民が悪いのか?政治が悪いのか?答えは難しい、訳あり家族の物語。色々な問題が、凝縮された家族という構成。産みの親より、育ての親といいますけど、万引きは生活する為の暗黙の了解、家族という単位内でのお約束。人には言えない過去や辛い現状に置かれた者どうしの心のセイフティネット、そんな中で彼らなりの理想(家族の)を装っていたのかも知れません。


「社会に一石を投じる!」この言葉を監督は、意識されたかされないか?立場のない弱者への愛も数滴仕込まれているようにも思えます。


ばあちゃんの年金と万引きで生計を立てていること以外は、一見何の変哲もない家族。ある晩、同じ町内の団地で虐待を受けている少女を連れてきてしまったことで、従来の”家族”の営みに異変が生じます。連れてこられた少女は、暖かく迎え入れてくれた”家族”に馴染もうと、万引きも厭いませんが、コンビを組んでいた翔太が駄菓子屋のじいちゃんに呼び止められ、言われた一言で、心境に変化が…。


第71回カンヌ映画祭最高賞「パルムドール賞」を21年ぶりに受賞した本作、どこの国でも抱えている問題として共感が得られたのか?それは解りません。私が是枝監督のことを初めて印象深く心に抱いたのは、「誰も知らない」です。当時子役だった柳楽 優弥さんのデビュー作でもあり、第57回カンヌ映画祭 最優秀男優賞を受賞しています。「誰も知らない」もやはり家族の物語だったのですが、自立出来ていない弱い立場の子どもの問題が絡むという点では、同じ匂い、空気を感じました。


原案・監督・脚本・編集:是枝 裕和


キャスト
治(リリー・フランキー)、信代(安藤 サクラ)、翔太(城桧吏)、初枝(樹木 希林)、亜紀(松岡 茉優)、じゅり(佐々木 みゆ)他


2018年日本映画
上映時間:2時間


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


家に帰ると.jpg


「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」このタイトルもかなりインパクトありますが、客寄せパンダ的なところは良しとして、これが実話というから気になって仕方がありませんでした(世の中にこんな奇特な奥様が存在するなんて…でも、なぜ!?)。


本作はYahoo!知恵袋に投稿された質問が、映画化されたそうです。サラリーマン夫婦の結婚生活について、映画の中で語られる赤裸々な日常。好きどおしでくっついたんだから気楽に過ごせば~っと独身の身分(一個人)からすれば言いたいところですが、旦那は前妻と3年で離婚経験のあるバツイチで夫婦生活にトラウマを抱えているんです。そんな結婚3年目にして奥様が、始めた死んだふり!旦那にとっては不安の火に油を注ぐかのような行為に戸惑っています。会社の後輩に相談したり、奥さんに真相を訪ねたり…。でも奥さんは、こう答えるんです「月が綺麗ですね~」。


旦那を演じた安田 顕さんと奥さん演じた榮倉 奈々さんが、またハマっているんですよ。特に奥さんの榮倉 奈々さん(い~わぁ~)。お話を知っての感想ですけど、この奥さん、なんて心根の優しい人なんだろう!この人だったら絶対幸せにしてあげたいって思わされちゃいましたよ~(笑)


奥さんが答えた「月が綺麗ですね~」ですが、実はこの逸話を私今まで知らなかったんです(勉強になりました:笑)。
では、早速使わせていただきます。皆さん、「月が綺麗ですね~」!


監督:李闘士男
脚本:坪田 文
原作:「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」PHP研究所刊/作:K.Kajunsky


キャスト
ちえ(榮倉 奈々)、旦那(安田 顕)、旦那の後輩(大谷 亮平)、後輩の嫁(野々すみ花)、旦那の上司(浅野 和之)、クリーニング店主(品川 徹)、ちえの父(蛍雪 次朗)他


2018年日本映画
上映時間:1時間55分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「デッドプール2」

6月6日です。映画に登場するキャラの誕生日で唯一出てくるのが「オーメン」のダミアン(6月6日6時)。今日は誕生日だからサプライズは?とおねだりする人が時々おりますが、主張しないで人に誕生日を強烈に印象づけたキャラという意味では、表彰ものですよね(笑)


DP2.jpg


多くのヒーローの中でも「芸人ヒーロー」と言えば、デッドプールが筆頭です。撃たれても刺されても死なない不死身の肉体、しかも高い戦闘能力を併せ持ち、ほおっておくとダークサイドにも落ちかねない危なっかしい存在。これではX-MENも勧誘に走ります(笑) X-MENのメンバーに忽那 汐里さんがユキオ役で登場していますのでこちらもご注目!


ジョーク飛ばしながら敵と戦うって、とても疲れると思うんですが、戦う相手だけでなく鑑賞者の空気も読んでそれをやってのけるから人気者なんでしょう(笑) 興行面でトップを走っていた「コナン」から初登場で1位のバトンを受け取り、ウィキペディアにはネタバレ含めて全部ストーリーを掲載(現在は修正されたみたいです)されて大ヒンシュクをかったなんてネットでも話題になりました。


続編の本作「デッドプール2(字幕スーパー版)」は、特殊能力を持った少年を狙って未来からやってきた最強の敵 ”ケーブル” との闘いが見どころ。この敵、あんまりにも強いんでデッドプールもXフォースなんて適当なチームを結成して対抗しちゃいます(適当な寄せ集めなんで、笑っていいんだか、悪いんだか…何人生き残るんでしょうか?)。少年を狙って未来からやって来た敵ってなんだか「ターミネーター」みたいだけど、パクリも芸の内。憎めませんね(笑) あれはダメ!これもダメ!を平然とやってのけるヒーローは、不死身だからこそ試せる自殺ごっこ?(禁句)こんな心境に彼を追い詰めた出来事も宿命で、あの世とこの世を行ったり来たりと何でもあり!映画の世界は「オアシス」ですから、これからも存分に暴れて欲しいと思いました。


X-MENに勧誘された彼は、「見習い」から始まり、お約束のようにはく奪されてしまうんですけど、最後の不死身のからだを張った行動は、「見習い」から「助手」に昇格かもしれません(笑)


監督:デヴィッド・リーチ
脚本:レット・リース&ポール・ワーニック&ライアン・レイノルズ


キャスト
デッドプール(ライアン・レイノルズ)、ケーブル(ジョシュ・ブローリン)、ヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)、ドーピンダー(カラン・ソーニ)、ユキオ(忽那 汐里)ほか


2018年アメリカ映画
上映時間:2時間
原題「DEADPOOL2」


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

何という「幸運!」


5月最終日です。仕事から帰って来て慣例のようにPC立ち上げて、メールチェックしていたらなんと!

「ワンダー 君は太陽」の試写会に当選しているじゃ、あ~りませんか(やった~!)。

前回イオンシネマさんで当選したことに味を占めて、色々な映画の試写会応募にここぞとばかりに絨毯爆撃です(笑)


すでに何本かは外れているんですけど、今回もまたまたイオンシネマさんです(感謝!カンシャ!)。


ルンルン気分でご招待状をプリントアウトして、試写会日時を確認して…ガク然!


試写会の時間は、ど~しても外せない用事が・・・(そう言えばタイトル以外何も見ないで手あたり次第の応募だったもんなぁ~)。


と、言うことで幸運自慢ではなくて、当選しても鑑賞出来ない悲劇の実話でした…(涙)。


ワンダー.jpg


当選した試写会(鑑賞出来ないんですけど)「ワンダー 君は太陽」は、劇場の予告編を観ただけで泣きそうになった作品です。


遺伝子疾患で、人とは異なる顔で生まれ、10歳までに27回の手術を受けた少年が、初めての入学。


ところが、少年は学童たちにいじめられてしまうんです(残酷な年頃なんですよ)。


予告編のナレーションでは、「やがて少年に奇跡が起こる」で締めくくられています。


この作品のハッピーエンド(想像ですけど)だけは、どうしても観たいんです。


原作は、ベストセラー小説「ワンダー」。実は、この作品 アカデミー賞「メイク・ヘアスタイリング賞」ノミネート作品なんです。


試写会には、行けませんけど「イオンシネマ」さんで鑑賞させていただきます(笑)

nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「犬ヶ島」&「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章 ~煉獄篇~」

バドミントン団体世界一を決める国・地域別対抗戦の女子ユーバー杯バンコク決勝で日本女子が37年ぶりに優勝を飾りました(おめでとうございます)。東京五輪まであと2年、期待していますよ~(笑)


犬ヶ島.jpg


第68回ベルリン国際映画祭(オープニング作品)銀熊賞(監督賞)受賞作品「犬ヶ島(字幕スーパー版)」は、日本を舞台とした少年と犬たちの冒険ドラマ。作品が銀熊賞を受賞したことは、後付けで恐縮ですがウェス・アンダーソン監督が、日本をどのように創造してくれるのか?とても楽しみにしていました。例えば日本の監督が、アメリカ(人も国も)をモチーフにアニメーションを制作したらどう創造するでしょうか? とにもかくにも、日本を取り上げてくれたことは、宣伝(日本の)にもなるし、すごく光栄に感じます(笑)


近未来の日本で”犬インフルエンザ”が大流行し、人間への感染を恐れたメガ崎市の小林市長は、犬たちを、犬ヶ島(ゴミ島)に追放する。追放された犬たちは、野良もペットも拠り所の無い絶望の日々を過ごしている。そんなある日、島に一機の小型飛行機が不時着。乗っていた少年(小林アタリ)は、かつて自分の護衛犬だった”スポッツ”を探しにやって来たのだ。小林少年は、出会った犬のグループ(レックス、キング、ボス、デューク、チーフ:この犬たちセットで欲しい!笑)を従え、愛犬スポッツ探しの旅に出る。


思い浮かぶ限りの日本文化のイメージが、凝縮された世界観はとにかくユニーク!細かいところまでよく作り込まれていて、街並みを目で追っかけているだけでも楽しいです。そして耳に残る和太鼓の音楽にのせて笑わせてくれる愛嬌満点の犬たち!夢の島を彷彿とさせる犬ヶ島の冒険は哀愁があって、危機感もあって、惹き込まれます。個人的には、DVDを購入して何度でも鑑賞したい作品です(笑)


犬の声を当てている俳優さんも豪華メンバーが名を連ねていますが、中でもナツメグと言う雌犬の声をスカーレット・ヨハンソンさんが演じていて、ここは聴き耳を立てておりました(笑) オノ ヨーコさんが、科学者助手オノ ヨーコ役で登場してしているというのも味な演出だと思います。


監督・脚本・ストーリー・制作:ウェス・アンダーソン
原案:ロマン・コッポラ、ジェイソン・シュワルツマン、野村訓市


キャスト
チーフ(ブライアン・クランストン)、小林 アタリ(コーユー・ランキン)、レックス(エドワード・ノートン)、スポッツ(リーブ・シュレイバー)、ボス(ビル・マーレイ)、キング(ボブ・バラバン)、デューク(ジェフ・ゴールドブラム)、ナツメグ(スカーレット・ヨハンソン)、小林市長(野村 訓市)、執刀医(渡辺 謙)、おばさん(夏木 マリ)、ヨーコ・オノ(ヨーコ・オノ)他


2018年アメリカ・ドイツ映画
上映時間:1時間41分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


宇宙戦艦ヤマト第五章.jpg


TVシリーズ作品の劇場編集版「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章~煉獄篇~」は、3~5歳くらいの男の子を鑑賞に連れてこられた親御さんもいらっしゃいましたが、この年頃のお子様にはちょっと難しかったようです(笑) テレサに会いに来たのはヤマトの乗組員だけではなく、ガミラスの総統デスラーも・・・。鉢合わせになったデスラーとヤマト乗組員の間に緊張が走る。一方地球へ進撃するガトランティス艦隊と地球のアンドロメダ艦隊が、木星圏で火花を散らす。母体が木星とほぼ同じ大きさのガトランティス帝星の進行を阻止すべくヤマトは、最後の手段に出るが・・・。



TVシリーズの4話分(15話~18話)を劇場用に編集した本作、ガトランティスやガミラスの人物描写が深堀りされていて、各々が戦う目的、理由が明確!興味深く鑑賞しています。ガトランティス人は、これまでの説明では人として最後の生き残りサーベラーを除き、全員がクローンであり、その行動は機械的で、考え方も地球人とは異なります。その点ガミラスは、地球人に近いことから同盟関係が結べた。「さらば宇宙戦艦ヤマト」をベースに肉付けされた新シリーズは、なかなか考えさせてくれます。


本作で、明かされたデスラーの過去や経緯から今後のデスラーの動きは要チェック。しかし、ガトランティスは相変わらず地球人の愛に揺さぶりをかけて来ます。愛がテーマ故仕方のないこととは、思いますが、ガトランティスの思惑通り、ヤマトがピ~ンチ!そんなガトランティスではありますが、前作あたりから愛に微妙な変化も・・・。こちらも注目したいと思います。


脚本:福井 晴敏、岡 秀樹
原作:西崎 義展


キャスト
古代 進(小野 大輔)、森 雪(桑島 法子)、島 大介(鈴村 健一)、真田 志郎(大塚 芳忠)、テレサ(神田 沙也加)、デスラー(山寺 宏一)、キーマン(神谷 浩史)、ズォーダー(手塚 秀彰)他


2018年日本映画


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「GODZILLA  決戦機動増殖都市」

本日の朝刊一面は、「是枝監督作 カンヌ最高賞」と映画の話題がトップを飾りました。受賞作品は「万引き家族」で邦画21年ぶり(最高賞パルムドール賞は、1997年の今村 昌平監督作「うなぎ」以来の快挙!)。邦画作品が、海外で認めてもらえることは、日本の誇りです。作品は、6月8日の上映。是枝監督おめでとうございます!


増殖都市.jpg


世界的なスーパースター「ゴジラ」の邦画3DCGアニメ作品「GODZILLA  決戦機動増殖都市」は、三部作の第二章です。選ばれし者に託された移民計画が失敗し、再び帰還した地球は2万年の歳月が経過した別世界。調査活動で洗礼(地球を支配する生物の攻撃)を受けながら、現れた「ゴジラ」に対し、論理的なクルーたちの作戦により倒したかに思われたゴジラは亜種であることが判明。大地を揺るがせ登場した本丸「ゴジラ・アース」の圧倒的な破壊力のまえにクルーたちは敗走する(おさらい)。


クルーのリーダー ハルオは、地球に生存していた人類の末裔「フツア」に助けられ、生き残った他のクルーたちと合流。クルーは、フツアが使用する武具がナノメタル(自立思考金属体)で作られていることに着目し、採掘場所を案内してもらう。そこに広がる壮大なプラントは、21世紀末に「対ゴジラ決戦兵器」として開発されながらゴジラに破壊された「メカゴジラ」を構成する物質で出来ており、開発種族ビルサルドの指揮官 ガルグは、勝算に歓喜する。


ゴジラ史上初の3DCGアニメ作品三部作を鑑賞しておりますが、いいですねぇ~。この三部作は独立した形式ではなく、継続型のストーリーとして描かれていますが、設定で移民計画の人員選考に異星人2種族(地球人を除く)が乗船している意味がここでようやく明かされます。横浜DeNAベイスターズのラミレス監督が「リーグ戦は、トータルで考える」と述べられましたが、この作品も三部作トータルで考えると最終章の期待感をマックスに誘う構成です。その代わり、1作品として考えるのか、3作品でひとつと捕らえるのか?個人のランキングで悩みの種ではありますが…(笑)


いちゴジラファンとして「ゴジラ・アース」は、理想形態です。その名の通りゴジラ=地球の化身のような圧倒的存在感!まさに " 破壊神 " 、 " 王者 " です。ゴジラを熟知して、存在について考え尽くされた答えだと思います。今作でゴジラと対峙すると予想されていた「メカゴジラ」が良い意味で意外な " 形 " での登場となりましたが、これがストーリーにリアリティを与えています。「人知を超えた存在には、人知を超えた戦略!を…」これが、もし?と想像するだけで「メカゴジラ」がいかにスゴイ破壊兵器であったことか。まだ、終わっていませんけど、テレビシリーズでやってくれませんかね(笑)


2万年後の地球ではありますが、ゴジラとの決戦の場所は富士山跡地周辺です。富士五湖もなければ、勿論東名高速も走っていない原始世界。この究極な悲壮感の中で人類が選択する生き残りの道も楽しみたいと思います(笑)


監督:静野 孔文、瀬下 寛之
脚本・シリーズ構成:虚淵 玄


キャスト
ハルオ・サカキ(宮野 真守)、ユウコ・タニ(花澤 香菜)、アダム・ビンデバルト(梶 裕貴)、メトフェイス(櫻井 孝宏)、マーティン・ラッザリ(杉田 智和)、ムルエル・ガルグ(諏訪部 順一)、マイナ(上田 麗奈)、ミアナ(小澤 亜李)他


2018年日本映画
上映時間:1時間41分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


「GODZILLA」の最終章(次回作)タイトルは「GODZILLA 星を喰う者」で2018年11月の公開予定です。本作の中でエクシフ人メトフェイスが、ハルオにこっそりと囁くキーワードが、次回に登場する「星を喰う者」だと推測されます。「宇宙には、ゴジラ以上に恐ろしいものが存在する(こんなニュアンスでした)」その言葉を口にすることも憚られる凶ワード。これは控えておきますけど、ビジュアルが楽しみです。

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の6件 | -
メッセージを送る