So-net無料ブログ作成
検索選択
前の6件 | -

「メアリと魔女の花」

巨額費用に曲がり角の五輪。「2020年開催の東京五輪は大丈夫?」そんな不安を感じさせる新聞の見出しが目に留まりました。オリンピック開催に伴う巨額費用が、開催国にとって重い負担となりオリンピック招致に手を挙げる国が少なくなり、継続が困難になりつつあるとの危機感や五輪をテコにした国の経済発展といった戦略が描けなくなったこと、開催都市が投資した金で借金を背負い込んでもIOCは補てんする義務を負わないことなどの問題点が指摘されています。これらの問題の中で印象に残ったのは、バッハ会長の一言です。「エスタブリッシュメント(既得権益層)が一体となって計画を進めるとき、市民は懐疑心を抱く。何か良からぬことをたくらんでいると」。こうなってしまうと五輪が盛り上がるわけがありません。難題の多い五輪ですが、ホスト国としてひとつひとつハードルをクリアしてお手本となるメモリアルな祭典にして欲しいと思います。


メアリと魔女の花.jpg


米林 宏昌監督代表のスタジオ ポノックは、ジブリ解散後その作風を受け継いだ正統なる後継者(エンディングテロップの感謝に高畑 勲、宮崎  駿、鈴木 敏夫の三氏が連名で流れたことから)として船出致しました。ジブリ制作時代の「借りぐらしのアリエッティー」、「思い出のマーニー」に続く「メアリと魔女の花」は、ジブリ丸からポノック丸船長としての記念すべき処女航海作品です。



魔女の花と呼ばれる7年に一度しか咲かない不思議な花「夜間飛行」をめぐり、主人公メアリが魔法界の陰謀に巻き込まれて行く冒険物語です。知らない人にジブリ作品と言っても違和感の感じられないタッチや作風が引き継がれているのは、米林監督の人柄、手腕を信じて集まった製作スタッフのお陰であると同時に演じる役者さんも豪華メンバーが揃っています。お子様連れのファミリー層にとって、安心して鑑賞出来ることは折り紙付きです。



これまで原作ありきの作品を制作してこられた米林監督の今後では、オリジナル作品も期待したいですし、その方向性(監督の舵取り)に注目したいと思います。



監督・脚本:米林 宏昌
原作:メアリー・スチュアート


キャスト
メアリ(杉咲 花)、ピーター(神木 隆之介)、マダム・マンブルチューク(天海 祐希)、ドクター・デイ(小日向 文世)、ゼベディ(遠藤 憲一)、バンクス(渡辺 えり)、赤毛の魔女(満島 ひかり)、フラナガン(佐藤 二朗)、シャーロット(大竹 しのぶ)他


2017年日本映画
上映時間:1時間42分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


アニメに因んだ話題ですが、これから実写上映が予定されている漫画の原作「ジョジョの奇妙な冒険」と「東京喰種(トーキョーグール)」を予習のつもりで触れてみました。ジョジョはコミック第一部(1~5巻)を読了、東京喰種は、TVアニメ版をDVDで4話まで鑑賞したのですが、どちらも面白そうですね。面白そうというのは、ジョジョの場合第一部は、舞台が日本じゃないんですよ。不思議な仮面から得た力が継承された第二部へと続くのですが、第二部も日本じゃないんです。劇場版は日本が舞台のようですが、もうそこは想像力で対応します(笑)


東京喰種は、試し読みから入ってのDVD鑑賞でしたが、内容は一緒でした、楽しみです。


東京喰種.jpg

nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ライフ(字幕スーパー版)」

暑い日が続いています。夏の暑い時期と言えば、涼を誘う怪談話はお馴染みです。テレビでも昔「番町皿屋敷」、「耳なし芳一」なんてよく観ましたけど、ラジオ ニッポン放送の番組「あなたとハッピー」の中でも那須さんの「ぞぞっ!と劇場」が3年ぶりに復活するそうです。気温が30度を超えなければ聴くことが出来ないという条件付きではありますが、それも含めて楽しみにしています。


ライフ.jpg


夏の避暑地と言えば、私の場合は冷房の効いた映画館です。今回の作品ライフ(字幕スーパー版)」は「ゼロ・グラビティ」と「エイリアン」を足して2で割ったようなSFホラー作品です。こちら、SF、ホラーファンは必見です!お見逃しなく(この作品好きですぅ~)!



火星から採取した土の中から人類史上初の地球外生命体が発見され、ISS(国際宇宙ステーション)のラボで飼育されています。クルーの試行錯誤で成長を始めた単細胞生物は、 " カルビン " と命名されますが、次第に人間の手に負えない危険な生命体へと変貌。乗組員6人のクルーたちが一人、また一人と " カルビン " に命を奪われて行きます。



オーソドックスなストーリーと侮ってはいけません。解りやすいからこそナチュラルに入って行ける世界観があり、魅せる映像に徹したこだわりが感じられます。 " 生きる " という本能だけで行動するエイリアンの美しさと凶暴さの親和性。ISSという如何にもあり得そうなステージ設定や国際色豊かな豪華俳優の面々などリアルな整合性も保たれています。殺処分を決定したクルーたちとの壮絶な戦い、緊迫感の果てに控える結末まで目が離せません。



新聞で読んだのですが、本作でシステム・エンジニアとして活躍するショウ・ムラカミ役の真田 広之さんは、ロサンゼルスに拠点を移して12年だそうです(知りませんでした~)。やはり、真田さんのようなベテラン俳優がハリウッドで活躍される姿は、若手俳優さんたちにとっても憧れであり、夢であり希望だと思います。同じ日本人として誇らしいです!これからの活躍に期待したいと思います。


監督:ダニエル・エスピノーサ
脚本:レット・リース&ポール・ワーニック


キャスト
デビッド・ジョーダン(ジェイク・ギレンホール)、ミランダ・ノース(レベッカ・ファーガソン)、ローリー・アダムス(ライアン・レイノルズ)、ショウ・ムラカミ(真田 広之)、ヒュー・デリー(アリヨン・バカレ)、エカテリーナ”キャット”・ゴロフキナ(オルガ・ディホヴィチナヤ)


2017年アメリカ映画
上映時間:1時間44分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


ホラーに因んだお話ですが、現在ユニバーサル・スタジオで進行中の”ダーク・ユニバース”プロジェクト。これはユニバーサル・スタジオの礎を築いたクラシック・モンスター「魔人ドラキュラ」、「フランケンシュタイン」、「ミイラ再生」、「透明人間」、「フランケンシュタインの花嫁」、「狼男」が豪華キャストとスタッフの手で生まれ変わるのだそうです。近日上映を控えている「ザ・マミー」が第一弾!「ゴジラ」といい、「クラシック・モンスター」といい、ファンにとっては堪りません。これらすべては映像技術の進歩のお陰です(笑)


ダークプロジェクト.jpg

nice!(26)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊(字幕スーパー版)」

7日の新聞記事で映画館ではなく、ネットフリックス(インターネット配信)限定で公開されている韓国のポン・ジュノ監督作品「オクジャ」が、カンヌ映画祭から「ネット配信の作品は映画ではない」という声明を受け、是枝監督とポン・ジュノ監督の対談が掲載されていました。メジャー会社とインディペンデント(非大手)の映画製作は作り手にとって、メジャーは制約が多いのに対し、後者は自由で権限も与えられると交わされています。そうした中で、インターネット配信限定公開という方法が、映画とは認められないという声明については作品を否定しているのではなく、評価対象にはならないということだと思います。韓国では劇場公開されているものの世界的には、ネット配信というこの微妙な公開方法について指針が示されたことは、作り手にとっては重要なことですし、今後の検討課題です。鑑賞者としては、監督の完全采配で制作された作品という意味では、制約という足かせが外された映像やドラマはむしろ制作者のトゥルームービーであって、とても興味深いものがあります。


パイレーツオブカリビアン最後の海賊1-2.jpg


夏の定番作品でお馴染み「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊(字幕スーパー版)」は、今作で5作目です。前作「生命の泉」で終了と思っていたのですが、ご本家ディズニーランドにもアトラクションがありますし、簡単には手放せないドル箱なのでしょう。「ワイルドスピード」シリーズが手を変え、品を替えの手法で作品がどんどん成長して集客が見込める超大作になったことに着目したのでしょうか?本作もその乗りと勢いを感じました。



「パイレーツ・オブ・カリビアン」は、隠された謎、冒険とロマン、アクション、新たな敵という鉄板要素を土台にした海賊ジャック・スパローの映画です。それだけのキー・ワードを予備知識として持っていればほぼ満点、仮に予備知識が無くても楽しめてしまうところが最大の魅力です。より深く楽しみたいと思うのであれば最初から前作までをDVDでおさらいすればパーフェクトです(笑)



お馴染みのテーマ曲は何度聴いても飽きませんし、記憶がよみがえります。映像も音響もパワーアップして帰って来た感は十分、本作こそ4DXやIMAX、新登場のSCREEN X、最新音響ドルビーアトモス再生劇場で楽しみたいです。


海賊と言えば日本だって「ワンピース」という人気マンガも健在ですが、どちらも過去に活躍したキャラが、意外な登場、重要な意味合いを内包しているという制作意図が心を熱くさせるんです。



監督:ヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベリ
脚本:ジェフ・ナサンソン


キャスト
ジャック・スパロー(ジョニー・デップ)、サラザール(ハビエル・バルデム)、バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)、ヘンリー・ターナー(ブレントン・スウェイツ)、カリーナ・スミス(カヤ・スコデラリオ)、ギブス(ケヴィン・R・マクナリー)他


2017年アメリカ映画
上映時間:2時間9分


パイレーツオブカリビアン最後の海賊.jpg



新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


「パイレーツ・オブ・カリビアン」と言えばジャック・スパローであるように、もう一人別のジャックが主人公で活躍するドラマがあります。それは「24(トゥエンティフォー)」です。新たな作品「24(レガシー)」のレンタルが始まることを知りました。こちらのシリーズも長いですね~(人気の裏返し)。以前は映画化の噂もチラホラありましたけど、どうなるのでしょうか?

nice!(27)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「デロリアン目撃!」

29日13時ころ、圏央道を八王子から厚木方面に走行しておりましたら


なんと運搬中の「デロリアン」と遭遇しました。


デロリアン右.jpg


映画撮影で使用されたオリジナルなのか、レプリカなのかは不明ですが


何で今頃?


どこかで「バック・トゥー・ザ・フューチャー」に関連したイベントでもあるのでしょうか?


それとも日本を舞台にした続編の撮影?「なっ訳ないか」



いろいろと想像しながらブログを書いていますけど

発見した時は、興奮しました。

街中で芸能人を目撃したかのようなときめき感・・・(笑)
慌ててスマホで撮影したのですが、その時は運転しながらだったので
命がけの撮影でした。皆様くれぐれも無茶は、なさらないように!
デロリアン左.jpg
「デロリアン」を載せた運搬車両は、圏央道から東名高速へ入り静岡方面へと進みました。

nice!(32)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ハクソー・リッジ(字幕スーパー版)」

27日の朝刊1面を飾ったのは、中学生棋士による30年ぶりの公式戦無敗新記録「藤井四段29連勝」でした。藤井四段の連勝記録は、メディアでも盛り上がっていましたが、この強さは本物だったのですね(やっと実感が湧いて参りました)。映画でも昨年から今年にかけて将棋を題材にした作品が注目を集め話題に事欠きませんが、間もなく開催される平塚の「七夕祭り」で藤井四段が竹飾りになることは、間違いなさそうです(笑)


ハクソーリッジ1-1.jpg


第89回アカデミー賞録音賞、編集賞受賞のメル・ギブソン監督作品「ハクソー・リッジ(字幕スーパー版)」は、なんと沖縄戦が描かれた作品でした。タイトルからしても予告編を観てもほとんどの日本人が、知らなかったのではないでしょうか(私もそのひとり、アメリカ領土の時代に沖縄で暮らしていた先輩ですらハクソー・リッジのことは知りませんでした)。予告編で日本兵を登場させなかったのは、ネトウヨを警戒してのことらしいのですが、映画の上映も大変ですね。ましてや沖縄なんて基地移転問題など非常にデリケートな部分もありますから尚のことです。



まっ、それはそれとして「映画」と割り切らせて頂きますが、沖縄戦ともなれば俄然観方も違って参ります。戦後70年を過ぎ、敵国どうしだった日本とアメリカは現在同盟国です。以前アメリカの視点、日本の視点で描かれた「父親たちの星条旗」や「硫黄島からの手紙」など昭和の時代だったら上映出来なかったかもしれない作品が、平成時代になって上映されたことは非常に印象深く思い出されます。



本作は、武器を持つことを拒み、人命を救うことを信条に出兵を志願したひとりの兵士デズモンド・ドスの物語です。彼が武器を持つことを拒否する理由や背景が丁寧に描かれる前半部分は、感動ものでしたが、赴いた戦地が沖縄だったなんてoh! my god(オー!マイ  ガ!) この作品は、実話と謳っていますが、ひとつだけ引っ掛かるんです。ネタバレで申し訳ないのですが、日本兵が白旗あげて(降伏して)地下壕から出てくるのですが、その後の行動は映画の演出だと思います。だって、それをやっちゃあ白旗が意味を成しませんし、テロリストと一緒です。あの時代そんな往生際の悪い日本人はいません(たぶん・・・)。



デズモンド・ドスを演じたアンドリュー・ガーフィールドさんですが、彼は「沈黙-サイレンス-」で日本に布教にやってくる宣教師(正確に言うとちょっと違いますけど割愛)を演じていて、今回は負傷した日本兵も救出するなど日本と関わりのある役柄を演じてくれています。まぁ、偶然かもしれませんが皆さん、覚えましょう(笑)


監督:メル・ギブソン
脚本:ロバート・シェンカン、アンドリュー・ナイト


キャスト
デズモンド・ドス(アンドリュー・ガーフィールド)、グローヴァー大尉(サム・ワーシントン)、スミティ・ライカー(ルーク・ブレイシー)、ドロシー・シュッテ(テリーサ・パーマー)、トム・ドス(ヒューゴ・ウィーヴィング)他


2016年アメリカ映画
上映時間:2時間19分


ハクソーリッジ1-2.jpg


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


「ハクソー・リッジ」の鑑賞で第89回アカデミー賞受賞作品は、一通り完了しました。まだ、外国語映画賞受賞作品「セールスマン」とドキュメンタリー賞受賞作品「O.J: メイド・イン・アメリカ」が残っていますけど、こちら(地方)では上映がなさそうなので覚えていたらレンタルしようと思います。しかし、今回のアカデミー賞受賞作品は、みんな素晴らしかったです!どれが受賞しても納得です。ただ、大ポカやらかしました。それは、作品賞受賞作品「ムーンライト」です。大変評判もよく、絶賛の作品だったと思われるのですが、鑑賞中落ちてしまいました(居眠りZZZZ)。鑑賞する前から4日間寝不足はやばいなぁ~とは、思っていたのですが、その時しか鑑賞出来ない状況だったので気力を振り絞って劇場に出掛けたものの最初と最後の15分くらいしか記憶にありません。なので記事が書けませんでした(反省)

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「夜明け告げるルーのうた」

23日昼、会社の食堂でたまたま食事をしていたらテレビニュースで小林 麻央さんが死去と報道され、私も含め30名くらいの居合わせた社員が「えっ!」とテレビに注目しました。「亡くなったんだ~」(ザワザワザワ・・・)という雰囲気でした。みんな心のどこかで「ガンバレ!」って応援していたのだと思います。余りにも若すぎる訃報は、とてもショックでした。ご冥福をお祈り致します。


夜明け告げるルーのうた.jpg


フランスで開催されたアヌシー国際アニメーション映画祭の授賞式で最高賞に当たるクリスタル賞に「夜明け告げるルーのうた」が輝いたと19日の朝刊記事にありました。しかも次席の審査員賞に「この世界の片隅に」が受賞し、ワンツーフィニッシュです!この映画祭で日本の作品が受賞するのは、高畑 勲監督の「平成狸合戦ぽんぽこ」以来22年ぶり(そうですかぁ~)。実は、アニメの映画祭があったなんて全く知りませんでした。逆に日本には、なぜアニメ映画祭がないのか不思議です。



「夜明け告げるルーのうた」を鑑賞したのが、上映最終日だったため記事を見送った経緯がありますが、この度の受賞により再び注目を集め凱旋上映も始まったようです。湯浅 政明監督と言えば「夜は短し歩けよ乙女」も有名ですが、いずれも個性的でユニークなイメージを持ちました。



本作は、家庭の事情を抱えた中学生カイが人魚のルーと出会うことで始まる成長物語。トークは出来ないけれど日本語が理解出来て音楽とダンスの才能があるルーは、カイの所属するバンド「セイレーン」のコンサートに出場。やがて町の人々に知れ渡り、寂れた漁港の町興しにと大人たちのそろばん勘定が始まります。しかし、町には古くから人魚は、災いをもたらす存在と考える住民もいて、ある事件がきっかけでルーは最大のピンチに・・・。



多様性への溝となった市民感情は、テンションマックス。そして生命融合の不思議世界。音楽のリズムに乗って一斉に躍り出す人々、これはインド映画か(笑)ともあれ仲良く共存出来る社会がいちばん!そんなメッセージも伝わって参ります。


監督:湯浅 政明
脚本:吉田 玲子


キャスト
ルー(谷 花音)、カイ(下田 翔太)、遊歩(寿 美菜子)、国夫(斎藤 壮馬)、ルーのパパ(篠原 信一)他


2017年日本映画
上映時間:1時間52分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


アニメに纏わる話題ですが、ゴジラのアニメバージョン3部作は以前ここにも記しましたが、永井 豪さん原作の「マジンガーZ」がいよいよ劇場版で復活するようです。うれしいですよ、主題歌も当時と同じ水木 一郎さんが担当されているそうですから、ファンにとっては熱いです。思わず、口から歌がこぼれます(笑)「そ~らに 聳える くろがねのしろ~」


「ゴジラ」も「マジンガーZ」もファンクラブに入っていましたけど、会員証が届いた時点で満足してしまい何も活動らしいことはしませんでした。上映が待ち遠しいです!


ゴジラクラブ.jpg

色はゴールドですが、スキャナでトレースしたらアルミ板みたいな写真になってしまいました(笑)


マジンガーズクラブ.jpg

こちらは「マジンガーZ」のファンクラブカードです。番号がキリ番でいいでしょ(笑)

nice!(27)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の6件 | -
メッセージを送る